国内FXと海外FXのレバレッジについて、大きない違いは?

国内FXと海外FXのレバレッジについて、大きない違いは?

FXの魅力と言えば、レバレッジをかけた取引です。少ない資金でも、レバレッジをかけることで大きな取引ができます。レバレッジをかけて上手に運用すれば、利益を効率的に拡大させることも可能です。国内FXと海外FXでは、レバレッジのルールが異なっています。今回はレバレッジの仕組みや、国内FXと海外FXのレバレッジの大きな違いにスポットを当てて紹介していきます。

ハイレバレッジ取引!GEMFOREX!

レバレッジの仕組み

レバレッジの仕組み

レバレッジは自分の資金を担保に、元手を水増ししてFX取引できる仕組みです。1万円の資金しかなくても、10倍のレバレッジを使えば10万円分の取引ができて、100倍のレバレッジを使えば100万円分の取引ができます。レバレッジが高くなるほど、取引量もそれだけ大きく増やせるわけです。

レバレッジを高く設定すればするほど利益も膨らみますが、反対に損失も大きくなります。大きなレバレッジをかけて常に取引をするのではなく、状況や投資する通貨ペアに応じてレバレッジを変えていくのがコツです。また、レバレッジは取引量を増やすだけでなく、取引量を変えずに投資額を減らす運用もできます。必要な資金が少なくなるので、損失のリスクを減らせます。

国内FXと海外FXは上限レバレッジに大きな違いがある

国内FXでレバレッジをかける場合、最大倍率は25倍となっています。昔から25倍だったわけではなく、最初の頃は自由レバレッジでした。200倍のレバレッジをかけて取引できる国内FX会社もありましたが、規制が厳しくなって2010年に最大レバレッジが50倍になり、翌年の2011年には最大レバレッジが25倍に引き下げられました。

海外FXにはレバレッジの上限がありません。そのため、100倍のレバレッジをかけて取引できる海外FX会社もあれば、海外FX会社GEMFOREXのように1000倍のレバレッジをかけて取引できる海外FX会社もあります。レバレッジに厳しい規制をかけている国は少なく、世界的に見ても日本のFXのレバレッジに対する規制の厳しさは珍しい例です。

海外FX初心者の中には、国内FX経験者も少なくありません。海外FXを始める理由として多いのが、国内FXと海外FXのレバレッジの違いです。レバレッジをより高くかけて取引できる海外FXの方が利益もより増やすことができます。国内FXのレバレッジは今後も上限の引き下げが検討されており、レバレッジの恩恵が増々受けにくい状態になっていくと予想されます。

国内FXと海外FXのレバレッジに大きな差が生じた理由

国内FXと海外FXのレバレッジに大きな差が生じた理由

FXの歴史で見ると、海外FXは昔も今も上限レバレッジが変わってないのに対し、国内FXは段階的に上限レバレッジが引き下げられています。国内FXのレバレッジの引き下げを主導しているのは金融庁ですが、引き下げの言い分としては個人投資家の資金を守ることです。レバレッジをかけるほど損失が大きくなるので、少しでも損失を防ぐという意味合いがあります。

高いレバレッジをかけて取引する怖さの一つに追証があります。追証というのは、急激な為替変動が生じたときに保有しているポジションがロスカットを飛び越えて、口座の残高が0円を下回った場合に発生する資金のマイナス分の支払い義務です。つまり、ロスカットが間に合わなかったことで借金が生じてしまい、それをFX会社に返済しなければならないわけです。

レバレッジが高いほど追証で受けるダメージは大きくなります。少しでも追証のダメージを軽減するためにレバレッジを引き下げるという金融庁の言い分も筋が通っているように見えます。しかし、海外FXには追証がそもそもありません。レバレッジが間に合わなくても、口座の残高が0円を下回った借金分に関しては請求しないゼロカットシステムが導入されています。

ここで、なぜ国内FX業者にゼロカットシステムを義務付けないのかという疑問が生じます。ゼロカットシステムを導入することでトレーダーは借金を背負うことがなくなるわけですが、代わりにFX業者がトレーダーの借金を肩代わりすることになります。FX業者にかかる金銭的な負担が増大し、経営危機になるリスクが高まるため、ゼロカットシステムの導入ができないわけです。当然、FX業者からの反発もあります。

トレーダーに追証の負担をかける代わりに、できるだけ追証にならないようレバレッジを引き下げて調整しているわけです。しかし、レバレッジが低くてもレバレッジをかけて取引をする以上は、追証のリスクが消えるわけではありません。追証のリスクを感じながら低いレバレッジで取引するよりも、追証のリスクを負うことなくのびのびと高いレバレッジをかけて取引する方が精神的にも良いです。

国内FXと海外FXは取引の違いからレバレッジの違いが生じる

国内FXが追証アリにしているのは、取引方法も関係しています。国内FXはトレーダーと国内FX会社の間で相対取引を行い、トレーダーの注文がすべてインターバンク市場に流れるわけではありません。トレーダーが出した損失分が国内FX会社の利益になり、トレーダーが出した利益分が国内FX会社の損失になるわけです。

海外FXはトレーダーの注文をインターバンク市場にそのまま流します。海外FXの利益はトレーダーが支払うスプレッドであり、トレーダーの取引回数が増えるほど利益が増大していく仕組みです。海外FX会社としては、追証でトレーダーに借金を背負わして再起不能にするよりも、最小限の負担に留めて再起してもらうメリットの方が大きくなります。このような取引方法の違いも、国内FXと海外FXのレバレッジの差を生む要因の一つになっています。

高いレバレッジは危険というイメージが先行して「海外FX会社=危険」と言うイメージが作られています。しかし、ゼロカットシステムがあることやレバレッジを変えて取引できることを考慮すると海外FX初心者でも安心して運用することができます。レバレッジを正しく活用すれば、リスクを減らして利益を最大化させる心強い味方になります。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ