レバレッジとスプレッドの関係性は?

レバレッジとスプレッドの関係性は?

海外FXは高いレバレッジをかけて取引できる魅力があります。国内FXだとレバレッジの制限が上限25倍になっているのに対し、海外FXはレバレッジの制限がなく100~1000倍を超えるレバレッジでトレードすることができます。

ハイレバレッジ取引!GEMFOREX!

また、海外FXも国内FXと同じように1回毎の取引にスプレッドが発生します。スプレッドは買値と売値を差し引いた値のことで、FX取引の手数料になります。レバレッジと同じくらい、スプレッドもFXをしていると見かける言葉です。初心者のうちはレバレッジとスプレッドを混合しやすい特徴もあります。今回は海外FXをする上で知っておきたいレバレッジやスプレッドの意味、それぞれの関係性について紹介していきます。

レバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジをかけることで少ない資金でも大きな取引ができると言われています。では、具体的にどのように大きな取引ができるのでしょうか?

たとえば、1ドル100円の通貨があるとします。 1万の取引量で取引するなら、100円×1万=100万円の資金が必要です。一日の値動きはせいぜい1円前後なので、デイトレードだと1万の取引量なら1日の損益は約1万円になります。取引量に応じて損益も変わり、10万の取引量なら1日の損益は約10万円、100万の取引量なら1日の損益は約100万円です。

本来なら取引量を増やすためには投資する資金を増やす必要があります。しかし、レバレッジを使うことで、資金をそのままに取引量を増やすことができるのです。1万の取引量だった場合、10倍のレバレッジをかえれば10万の取引量、100倍のレバレッジをかければ100万の取引量、1000倍のレバレッジをかければ1000万の取引量と言った具合になります。これが、レバレッジを使うと小さい資金で大きな取引ができると言われる理由です。

スプレッドとは?

スプレッドは買値から売値を差し引いたFXの取引手数料で、スプレッドが広いほど取引コストが高いことを意味します。スプレッドは流動性に影響される特徴があり、取引量が少ない通貨ペアになるとスプレッドが広がり、取引量が多い通貨ペアになるとスプレッドは広がります。注文した時点でスプレッド分の損失が発生しているため、スプレッド分の損失を回収した上で利益を出す必要があります。

スプレッドは市場の動きに連動して変化します。常に一定ではなく、レートのアップダウンが激しくなっている通貨ペアだと呼応する形でスプレッドも広がっていきます。また、同じ通貨ペアでも海外FX会社によって設定しているスプレッドは異なります。

スプレッドは1回毎の取引にかかってくるため、海外FXのように1日何百回も超えるようなスキャルピング取引だとスプレッドの負担は大きくなります。反対に、数日おきにポジションを持って約定するスイングトレードのスタイルだと、スプレッドの影響は小さくなります。このように、取引回数に応じてスプレッドの重要性は変わってくるのが特徴です。

レバレッジが上がってもスプレッド幅は変わらない

レバレッジが上がってもスプレッド幅は変わらない

レバレッジが高くなっても、スプレッドの幅が変わることはありません。円とドルの通貨ペアで1pipsのスプレッドになっている場合、100倍のレバレッジでも1000倍のレバレッジでもスプレッドは1pipsのままというわけです。100倍のレバレッジだからと言って100pipsのスプレッドに変わるわけではありません。

レバレッジをかけてもスプレッド幅が変わらないため、注文時に発生しているスプレッドのマイナス分は、レバレッジが10倍でも100倍でも同じ値動き幅でスプレッド分の損失を回収することができます。レバレッジは証拠金として資金を預けて大きな取引をするわけなので、スプレッドとは関係ありません。

レバレッジで取引量を上げるとスプレッドの含み損は大きくなる

レバレッジでスプレッドの幅が変わることはありませんが、レバレッジで取引量が変わるとスプレッドの損失額は変化します。

たとえば、1ドル100円の通貨ペアでスプレッドが1pipsだとします。1万の取引量だった場合、スプレッドの損失額は1pips×1万=100円です。レバレッジを10倍かけて取引量を10倍に増やすと、スプレッドの損失額は1pips×10万=1000円になります。レバレッジをいくら変えてもスプレッドが1pipsであることに変わりはありませんが、レバレッジで取引量を増やすとスプレッドの損失額は増えていきます。レバレッジをかけて取引量を増やし、スキャルピングをすると、レバレッジをかけずに取引する場合に比べてスプレッドで発生する損失は大きくなるわけです。

レバレッジとスプレッドの正しい知識を持つことが大事

海外FXではレバレッジもスプレッドも取引をする上で重要になります。特に海外FX初心者は、海外FXの高いレバレッジの仕組みを理解することや慣れるまでには時間がかかります。レバレッジの仕組みを理解して取引を行うことは利益を増やすだけでなく、リスクに備えることにもつながっていきます。

海外FX初心者は、レバレッジの高さやスプレッドの狭さだけにこだわって海外FX会社を選ぶのではなく、安心して取引できる海外FX会社選びをする方が大切です。レバレッジやスプレッドの仕組みは取引を重ねていくと理解できるようになります。取引の場数を重ねるという意味でも、最初はサポートがしっかりしている海外FX会社を利用する方が安心です。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ