レバレッジはどのように決めるのがよい?

FXというと、最大の特徴はレバレッジであり、自分の持っている資金以上のトレードが出来る仕組みです。国内のFX業者だとレバレッジは最大で25倍までと決まっていますが、海外のFX業者だと、レバレッジはそれ以上に高くしてトレードすることも可能です。ただそこで実際にトレードする時に迷うのが、どれぐらいのレバレッジにすればいいのか?ということでしょう。トレードする時のレバレッジは、いくつかの考え方により、決め方があるのです。

ハイレバレッジとローレバレッジ

ハイレバレッジとローレバレッジ

レバレッジは、使うFX業者によって、以下の2つの決まり方があります。

・口座を開設するときに、決められた中から、何倍と自分で使いたいレバレッジを決める
・口座の資金と、保有するポジションにより、レバレッジが自然と決まる

それでは早速、実際の数値で、レバレッジにより、損失はどれぐらいになるか見てみましょう。ここでは仮定として1ドル100円であり、これが1ドル99円になるとします。

・100万円の資金を用意し、レバレッジ1倍で1万通貨の100万円分の取引をします。
 1ドル100円から99円と1円下がれば、1万円の損失になります。

・10万円の資金を用意し、レバレッジ10倍で1万通貨の100万円分の取引をします。
 1ドル100円から99円と1円下がれば、1万円の損失になります。

この2つを比べると、取引した量も同じであり、損失も同じです。ただ違うのはレバレッジ1倍で100万円の資金を使ったか、レバレッジ10倍で10万円の資金を使ったかの違いです。

・100万円から1万円の損失 = 資金の1%の損失
・10万円から1万円の損失 = 資金の10%の損失

1ドル100円が99円、98円と1円ごとに値が下がっていくと、レバレッジ1倍だと1%ずつ損失がふくらみますが、レバレッジ10倍だと10%ずつ損失が増えるのです。1ドル100円が90円になると、資金が10万円しかなく、レバレッジ10倍で取引していると、資金はゼロになってしまいます。

レバレッジありきで考えない

レバレッジありきで考えない

資金が10万円しかないのに、100万円や250万円分のハイレバレッジの取引をするのは、リスクが高いと言えます。 実際に資金と、現在のレートと、いくらまで負けても良いかという損切り設定で、レバレッジを考えてみましょう。ここでも資金は10万円、現在はドル円1ドル100円のレートであると仮定します。

・最初に負けても良いという金額を5000円にします。
・ドル円を仮に1000通貨分購入するとして、必要資金は10万円必要となり、レバレッジは1倍です。
・1ドル100円から99円に値が下がったとすると、1円値が下がったので、損失は1000円です。
・レバレッジ1倍で1円値が下がると1000円の損失なので、ロスカットを5000円とすると、レバレッジ5倍までに出来るということになります。

ただし、レバレッジばかり考えると、自分の資金はいくらで、保有量をいくらにすると、レバレッジはどれぐらいになり、といちいち計算しないとなりません。またFXの通貨のレートは1円ごとに変化するのではなく、0.01円や0.001ユーロなど1pipsずつ値が変わっていきます。このために、レバレッジばかりで考えるのではなく、ロスカットをいくらにするかで考えた方が良いです。

具体的には、いくらの資金を用意するか、何通貨分または何Lot分購入するか、そして1pips動くといくらの含み損ができ、ロスカットはいくらにするか、これらを決めれば、自然とレバレッジも決まってきます。

ただ国内のFX業者だと、レバレッジは最高で25倍までなので、たとえば1万円の資金を用意し、50万円や100万円分という、レバレッジ25倍以上の取引は、最初から無理なことです。レバレッジが25倍を超えてしまうなら、資金をその分多くするか、保有ポジションを少なくするか、どちらかで対応します。

戦略によってはハイレバレッジもありえる

レバレッジを低くするか高くするかは、その人の資金と戦略に関わってきます。もちろん資金が少ないと、自然と低いレバレッジにはなります。しかし、損失を少なくして利益も少なくするならば、レバレッジは低くしてトレードすることでしょう。逆に、短時間で大きく稼ぎたいというならば、高いレバレッジで、一気に利益を狙う方法もあります。

このために、ハイレバレッジは危険が大きいですが、必ずしもダメな戦法であるとは言えません。ハイレバレッジはハイリスクハイリターン、ローレバレッジは、ローリスクローリターンとなり、どのような戦略でトレードしていくかで、レバレッジの決め方は変わってきます。

ローレバレッジでは、資金を一気に大きく減らす危険は少なく、すぐロスカットになるような場面も少ないです。しかし、じわりじわりと含み損が増えていき、気がついたらロスカットせざるおえないぐらい、含み損が増えていたということもあるのです。

1つ言えるのは、どのようなレバレッジで戦略をとったとしても、気持ちに余裕を持って、トレードをしていくべきです。ポジションを持つと、仕事中でも相場の動きが気になるというようなことなら、レバレッジが高すぎる可能性があります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ