レバレッジとうまく付き合っていくコツってありますか?

FXでトレードしていくならば、誰もがレバレッジの仕組みを利用します。レバレッジはFX業者によって使用できる倍率が違い、投資家はいくらのレバレッジを使いたいかある程度選べます。何十倍や何百倍というレバレッジを使う中で、資金を減らしてばかりで上手くいかないという人もいるのではないでしょうか?FXの特徴とも言えるレバレッジと上手くつきあうにはどうすればいいのでしょうか?

レバレッジを使うと少ない資金で大きな取引が出来る

レバレッジを使うと少ない資金で大きな取引が出来る

レバレッジは、国内のFX業者だと最高でも25倍までですが、25倍のレバレッジを使えば、資金の25倍の取引が出来ます。もしも例え資金が10万円しかないような人でも、レバレッジ25倍だと、250万円分もの取引が可能となります。

月間で1%の利益を得たとしたならば、レバレッジ1倍で10万円分の取引だと、0.1万円の利益となります。これがレバレッジ25倍で250万円の取引をすれば、2.5万円という25倍もの利益を得られます。逆に言うと、損失が出たときも、同じようにレバレッジの倍率に応じて、多くなっていきます。先ほどの例だと、レバレッジ1倍では0.1万円の損失ですが、レバレッジ25倍となると、2.5万円の損失が出てきます。

高いレバレッジほどハイリスクハイリターン

レバレッジを高くすればするほど、ハイリスクハイリターンとなり、得られる利益も大きくなりますが、損失も大きくなりダメージも大きくなります。

特にFXを始めたばかりの初心者ほど、レバレッジの魅力ばかりを考え、損失の事は考えず、出来るだけ多くの利益を得ようよハイレバレッジにします。レバレッジを使うときは、含み損のことも考えないとなりません。レバレッジを高くする程、沢山の量の取引を行うことができ、含み損の割合も大きくなりやすいです。レバレッジ25倍で、25倍もの量の取引をすると、含み損も25倍となり、一気に損失が膨らみ、ロスカットで資金がなくなることもあります。

FXの取引では、含み損を増やして、ロスカットになり、相場から退場するという人も多いのです。これは欲に目がくらみ、利益のことばかり考えて取引するところに原因があります。

資金に見合ったレバレッジを使う

資金に見合ったレバレッジを使う

資金が5万円や10万円しかないのに、25倍のレバレッジを使うのは危険です。25倍にしても、取引量を1Lotだけにするならまだしも、どうしても人間には欲があるので、レバレッジをかけると、取引できるだけの量のポジションを保有する人も多いです。

初心者の方やFXでなかなか利益の出ない方は、資金を少なくしてレバレッジも1倍や多くても5倍ぐらいまでにして、その中で取引をするのが良いです。そして取引の仕方も、トレンドがはっきりしている時のみにした方が安全であり、雇用統計時などは、大きく上下に相場が動き、含み損も一気に増える可能性があるので、最初はその時間帯の取引はしない方が無難です。

そうして資金が多くなっていけば、余裕資金をある程度残し、資金の3分の1や半分ぐらいで、少しレバレッジを高くして取引してみるのも良いでしょう。

含み損の割合を考える

レバレッジと上手くつきあえない方は、含み損ばかり増えて、FXで利益の出ないような人でしょう。それは、自分の使うレバレッジの倍率と、倍率に対する含み損の割合を考えないということがあります。たとえば、資金10万円で、レバレッジ25倍で、1Lot分取引すると、1pips動けばいくらの含み損となり、何pips動くとロスカットになるのか、など考えてみましょう。そうすると、過去の相場から見て、何pips動き、自分の資金では何倍のレバレッジが使えるか見えてきます。

ハイレバレッジでの取引は、経験を積むという意味では、悪いことではありません。資金が少ない中でハイレバレッジにすると、高い確率で資金のほとんどを失うことになりますが、投資家の方がレバレッジと距離を置くのに良い経験となります。そこで失った資金は、勉強代となるでしょう。

または、レバレッジを高くしないでも、取引できる方法を追求しても良いでしょう。レバレッジを低くすれば、含み損も少なくすることが可能となるので、精神的に楽に取引していけます。

どのようなレバレッジを使うにしても、何となく高い倍率の方が良さそうだからなど、明確な理由なくレバレッジを使うのが、一番危険な取引方法です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ