レバレッジが10倍に引き下がると何が起きるか

FXのレバレッジは、国内のFX業者でも昔は業者ごとに好きな倍率を設定できました。しかし投資家保護という名目で、レバレッジは25倍までと規制されました。海外のFX業者と比べると、25倍というレバレッジはとても低いです。そんな中でも金融庁は、再度レバレッジを25倍から10倍に下げるということを検討しています。ただでさえ国内業者のレバレッジは低いですが、そのような中で10倍へと引き下げられると、どのようなことが起きるのでしょうか?

これまでのレバレッジ規制について

これまでのレバレッジ規制について

これまでは、FXに関して国内業者へのレバレッジ規制は2回行われました。その規制によって投資家がFX業者から離れていき、収益の悪化した一部の業者は、廃業に追い込まれたところもあります。ただ規制の影響は、個人投資家へはほとんど無く、規制によって大きく資産を減らす人は少なかったです。

レバレッジ規制の影響を見ると、国内でも個人が気軽にFXを行えるようになったのが20年ほど前であり、当時のレバレッジは自由に業者が決められました。その後個人投資家保護の名目で、2010年には50倍に、2011年になると25倍と段階的に引き下げられました。

しかし、25倍という低レバレッジになっても、ほとんどの個人投資家は、その日にレバレッジが残高ベースで10倍程度に落ちるために、25倍という規制になっても、影響はありませんでした。また、25倍までに規制される前には、FX業者も個人投資家向けにアナウンスして、資金の増額などを呼びかけ、安全対策を事前にできたことも、投資家への影響を少なくしました。

FX業者と個人投資家を守るための規制

FXのレバレッジが25倍に規制されてからも、スイスフランショック、トランプショック、チャイナショックなど、為替相場が大きく急激に動く局面はありました。このような事を受けて、金融庁はさらなる規制を検討しています。

レバレッジを低くすれば、個人投資家のリスクを、ある程度軽減できます。為替相場の急変による損失も少なくなり、FX業者の破綻を防ぐことにも繋がります。

ただ10倍というレバレッジは、普段からトレードしている個人投資家のレバレッジよりも低くなります。規制がされれば、そのときは、10倍以上のレバレッジを使用して、個人投資家はトレードしていることになります。もしも証拠金を足さずに、そのままの状態でトレードを続けると、規制導入と同時に含み損を抱え、ロスカットされる人が続出することになるでしょう。ロスカットを防ごうと思えば、さらに証拠金を増やさないとなりません。

事情によって証拠金を追加入金して増やすことはできない人もいるかもしれません。ロスカットが一気に発生すれば、為替相場の急激な変化をもたらし、さらにロスカットされる人を増やすかもしれません。

レバレッジが高いと、含み損が発生すると一気に金額が膨らみやすく、損失を少なくするために、早めに損切りを行えます。しかしレバレッジが低くなると、含み損はゆっくりと増えていくために、人間心理として損切りできない人も出てきます。その結果として、ぎりぎりまで損切りせず、ロスカット間近になって損切りし、資産を大きく減らす人が増えるかもしれません。

FX離れが加速する

FX離れが加速する

確実にレバレッジが規制されて10倍までとなると、当然のことながら、国内のどのFX業者を使っても、レバレッジは10倍までしか使えません。このために、高いレバレッジの使える、海外のFX業者を使うようになる個人投資家が増えるでしょう。特に資金をそれほど多く用意できない方は、レバレッジを目当てにして取引するので、国内のFX業者は一切使わなくなる可能性があります。

それはつまり国内のFX業者から離れていく個人投資家が増えることになり、もちろん業者へのダメージも増えます。特にその中でもシストレなどの自動売買システムを提供しているFX業者ほど、低レバレッジでは使いにくくなり、個人投資家は離れるでしょう。もしも、FXから離れて、他の投資商品で取引するとなる方が増えれば、為替相場にも影響を与えるかもしれません。特にドル円は、日本人の個人投資家が半分ぐらいの取引量を持っているので、ドル円への影響は顕著に出ます。

ビットコインに移動するのか?

FXレバレッジを25倍にして取引するなら、例えばドル円が1ドル110円であれば、1,000通貨で4,400円、1万通貨であれば44,000円の資金があれば行えました。しかし、それがレバレッジ10倍となると、1,000通貨でも11,000円、1万通貨となると11万円もの資金が必要となります。同じ資金を使っても、取引できる枚数が減っていきます。

FXと似たような投資商品として、仮想通貨があり、一番有名な仮想通貨がビットコインです。ビットコインは取引所を通じて売買することができ、ビットコインFXであればレバレッジを使っての取引も可能です。国内の取引所でも10倍程度までのレバレッジを使うことができ、しかもビットコインだと、0.1ビットコインなど好きな量を取引できます。価格変動幅も大きく利益が出やすいため、今後はビットコインに個人投資家が移動し、そしてFX業者もビットコインFXを提供するところも増えるかもしれません。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ