ロットとレバレッジの関係性を解説

FXを行うといくつもの専門用語を目にして、次第に覚えていきます。トレードを行うのに必要な関連の専門用語も多数登場しますが、その中でも有名な用語としては、ロットとレバレッジがあります。トレードを行うならば、最低限この2つは覚えないと、始まりません。ただなんとなくこれらの用語の意味を知っている方は多いかもしれませんが、具体的にどのような意味を持つのか、関連性はあるのかというと、曖昧な方が多いのではないしょうか?今回のFXの中でも基本となる、ロットとレバレッジについて解説します。

ロットとレバレッジ

ロットとレバレッジ

ロットとレバレッジの関係を見る前に、それぞれの意味をもう一度見てみましょう。

ロット

FXでは日本で人気の通貨ペアというとドル円があります。日本円でドルを買うというようなことができますが、実はFXでは、1ドル分だけ買うということは、通常は出来ません。日本国内からFXでトレードするにも、FX業者を使用して、取引を行っていきます。

FXではそれぞれの業者ごとに、1度に取引できる通貨の最低枚数が決まっています。国内業者だと1,000通貨や1万通貨のところが多く、この最低枚数を1ロットと呼びます。海外のFX業者だと10万通貨の場合が多く、1ロットというと10万通貨を表わします。つまりはロットというのは、それぞれの業者で違ってくるのです。

ちなみに国内では、いくつかの業者だと1通貨から取引が出来ます。このようなFX業者だと、1ロットが1通貨となります。

また、そのFX業者のロットが1万通貨であれば、10ロットで10万通貨、100ロットで100万通貨になります。FX業者ごとに最低取引枚数、つまりは1ロットは何枚か決まっていますが、上限の何ロットまで1度に取引できるかも決まっており、これもFX業者ごとに違います。

例えば、あるFX業者の、最低取引枚数が1,000通貨で、最大で200ロットまで取引できるとします。 この場合は、以下のようになります。

・1ロット = 1,000通貨
・最大で200ロット = 20万通貨まで

ただし、FX業者では1ロットでなくても、0.1ロットや0.01ロットからトレードが出来ます。 1ロット1,000通貨であれば、0.1ロットは100通貨、0.01ロットは10通貨となります。

レバレッジ

レバレッジ

FXでトレードするなら、まず最初に聞く言葉かもしれません。何よりもFXの最大の特徴とも言えるレバレッジは、「てこ」という意味合いがあります。てこは、少ない力で大きなものを動かせるように、レバレッジは少ない資金で大きな金額のトレードが出来ます。

国内のFX業者であれば、レバレッジは一律25倍までと決められており、どのFX業者を使っても、最大で25倍まで使えます。もしも口座の資金が1万円あれば、25倍の25万円までの取引が出来るのです。

海外のFX業者だと、レバレッジは100倍や500倍、1,000倍、無制限などというところがあります。もしも口座の資金が1万円あれば、レバレッジ1,000倍だと、資金の1,000倍の1,0000万円までのトレードが出来ることになります。

ちなみに、レバレッジは自分で今日は3倍で、明日は10倍でトレードしようと設定は出来ません。口座を開設するときに、FX業者ごとにレバレッジが決まっているので、そのレバレッジでトレードをしていきます。

ロットとレバレッジの関係

ロットとレバレッジは関係しており、どちらかを変えると、もう一方にも影響を与えます。例えばドル円が1ドル100円のときに、国内のFX業者でトレードすると、最大でレバレッジは25倍までです。一番少ない証拠金で1万通貨の1ロット分トレードするとなると、以下のようになります。

・1ロット = 1万通貨 = 1万ドル = 100万円
・100万円÷25倍 = 4万5千円

このようになり、最低でも4万5千円が必要です。2ロットだと9万円、10ロットだと、45万円の証拠金が必要となります。

それでは、次に同じ設定の国内のFX業者を使うとして、例えの仮定も同じとして、レバレッジを10倍、5倍、1倍にすると、証拠金はいくら必要でしょうか?

・1ロット = 1万通貨 = 1万ドル = 100万円
・レバレッジ10倍 : 100万円÷10倍 = 10万円
・レバレッジ5倍 : 100万円÷5倍 = 20万円
・レバレッジ1倍 :100万円÷1倍 = 100万円

このようになり、レバレッジ10倍だと最低でも10万円必要です。2ロットだと20万円、10ロットだと、100万円の証拠金が必要となります。

総合的に考えると、資金はいくら用意でき、レバレッジは何倍でトレードするのか、そしてそれに対し安全な範囲のロット数を考えていきます。1万通貨で取引すると、ドル円であれば1円動くと1万円の損失になります。レバレッジ25倍で4万5千円でトレードできたとしても、2.5円ぐらいマイナスに相場が動くと、資金の半分の含み損となり、ロスカットの危険が出てきます。

レバレッジの高いトレードは、少ない資金で取引できますが、その分少し相場が動いただけでも大きく含み損を持つ可能性もあり、ロスカットになりやすいです。資金は多く必要とはなりますが、レバレッジを低くしてトレードした方が、安全性は高いと言えます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ