約定しない場合って?

FXでトレードを行なうと、いくつかの注文方法で取引を行えます。どのFX業者を使うとしても、注文した値で約定しポジションを持ち売買できるのが理想です。しかしどのような場合でも必ず注文した値で約定できるとは限らず、注文通りに約定しない場合があります。

スリッページが発生する場合

スリッページが発生する場合

FXで売買注文を出すと、指定値では約定せず、希望の価格で取引できないことがあります。 その希望の価格と実際に約定した価格の差をスリッページと言い、すべるなどとも言われます。

相場では価格は常に変動しているので、発注を行ない約定するまでの少しの間に、価格の変動が起こり、スリッページが発生します。 スリッページが起きると、たとえばドル円で120.110円で成行注文を出したのに、120.120円で約定したと言うようなことが起きます。

スリッページは、そのFX業者のサーバーのスペックが低く、トレーダーの注文を処理する能力が低い場合、またはサーバーのスペックが高くても注文数が多く対応できない場合、さらには雇用統計などで大きく価格が乱降下し、約定時には注文時の価格になっていない場合などの原因で起こります。

ただどのようなFX業者にしても、注文時にスリッページの許容範囲を設定できるようになっています。 たとえば、注文時の価格の10銭以内の価格ならば約定する、というような設定ができます。 120.110円の時に注文を出し、10銭以内のスリッページの許容範囲ならば、120.100~120.120円の範囲であれば約定します。

約定するかどうかは、スプレッドに関係する

どのFX業者を使うにしても、使用する通貨ペアによってスプレッドはいくらと決められています。 たとえばドル円が1通貨で0.3銭のスプレッドが発生するとします。

120.110円で買い注文を出し、注文通りの120.110円で約定すれば、スプレッドは1通貨で0.3銭となります。 しかしスリッページが発生し、120.120円で約定すれば、1銭のスリッページが発生していることになります。

ここでたった1銭のスリッページだから、問題ないなと考える人は、FXで利益を出すのは難しいかもしれません。

FXでの売買は最低取引単位が決まっているので、多くのFX業者では1万通貨が最低取引単位となります。 1万通貨で0.3銭のスプレッドならば、手数料は30円です。 これが1万通貨で1.3銭のスプレッドとなると、手数料は130円となります。

もしも1回しか売買を行なわないというならば、これぐらいの手数料の差はそれほど大きくはないです。 しかし100回売買すると、スリッページなしでは3,000円の手数料となりますが、1銭のスリッページが発生すれば13,000円の手数料になります。

FXで長くトレードを続けていくならば、そのFX会社は注文の値で約定するのか、約定せずスリッページが発生するのか考えて使っていかないとなりません。 処理能力が高いサーバーを使用し、多くのカバー先の金融機関を持つFX業者ほど、約定しやすくスリッページも発生しにくいです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ