ハイレバレッジ取引なら海外FX会社が低リスク!

海外FXを始める人の中には、国内FXよりも高いレバレッジをかけた取引ができることに魅力を感じている人も少なくありません。一方、ハイレバレッジの取引にはリスクが高いという声もあります。実際のところ、ハイレバレッジのリスクはどれくらいあるのでしょうか?レバレッジの仕組みを掘り下げていくと、「ハイレバレッジ=高リスク」ではなく、「ハイレバレッジ=低リスク」になることが見えてきます。

ハイレバレッジが高リスクと言われる理由

ハイレバレッジが高リスクと言われる理由

海外FXは少ない元手で大きな利益を狙うことができます。これも大きなレバレッジをかけられることが理由です。レバレッジは「テコの原理」を意味しています。レバレッジに比例して、より大きな取引ができます。当然、レバレッジが大きくなるほど損失が出た時のダメージも大きくなります。

1万円の資金がある場合、10倍のレバレッジだと10万円分の取引、100倍だと100万円分の取引ができるわけです。しかし、1万円の資金に100倍のレバレッジをかけて取引をすると、少しの値動きで大きな損失が生じてロスカットに至ります。これがトレーダーの考えるハイレバレッジのリスクです。

国内FX業者がレバレッジの上限を規制しているのも、上記のような理由からです。昔は海外FX会社のように高いレバレッジをかけて取引できる国内FX会社もありました。無計画なハイレバレッジ取引で大きな損失を被るトレーダーがいたのも事実です。

ハイレバレッジの見方を変えるとリスクは低くなる

投資する資金を変えずに、レバレッジを上げて取引量を増やすとリスクは高くなります。では、ハイレバレッジで取引量を一定にして投資する資金を減らすとどうなるでしょうか?

1万円の取引をするために、レバレッジをかけないなら取引に1万円が必要です。しかし、100倍のレバレッジなら100円もあれば、1万円分の取引ができます。1万円分の取引をするために、100回分のチャンスがあるわけです。これこそ、ハイレバレッジのリスクが小さいと言われる理由になります。

仕組みを理解することで、ハイレバレッジでも安全なトレードが可能です。しかし、一歩間違えてしまうと大きなリスクも潜んでいます。FX取引でこれくらいなら負けてもいいという許容損失額を設定することも大事です。

海外FXは追証がない

海外FXは追証がない

ハイレバレッジのリスクと言われている理由の一つに追証があります。FXでは、国内FXでも海外FXでも口座の資金が一定額を下回るとロスカットして取引が強制終了する仕組みです。資金を大きく失うことになりますが、残高が0円を下回ることはありません。ロスカットは、あくまでトレーダーの資金を守ることが目的です。

ハイレバレッジの取引だと少しの値動きで口座の資金は大きく動くため、大きな値動きが発生してしまうとロスカットをはるかに超えて損失が出ることもあります。場合によっては口座の資金が0円を下回って決済されることもあるわけです。

0円を下回った損失分はFX会社が立て替えているので、追証という形でお金の支払いが必要になります。過去にはリーマンショックなど、想像をはるかに超えるような値動きが突発的に発生しています。ハイレバレッジで追証が発生すると、場合によっては何百万、何千万という多額のお金の支払いが必要になってしまうわけです。

国内FXでは追証必須ですが、海外FXに関しては追証がありません。口座の残高が0円を下回った分については強制決済する仕組みです。このような仕組みをゼロカットシステムと言います。海外FXでは、高いレバレッジをかけて取引をして万が一の事態になっても、借金を背負わされることはありません。国内FXはレバレッジの上限が25倍と低いですが、追証がある分、海外FXよりリスクが高いと言えます。

ハイレバレッジとの付き合い方

ハイレバレッジが危険と言われているのは、ポジションと資金管理ができていないからです。全財産に対し、どれくらいのポジションを持っているのかを冷静に判断できる力はとても重要になります。FXは投資の一つですが、ギャンブル性の高い投資でもあります。熱が入ってしまうと、取引が大胆になってハイリスクです。

ハイレバレッジは証拠金が少なくて済むため、多くの取引ができます。何度も取引できる環境が取引したい欲求を高め、取引量を増やすことにつながるのです。ポジション量は自分の許容できる範囲で調整する必要があります。冷静さを持って取引にのぞめば、少ないリスクで運用することが可能です。

また、海外FXのレバレッジは自分で調整することができます。トレードはそのときによってリスクが変わります。明らかなトレンドが出ているときならリスクは下がり、どっちつかずの値動きをしているときはハイリスクです。トレンドが明確で自信があるときはハイレバレッジで畳み掛け、自信がないときはレバレッジを下げて運用するのも方法の一つになります。

海外FXのハイレバレッジは魅力的なシステムです。大きな利益を出すだけでなく、柔軟性を持ったトレードができるからです。「ハイレバレッジ=ハイリスク」は、海外FXの利用を抑制したい国内FX会社が作り出しているイメージでもあります。実際には、海外FXのハイレバレッジで利益を出している人はたくさんいます。レバレッジに対する正しい知識を持ってトレードをしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ