約定率とサーバの関係性について考えてみました

約定率とサーバの関係性について考えてみました

スリッページは注文価格と約定価格の差を表すものですが、損益にも影響するため極力スリッページの発生を抑えることが重要です。約定率はスリッページの発生頻度を表現するものであり、約定率が高ければ高いほど指値(注文価格)通りに約定していることを意味します。

トレーダーを悩ませるスリッページですが、約定率の高いFX業者を利用すればリスクを抑えられます。しかし、約定率の高低は何が影響しているのでしょうか?その裏には、FX業者のサーバーが深く関わっているのです。

サーバーと深い関係にある

サーバーと深い関係にある

スリッページの発生頻度はFX業者のサーバーが左右すると言っても過言ではありません。すなわち約定率の高低にも影響を及ぼしており、サーバーの安定性や処理能力が約定率を決めると言っても良いのです。

仮に不安定で処理能力が低いサーバーと、安定性・処理能力に優れたサーバーがあったとすれば、約定率は後者のほうが高くなります。

処理能力が低いと約定率が低い

FXの注文が約定するまでには、各FX業者が運営するサーバーを経由します。しかし各サーバーは常にトレーダーの注文を処理しており、時間帯や相場の状況によっては注文が集中するのです。

当然ながら一定数の注文を処理できるキャパシティを持っていますが、仮にこのキャパが超えた場合、サーバー側で注文を処理しきれなくなり、注文が執行待ちとなってしまいます。その間にもレートは動いていますから、いざ注文が約定したと思ったら指値とは異なるレートで約定してしまうのです。指値と違うレートで約定した場合、スリッページが発生しています。

FX業者のサーバーの処理能力が低いと、こうしたスリッページは日常茶飯事です。許容スリッページを設定できる業者も少なくありませんが、それを超えてすべった場合は注文が約定しなくなります。トレーダーに不利なレートで約定しないよう、一種の防衛策として許容スリッページが設けられているのです。

裁量トレードであれば手動決済で済む話ですが、自動売買(システムトレード)ではそうもいきません。許容範囲を超えてすべった注文は約定しませんから、利益を取り逃すおそれがあります。あるいは損失が膨れ上がるリスクも高まるでしょう。

処理能力に優れたサーバーなら約定率が高い

処理能力に優れたサーバーなら約定率が高い

逆に処理能力が高いサーバーを利用した場合は、上記とは逆の現象が起こります。許容スリッページを超えることもなく、注文のほとんどは指値通りで約定します。例えば1ドル110円で指値注文を出した場合、ピッタリ110円で約定することも珍しくはないのです。

約定率が高いFX業者でも、注文が集中すると若干すべるリスクはありますが、許容スリッページの範囲内で約定します。許容範囲を超えてすべったり、約定できずに終わることもめったにありません。スイスフランショックのような出来事が起これば話は別ですが、それでも処理能力が低いサーバーと比べてしっかり約定するでしょう。

バックボーンの影響を受ける

また、約定率はサーバーの処理能力だけでなくバックボーンの影響を与えます。バックボーンとは、サーバーと接続されているネットワーク回線の通信速度・容量のことです。FXの場合、業者のサーバーを経由してインターバンク市場へ注文が流れるまでの速さに影響します。

バックボーンがしっかりしたFX業者であれば、ほとんどラグがなく即座に注文がインターバンク市場へ流れます。そして注文がすべることなく即時約定するのです。

しかし、サーバーの処理能力が優れたFX業者でもあっても、バックボーンが貧弱ではスリッページが起こる頻度は多くなります。トレーダーにとっては狙った価格で約定することが重要ですが、バックボーンが弱いと許容スリッページを超えて取引が成立しないリスクもあるのです。

サーバーと強い関係性を持つ約定率

サーバーと強い関係性を持つ約定率

約定力の高さはサーバーと深い関係にありますが、処理能力とバックボーンが大きく影響しています。いずれかが優れているだけでは、高い約定率を実現することは不可能と言えるでしょう。

近年は約定率の高いFX業者が多く、以前ほど意識する必要はなくなりました。約定率90%超えはもはや当たり前の領域で、100%をうたう業者もあるほどです。サービス内容を重視してFX業者を選ぶユーザーが多いことも影響しているでしょう。

しかし注文が集中した時や相場の急激な変動時、市場のショックなどに対するリスクを考慮した場合、約定率を重視して業者を選ぶことも間違いではありません。特にリアルタイムにレートが変動し、何が起こるかわからない為替市場においては約定率の重要度が高いといえるでしょう。

中でもMT4などの自動売買は、注文から決済までシステム任せです。全てEAに任せっきりですから、サーバーの処理能力とバックボーンに優れたFX業者を選ぶべきでしょう。約定率が高い(サーバーが強い)業者を選んだほうがシステムダウン・相場の変動リスクを抑えられます。自動売買を始めるなら、FX業者の約定率を一度確認してみましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ