高い約定率はすべらないのか?

高い約定率はすべらないのか?

FXで取引する上で無視できないのがスリッページです。

スリッページは指値で注文が通らず、数銭ずれて約定してしまう現象のことを指します。例えば100円ピッタリで買い注文を出したのに約定価格が100円2銭だった場合、2銭ほどスリッページが発生しています。

このスリッページが起こることをFXでは"すべる"と言い、約定価格がすべらないよう対策を取る必要があります。スリッページによる影響は大きく、仮に不利な価格で約定すると損失が膨れることになります。

約定率が高いとすべりにくい

約定率が高いとすべりにくい

スリッページの発生頻度はFX業者によりますが、約定率を見れば把握可能です。一般的には、約定率が高いほどすべりにくく、逆に低い業者ほどすべりやすいため、約定率を確認すればスリッページの発生頻度をチェックできるのです。

約定率がそのままスリッページの発生頻度に影響するため、約定率とスリッページは切っても切れない関係と言って良いでしょう。ただし、約定率が高いと言ってもすべってしまう可能性は残されています。約定率が100%でもない限りは注意が必要になるでしょう。

約定率が高くてもすべる理由

約定率が高くてもすべってしまう理由は、急な相場変動によるリスクがあるためです。FXは相場が急激に動くことも多く、数分で数円変動することも珍しくはありません。特にスイスフランショックの時などは、各FX業者で取引停止になったり約定拒否が多発するなど、非常に混乱した状況になりました。

こうした相場の急変動が発生すると、FX業者のサーバーが注文を捌ききれず、数銭~数十銭すべってしまう可能性もあるのです。約定率が100%のFX業者でもこのような急変動に対応できない場合が多く、約定拒否やスリッページなどが起こる可能性も無いとは言えません。

サーバーの処理能力に影響される

また、約定率はFX業者のサーバー処理能力に左右される側面があります。前述の通り相場の急な変動時はもちろん、注文が集中した時などにサーバーが捌ききれないとスリッページが起こりますが、処理能力が低いサーバーを使っているFX業者も中にはあるのです。

逆に大量の注文を捌けるサーバーのFX業者なら、指値で注文が通ることも珍しくありません。約定力が高いため余分なコストを支払う必要もなくなるでしょう。

約定力が高く、めったにすべらないFX業者の多くはサーバーの処理能力が高くなっています。逆にすべりやすい業者は処理能力が低い可能性があります。例えば急変動が発生した際でも約定拒否が起こりにくい業者なら、約定価格がすべることはほとんど無いと言えるでしょう。

スプレッドが広い業者は約定率が高い

スプレッドが広い業者は約定率が高い

また、スプレッドが広いFXの業者は約定率が高い傾向にあります。スプレッドはFXにおける取引手数料ですが、スプレッドが広いとコストが高くなる反面、業者の資金力が高くなり、サーバー増強などに十分な費用を投資できるのです。

その一方でスプレッドが狭いFX業者の場合、トレーダーはコスト削減という恩恵を受けられますが、業者の資金力は上記のケースより低くなります。サーバー増強も中々できず、大量に注文が集中した時などは捌ききれなくなるリスクが高いのです。結果的にすべってしまうため、見た目以上にコストを支払う羽目になります。

特に日本の場合はスプレッドが非常に狭い業者が多く存在します。しかしサーバーの処理能力が高いとは限りませんので、約定率もしっかり確認する必要があります。

ある程度はすべる

約定力が高いFX業者は多くありますが、約定力が高くてもすべる可能性は捨てきれません。1~2銭程度なら許容範囲といえますが、業者のサーバーの処理能力がパンクするとそれ以上すべるリスクもあります。どの業者で取引するにせよ、ある程度はすべると考えておいたほうが良いでしょう。

スリッページのリスクを抑えるなら約定力・スプレッド・サーバー処理能力の3点に注目しましょう。いずれも重要な要素です。スリッページをゼロに抑えることは難しくとも、すべるリスクを減らせる可能性があります。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ