海外FXはレバレッジよりも最大許容損失額で比較する

海外FXはレバレッジよりも最大許容損失額で比較する

海外FXは、高いレバレッジをかけて取引できるのが魅力だと言われます。国内ではレバレッジの引き下げが行なわれており、現在では個人口座だと最大で25倍のレバレッジ、法人でも最大で200倍のレバレッジが上限になっています。

海外FXは、レバレッジに対しての規制がないので、会社によっては数百倍以上のレバレッジをかけて取引することができます。FXは一日に何度も取引ができるため、高いレバレッジをかけて取引をすることにより、短期間で多くの利益を生むことができます。しかし、常に利益が出るとは限らず、損失が出ることもあります。そのため、高いレバレッジをかける場合は最大許容損失額も大切な要素の一つです。海外FX会社の比較のポイントにもなるので、最大許容損失額の押さえておきたいポイントや比較のポイントを解説していきます。

レバレッジに比例して取引証拠金は下がる

レバレッジに比例して取引証拠金は下がる

FXをするためには、FX会社で開設した口座に担保として一定の取引証拠金を用意する必要があります。取引量×通貨の価格÷レバレッジで取引証拠金を計算することができます。 レバレッジが上がると、比例して取引証拠金は下がります。高いレバレッジで取引をする方が、用意する資金は少なくて済みます。

国内FX会社はレバレッジ上限が25倍になっているため、多くの会社はギリギリの25倍を上限値に設定しています。レバレッジの高さがFX取引において重要なファクターだと捉えているトレーダーが多いからです。しかし、高いレバレッジだと取引証拠金が少ない代わりに少しのレート変化で大きく口座内の資金が変化します。利益側に動けばハイリターンですが、損失側に動くことを考えるとハイリスクでもあります。

リスクに対する許容の重要性

FXで儲けている人はたくさんいますが、すべての人に共通して言えるのは、勝ち続けて利益を得ているわけではないことです。FXは勝ち負けを繰り返してトータルで利益を重ねていくのが基本です。しかし、人の心理としては保有しているポジションがマイナスになっている場合は決済させることに抵抗を感じます。

FXは常に一定の方向に通貨が値動きしているわけではなく、ポジションがマイナスになっていても値動きによってプラスに戻ってくることもあります。プラスに転じるまで待つ方法もありますが、損失側に値動きしてロスカットが発動されるリスクを忘れてはなりません。この場合、ロスカットした時に、あのときに決済させておけばよかったと後悔するものです。損切を避ける取引は、いつかこのような状況になって資金を多く失うことになります。リスクに対する許容度を設定して、マイナス決済する潔さもFXには必要です。

大許容損失額の設定

大許容損失額の設定

リスクに対する許容を考える場合に、どれくらいの損失なら許容できるか最大許容損失額のラインを決めておきましょう。許容損失額が大きいと資金を多く失うことになるので、許容度が高ければ良いというわけでもありません。

最大許容損失額は時間軸でも細かく設定しておくことをおすすめします。一日単位の最大許容損失額、週単位の許容損失額、月単位の許容損失額を決めておくとよいでしょう。基本的に、FX取引で投資する資産は総資産の2%までにとどめておくことが理想だと言われています。また、高いレバレッジをかけて取引をする場合は、口座に入っているお金からロスカット値までが取引における許容損失額の範囲となります。

例えば、レバレッジ25倍の場合に、資金が10万円あってロスカット値が4万円の場合だと6万円までの損失が許容範囲となります。同じ条件でレバレッジを100倍まで上げるとロスカット値は1万円になるので、9万円までの損失が許容範囲です。

ちなみに、上記の条件で取引量を5倍に増やすとどうなるでしょうか。レバレッジ25倍だとロスカット値は20万円になるので、10万円の資金だとポジションを持つことが不可能です。しかし、レバレッジ100倍だとロスカット値は5万円なので、資金から差し引いても5万円は許容範囲になります。レバレッジが高いほど、許容範囲が広くなります。

レバレッジをかけた場合の最大許容損失額の計算

口座に入れるお金を最大許容損失額だとすると、ロスカット値までの差分が最大許容損失額だと近似することができます。この場合、高いレバレッジで海外FX会社を比較するのではなく、口座の資金-証拠金維持率×取引証拠金で算出される最大許容損失額で海外FX会社を比較することが大切です。

例えば、ドル/円=100円で取引量が10万通貨でレバレッジが1000倍だと、取引証拠金は1万円です。資金が10万円の場合に、証拠金維持率が100%のところだと、9万円が最大許容損失額ですが、証拠金維持率が50%のところだと、9万5000円が最大許容損失額です。

簡単にすると、レバレッジが同一の場合は、証拠金維持率が低いほど最大許容損失額は大きくなります。海外FXの場合は、高いレバレッジをかけての取引が基本になるので、最大許容損失額を計算して、損失に対しての耐性度も考慮して海外FX会社を選んでいきましょう。

最大許容損失額の比較は、市場の動きが緩いときには有効です。しかし、市場の動きが激しくなっているときは、高いレバレッジをかけて損失が出ると有効証拠金の減り方も顕著になります。FX取引で避けたいのはロスカットなので、市場が活発な場合はレバレッジを引き下げて運用するなど、状況に応じて取引スタイルを変えて行きましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ