レバレッジの仕組みとロスカットレートの算出方法について

レバレッジの仕組みとロスカットレートの算出方法について

レバレッジを利用せずFXでトレードを行う場合、莫大な資金が必要になってしまいます。レバレッジは少ない資金で大きな取引をするために必要な仕組みであり、FXには欠かせない要素と言っても過言ではありません。

もし1ドル110円で1万ドルの取引をするなら最低110万円の資金が必要です。しかし、仮にレバレッジ25倍で取引するのであれば、資金は44,000円あれば取引できます。かなり大きな違いではないでしょうか。

このように、レバレッジは少額資金でも投資を可能にする要素ですが、仕組みを理解しづらいのが欠点です。ただし、証拠金や資金に多大な影響を及ぼしますので、ある程度理解してから取引に挑まないと痛い目を見るリスクがあります。

取引の担保となる証拠金

取引の担保となる証拠金

レバレッジを語る上で欠かせないのが証拠金です。証拠金は建玉(ポジション)を維持するために必要な最低資金のことで、必要証拠金とも言われます。口座の評価額が必要証拠金の額を下回ると、ロスカットの水準に達するおそれがあるため、証拠金の管理は非常に重要になるでしょう。

FXで取引をする時、投資家は証券会社へ担保として証拠金を預け入れます。ただし、必要証拠金はレートやレバレッジによって常に変動するため、一律でいくら必要、といった基準がありません。

必要証拠金は買い注文(売り注文)が約定し、ポジションを保有した時点で確定します。為替のレートは常に動いていますが、この値動きは含み損益にのみ影響し、保有ポジションの必要証拠金が変動することはありません。あくまで約定した時点で確定する点に注意しましょう。

レバレッジと証拠金の関係

レバレッジと証拠金は非常に深い関係性があります。先ほど1ドル110円で1万ドルの取引をする際、レバレッジをかけない(1倍)の時には110万円の資金が必要、と例を挙げました。しかし25倍の時は44,000円で済むとも説明していますが、この取引に資金こそが必要証拠金です。

同様の例でいくと、レバレッジ2倍なら必要証拠金は55万円、10倍なら11万円となります。倍率が違うと、必要証拠金も変わることがお分かりではないでしょうか。FXにおけるレバレッジは、必要証拠金の額を左右するファクターにもなっているのです。

レバレッジが変動すると、それに合わせて必要証拠金の額も変動します。約定後はレバレッジ・必要証拠金ともに変動しませんが、口座の資金が必要証拠金を下回らないよう常に注意する必要があります。

損益に違いは出ない

損益に違いは出ない

レバレッジが高いとリスクも高まると言われていますが、倍率が1倍でも25倍でも100倍でも、保有通貨量が同じであれば損益は同じです。例えば1ドル110円が109円になった場合、1万ドルなら1万円の損益が発生します。

しかしレバレッジが低くても高くても、1万円以上の損益は発生しないのです。保有通貨量が同じですから、注文時の必要証拠金のみが変わる点に注意しておきましょう。

倍率が高いほど資金に余裕が出る

すでにお分かりかもしれませんが、レバレッジの倍率が高いほど必要証拠金が少なくて済みます。つまり資金に余裕ができるのです。これは意外な盲点ではないでしょうか?

1ドル110円・1万ドルの取引をすると仮定します。仮に口座資金が110万円だった時、レバレッジをかけないと余裕資金は0円です。逆に10倍で取引すれば必要証拠金は11万円ですから、99万円の資金余力が生まれます。レバレッジ25倍なら、100万円以上も資金に余裕ができるでしょう。

レバレッジが異なっても、レートの変動による含み損益に違いはありません。しかし資金の余裕には大きな違いがあります。資金が限られる時は、高い倍率で取引したほうがリスクも抑えられるでしょう。レバレッジは、このように資金余力にも大きな影響を与えます。

レバレッジから必要証拠金を計算する方法

では、レバレッジから取引に必要な証拠金の額を計算してみましょう。ここでも1ドル110円で1万ドルの取引を例に挙げます。

必要証拠金の計算式はとてもシンプルで、「総額(日本円換算) / レバレッジの倍率」で算出できます。1ドル110円の時、1万ドルの総額は日本円で110万円になりますから、これをレバレッジの倍率で割れば良いのです。

上記の式で当てはめると、レバレッジ2倍なら55万円、10倍なら11万円となります。必要証拠金が不明な時は、現在のレートと取引通貨量から総額を算出し、レバレッジで割ってみると良いでしょう。

ドルに限らず、他の通貨でも計算式は同じです。仮に1万トルコリラ(TRY)を取引するとして、1TRYが30円だった時、総額では30万円となります。これをレバレッジで割れば良い訳ですから、10倍なら必要証拠金は3万円、25倍なら12,000円と算出できます。

ロスカット(マージンコール)とは

ロスカット(マージンコール)とは

FXでは常に利益が出るとは限りません。いくらレバレッジを高めたとしても、時には大きな含み損を抱えてしまう場合があります。もし口座の評価額が必要証拠金を下回りそうな時は、FX業者のロスカット水準に達してしまうリスクが出てくるでしょう。

ロスカットはマージンコールとも呼ばれ、FX業者が自動でポジションを強制決済する仕組みを言います。トレーダーの損失を一定で食い止める役割を担いますが、ロスカットが発動する基準は業者によりけりです。

例えばロスカットの発動基準が証拠金維持率の100%以下の業者もあれば、50%までは発動しない業者もあります。基準がバラバラですので、口座開設時に確認することが望ましいでしょう。

ロスカットレートの計算方法

しかし、ロスカットの発動基準が分かっても、実際にどの程度の値動きに耐えられるか判別が難しいかと思います。実際にロスカットされる資金評価額を計算し、いくらまで耐えるかチェックしてみると良いでしょう。

業者にロスカットされる資金評価額は、「必要証拠金×ロスカット水準(小数点)」で計算可能です。口座全体の必要証拠金をベースにしますので、ポジションを複数保有した時は注意しましょう。

例えば必要証拠金が11万円、業者のロスカット水準が50%だった場合、「110,000×0.5」となりますので、口座評価額が55,000円を下回るとロスカットが発動します。逆に考えると、55,000円の含み損までは耐えられることになります。

もし1ドル110円で1万ドル保有していた時は、5円50銭の値動きまで対応できます。1万ドルを買ポジションで保有していた場合、1ドル104円50銭の円高になるとロスカットが発動します。逆に売りで取引していた時は、115円50銭まで円安が進むとロスカットされます。

ロスカット基準は業者次第です。仮に基準が証拠金維持率の100%以下だった場合、口座評価額が11万円を切るとロスカットされるので気を付けましょう。計算が面倒な時は、こまめに口座の証拠金維持率を確認するのもおすすめです

レバレッジを高めるとロスカットリスクが減る

ロスカットは投資家が大きな含み損を抱えずに済むための保護策ですが、できれば避けたい事態です。しかし、レバレッジを高めると資金余力が生まれ、証拠金維持率を高められるため、ロスカットの危険も低くなるでしょう。

レバレッジと証拠金は深い関係にありますが、ロスカットにも関わっています。レバレッジをコントロールし、ロスカットのリスクを抑えるようにしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ