GEMFOREXが勝手に海外FX会社の約定力(約定率)比較と約定スピード比較をしてみました。

勝手に 海外FX会社の約定力(約定率)比較と 約定スピード比較をしてみました。

FX投資をするときに、「約定力」「約定率」「約定スピード」という言葉をよく目にしたりします。 約定率比較することが大事と言いますが、それは個人投資家のみなさんが意図している「価格」や「タイミング」で取引が成立する確率を比較することを言います。約定力ある、または約定率が高いFX会社を利用すれば多くの時間帯で意図した価格で注文が成立しやすいというメリットがあり、その逆で約定率の低いFX会社を利用すると、「スリッページ」や約定拒否・リクオートが起こることを意味します。

FXトレーダーにとって「約定力」「約定率」「約定スピード」「スリッページ」「約定拒否」「リクオート」といったキーワードは、FX会社を選ぶ際、実際にトレードを行う際にかなり重要な意味を持ちます。この度、GEMFOREXが勝手に海外FX会社の約定力(約定率)比較と約定スピード比較をしてみました。海外FX会社の約定についてお知りになりたい方は、是非、当ページをご参考にしてみて下さい。

約定力に影響をあたえるスリッページのリスク

影響をあたえるスリッページのリスク

FX投資においてスリッページとは為替相場の変動などによって個人投資家のみなさんの注文時に指定したレートと約定するレートに差が出てしまうことです。個人投資家のみなさんが瞬間表示された為替レートで注文ボタンをクリックしたとしても、実際にFX会社のサーバーに届き、処理されるのにタイムラグが起こり遅れた時間になります。 その間に為替レートは動いてしまうからスリッページが発生してしまうことになります。

もちろん多くの個人投資家のみなさんがより多くの利益を出したいと思っているはずです。そのために出来る限りスリッページの発生しないFX会社を選択したいものです。多くの個人投資家のみなさんはFX投資においてスプレッドばかりを意識しているのではないでしょうか。いくらスプレッドが狭くてもスリッページやリクオートが頻繁に起こるようでは思い通りのFX取引などすることが出来せん。

そのとき海外FX会社も約定率比較をしてみましょう。国内FXを利用している人たちは、一見取引環境は良いように見えたとしても、約定率の低さによってスリッページや約定拒否・リクオートが起こり総合的に判断すれば環境は良くないということが出来ます。

国内FX会社はDD方式を利用している
国内FX会社の約定率の低さには注文方法が関係しています。個人投資家のみなさんが国内FX会社に依存して取引をしている場合、OTC(DD)方式という注文方法を利用していることになります。OTC(DD)方式とは、投資家とインターバンクの間にディーラーが介入する取引方法のことです。 (投資家とFX会社は「利益相反」の関係にある)そこではFX会社は個人投資家のみなさんが負ければ大いに儲けることが出来るシステムなので、不利なスリッページやリクオートも起こりやすいのです。

国内FX会社を利用した場合ですと約定率比較をして起こりにくいと言われている会社でも5%程度の確率でスリッページが起こり、19%もの確率でスリッページが起こるFX会社もあります。つまりほとんど5回のオーダーのうち1回はスリップするということです。このようなFX会社を利用して本当の意味でFX投資など出来るものでしょうか。 個人投資家のみなさんがどちらにスリップするのか判断出来ればいいのですが、スリッページとはそういうものではありません。

リクオートに関しても7.0%の確率で約定拒否が起こるFX会社があります。単純計算をすれば14回に1回はリクオートされてしまうということです。

海外FX会社はNDD方式を利用しているので約定に心配がない?

海外FX会社はNDD方式を利用している

OTC(DD)方式を採用している国内FX会社とは違い、海外FX会社のほとんどで使用している注文方法はNDD方式です。NDD方式とはノーディーリングデスクの注文方法であり、トレーダーが注文したらその通りに実際に売買をする取引方法なのでリクオートなどの心配をする必要がほとんどない方法なのです。

海外FX会社が儲けるためには取引量を増やすしかありません。そのために個人投資家のみなさんに儲けてもらう必要があり、つまりここでは国内FX会社のような利益の対立がありません。海外FX会社のNDD方式の場合は直接売買であり、あとはトレーダー自身の取引環境や、FX業者が用意しているプラットフォーム次第ということになりそうです。

NDD方式は更にSTP方式とECN方式の注文方法に分けることが出来、ECN方式の海外FX会社(GEMFOREXなど)を選択すれば「電子取引所」という場所でお互いに注文を出し合ってネット上で直接売買することが出来、リクオートなしを実現することが出来ます。

海外FX会社を利用したい理由は、オーダー執行率99.9%という海外FX会社が存在しているからです。FX会社自身の公表なので大げさな表現もあるかもしれませんが、実際の調査の結果でもおおかたは約定率は90%は超えているでしょう。 海外FX会社を選択すればほとんどのケースにおいてリクオートの問題は心配する必要はありませんので、更に約定率比較をして「執行率」が高く、「約定スピード」の平均値が早い海外FX会社を選択することで、よりスリッページがおきにくい海外FX会社を選択することが出来ます。

約定率比較 海外FX会社ランキング

ここでGEMFOREXが勝手に海外FX会社の約定率比較ランキングをしてみました。

まずは『LANDFX(ランドFX)』です。

平均値(秒)0.035 最高値(秒)0.010 オーダー執行率(%)98.22。
米ドル/円(pips)0.80 ユーロ/円(pips)1.50 米ドル/ユーロ(pips)0.80と、他のFX会社から乗り換えた個人投資家のみなさんはスプレッドの狭さでも驚かされているようです。初心者でも上級者でも満足のいくサービスが提供されているとのことです。

次にXM/XEMarkets(エックスエム)

XMの約定率は平均値(秒)0.336 最高値(秒)0.019 執行率(%)99.92です。
最大レバレッジ888倍というのもXM/XEMarkets(エックスエム)の最大なる魅力のひとつです。XM/XEMarkets(エックスエム)には超低スプレッド口座『XM Zero口座』も 新たに開設しました。

そして、Axiory(アキシオリー)

Axiory(アキシオリー)の約定率は平均値(秒)0.302 最高値(秒)0.297 執行率(%)99.84を実現しています。
全通貨高水準スプレッドがAxiory(アキシオリー)の魅力でもあり、全体的にバランスの取れている海外FX会社と評価はかなり高いようです。

次にTitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)の約定率は、平均値(秒)0.338 最高値(秒)0.015 オーダー執行率は99.97です。
続いて、TitanFX(タイタンFX)。TitanFX(タイタンFX)の約定率は僅差ですが、XM/XEMarkets(エックスエム)の執行率(%)99.92 にも勝っています。TitanFX(タイタンFX)は今後大いに期待出来る海外FX会社であるかもしれません。

最後にIFC Markets(アイエフシーマーケッツ)

IFC Markets(アイエフシーマーケッツ)は最低入金額は100円からOKで初心者にもおすすめ出来る海外FX会社です。最高値(秒)0.024(平均値(秒)0.401 執行率(%)98.95)という約定率であり、この海外FX会社も結構頑張っています。少額の予算でも大胆なハイレバレッジトレードを行うことが出来るというのも海外FX会社の大きな魅力です。

そして、当社GEMFOREXも約定率の高さでは、他社に引けず劣らずの海外FX会社の1つです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、GEM-TRADE Co.,Ltd社が運営している海外FXサービスです。無料で利用できるEAが多く用意されており、システムトレード派の個人投資家のみなさんにかなり重宝されております。

最大レバレッジ1000倍というのも海外FX会社GEMFOREXの大きな魅力として捉えることが出来ますが、GEMFOREXでは大手銀行の協力や、優秀な開発陣営により最高レベルのディーリングシステムを開発し、「意図的なリクオートはなし」の「0.78秒以内に99.79%の約定率」を提供しています。更に「オーダー執行率100%」がほぼ実現出来ております。

最近ではいかに低スプレッドでお客様に提供できるかを目標に掲げたFX会社が多くありますがGEMFOREXではみかけのものになってしまうリスクを抱えている低スプレッド競争には敢えて参加はせず、「本物の流動性提供」をするべく力を入れておりますので、約定率の高さにも拘っております。

勝手に海外FX会社の約定力(約定率)比較と約定スピード比較

FXの約定率について学んでみましょう!
FXは常に動いている相場を読んで投資をしますが、注文を出して決済されて利益につながります。本来なら注文をして決済されるタイミングの価格になるはずですが、利用するFX会社によっては大きくずれてしまうことがあります。常に値動きしているからそのような現象が起こるのは仕方ない部分はあるものの、会社によっては ...
失敗しない約定力のある会社の見分け方
FX取引では、スキャルピング方式が主流となっており、レートをチェックしてタイミングを見計らい決済させることで利益を得ることができます。しかし、実際に取引を進めていくとFX会社によっては注文した時のレートと約定した時のレートが異なることがあります。売り注文、買い注文のどちらから入ったときも注文と約定に ...
FXではスプレッドが手数料となる
FXのコストはスプレッドに集約されています。スプレッドはFX業者へ支払う手数料のことで、各通貨ごとに設定されており、売買注文を出す時にトレーダーが負担します。例えば、買い注文が1ドル100円、売り注文が1ドル110.005円の場合、スプレッドは0.5銭となります。スプレッドはレートに反映されています ...
スプレッドと約定率の関係性について考えてみました
スプレッドはFXにおける手数料のことで、売買する度に業者へ支払う必要があります。当然手数料が少ないほど高い利益を上げられるため、業者を選ぶ上で最も考慮すべきポイントと言えます。海外FXの業者はスプレッドの狭さが魅力で、レバレッジの高さと合わせ、少ない資金で大きな利益を上げられる可能性があります。しか ...
FXで指値と異なるレートで決済される理由
FXで指定した価格と違う値で取引が成立した経験は無いでしょうか?指値よりも低いまたは高いレートで約定し、利益が想定より少なくなったり、損失が膨らむことは決して珍しいものではありません。何らかの理由でスリッページが発生すると、指値よりも約定レートがずれてしまい、想定とは異なる損益になってしまうのです。 ...
ネットで書かれているリクオートが発生する海外FX会社を集めてみました
FX投資をすることはレバレッジ、スプレッドだけに注目をすればいいということではありません。そこでみなさんはリクオート・Requoteという言葉がどのような意味なのか理解しているでしょうか。quoteには「値段をつける」という意味があり、 Re(再び)のquoteということは「値段を付け直す」という意 ...
約定の仕組みについて考えてみました
FXで取引を行う上で欠かせないのが注文です。買い注文・売り注文を出し、反対売買することで利益を得ますが、注文が確定することを約定と言います。各種注文は、約定した段階で利益や損失が確定するため、仕組みを理解することが重要です。 ...