レバレッジ計算で損益やリスクを管理する!

レバレッジ計算で損益やリスクを管理する!

海外FXは高いレバレッジをかけてトレードできるのが魅力の投資です。国内FXだとレバレッジ上限が25倍であるのに対し、海外FX会社の中には1000倍以上のレバレッジがかけられるところもあります。

少ない資金でも大きな利益を得られるハイレバレッジは、ハイリスクの側面もあります。レバレッジの計算をして損益やリスクを管理することも大切です。

レバレッジの計算は証拠金が基本になる

レバレッジの計算は証拠金が基本になる

ハイレバレッジにはトレーダーのリスクだけでなく、FX会社のリスクもあります。FX会社はハイレバレッジにともなうリスクを軽減するために、証拠金をトレーダーに用意させています。レバレッジは保有している資金以上の取引ができる仕組みなので、取引金額÷証拠金からレバレッジを導き出すことができます。

たとえば、ドルと円のペアの場合に1ドルが100円だったとします。1万ドルの取引をするためには、100万円の資金を必要とします。10万円の資金を証拠金として口座に入れておくと、100万円÷10万円=10倍のレバレッジになります。

レバレッジを求める計算式から、レバレッジが大きくなるほど必要となる証拠金は少なくなることが分かります。国内FXは最大レバレッジが25倍なので、100万円の取引をするために4万円の資金は最低でも必要です。しかし、1000倍のレバレッジをかけられる海外FXだと1000円の資金で100万円の取引ができます。将来的に国内FXのレバレッジは引き下げられる方向で話しが進んでおり、取引して利益を出すためにはさらに多くの資金が必要です。

FXの許容範囲を決める

レバレッジの計算をして考えておきたいのは、FXの損失に対しての許容範囲です。FXは利益だけでなく損失が出るのも普通で、利益よりも損失が多くなって赤字になる場合もあります。許容範囲というのは、仮に10万円の資金が用意できる場合に、その中で何円までなら負けても許せるかというものです。許せる最大の損失額を3万円と仮定してみていきましょう。

ドルと円のペアなら、一日の値動き幅はせいぜい1円程度です。1ドル100円で、1万ドルを持つためには本来なら100万円の資金が必要になりますね。ここでは10万円の資金を用意できるので、10倍のレバレッジをかけることでトレードできます。

一日の間に、1ドル100円から1ドル99円になったとします。1ドルに対して1円の損失が生じる計算になるため、1万ドルだと1万円の損失が発生します。許せる損失額の3万円には至らないので、許容範囲の中でのトレードが可能です。

同じ条件で取引金額を500万円にしてみましょう。10万円の資金だと、レバレッジは50倍です。1ドルが100円から99円になると、5万円の損失が生じます。許せる損失額を超えてしまいますね。3万円の損失額になるのは、取引金額を300万円、レバレッジを30倍にした場合です。

このケースだと、レバレッジ30倍がFXの損失の対しての許容ギリギリになります。このように、許容できる金額が決まっている場合はレバレッジの計算をすることでかけることのできるレバレッジの上限を導くことが可能です。

ロスカット視点で見るレバレッジの計算とリスク管理

ロスカット視点で見るレバレッジの計算とリスク管理

FXでは、口座の中に預けている証拠金がロスカットの水準を下回ると強制的に決済される仕組みです。ロスカットが起こるのは、証拠金を超える損失が出ないようにするための措置であり、トレーダーの資金を守ることが目的です。しかし、持っているポジションが無くなって損切をする形になるため、大きな損失が生じることになります。

ロスカットの水準は、取引金額÷レバレッジ×証拠金維持率で計算されます。証拠金維持率はFX会社によって設定が異なっていますが、ここでは50%として計算していきます。100万円の取引でレバレッジが10倍だと、100万÷10×50%で5万円がロスカットの水準になります。レバレッジが100倍だと、100万÷100×50%で5000円がロスカットの水準です。

レバレッジが高くなるほど、ロスカットの水準は下がる計算になります。たとえば、10万円の資金を持っていた場合に、レバレッジ10倍だとロスカットまで5万円までの値動きには耐えることができます。一方で、レバレッジが100倍だとロスカットまで9万5000円の値動きに耐えられます。

見方を変えると、ロスカットした時点で残る口座のお金はレバレッジが高くなるほど少なくなります。損失の許容範囲が3万円なら、レバレッジ10倍だとロスカットしても5万円は口座に残るので許容範囲です。これがレバレッジ100倍だと、ロスカット後に残る口座の残高は5000円になり、許容範囲を超えてしまいます。高いレバレッジにともなうリスクとも言えますが、ロスカットしたときの口座に残る金額の許容を考えてレバレッジの計算をすることも大事です。

高いレバレッジにはゼロカットシステムが必要

海外FXでは高いレバレッジをかけられるため、大きな取引ができます。100倍を超えるようなレバレッジだと、ロスカットの水準はかなり下がります。大きな値動きのときは、ロスカットが間に合わず、口座が赤字になってしまう可能性もゼロではありません。海外FXによっては、もしもの時の為にゼロカットシステムを導入しているところもあります。

GEMFOREXでも、ゼロカットシステムを導入しており、もしものときでも口座がマイナスになることはありません。最大で1000倍のレバレッジがかけられる海外FX会社ですが、レバレッジをコントロールすることでリスク管理も可能です。レバレッジを柔軟に変えることで、あらかじめ設定した許容損失額にあわせたトレードもできます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ