約定価格と取引価格の違い

約定価格と取引価格の違い

FXをするためにはFX会社に申し込みをして口座の開設をする必要があります。FX市場は巨大な市場なので、個人でトレードすることはできず、FX会社がトレーダーから集めたお金で運用しています。

FX会社の経営が成り立つのは、トレーダーから一定のマージンを集めることによります。一回あたりの取引に対してかかってくる取引手数料は無料のところが多くなっているので、スプレッドによる手数料が主な収入源となります。

FXをする場合は、スプレッドの影響も考慮しなければなりません。スプレッドがあることによって約定価格と取引価格にも違いが生じるので、それぞれの違いを理解して取引を進めていきましょう。

約定価格とは?

約定価格とは?

FXをしていると約定という名称を目にする機会が多くあります。約定というのは、FX取引において売買が成立することを言います。基本的にFXは相対取引になるため、買い手と売り手がいるので、それぞれの取引が成立することで約定されます。チャートに提示されているレートで注文を入れて約定する金額を約定価格と言います。

FXをする場合は口座の開設をしているFX会社の取引ツールを利用して取引をするのが一般的です。専用のチャートを見ながら決済したいタイミングで注文を入れます。しかし、注文を入れてそのままFX市場で約定されるわけではありません。カバー先となる金融機関に注文を入れてから注文が受理されると約定になります。

カバー先の金融機関を通して取引をするため、注文通りに約定されないこともあります。注文したレートと約定された時のレートが異なる現象のことをスリッページと言い、国内FX会社で取引をする場合は取引方法の関係からスリッページが起こりやすい特徴があります。

また、注文を入れたのに約定を拒否されてしまうことや違う価格で提示されるリクオートが起こるケースもあります。そのため、約定価格は注文のタイミングの価格と異なるケースがあるため、約定力が高いFX会社を選んで取引するトレーダーも少なくありません。

約定価格と取引価格の違いはスプレッドが関係

FX取引で注文を入れる場合に、売り注文の場合も買い注文の場合も最初は一定のマイナスが生じているのが普通です。このマイナス分がFX取引におけるメインの手数料になり、取引数や通貨ペアの安定性などによって設定されているスプレッドは異なります。

約定価格にスプレッドを加味したものが取引価格になるため、約定価格と取引価格には違いが生じます。設定されているスプレッドが小さいほど、約定価格と取引価格の差も小さくなる特徴があります。

ちなみにスプレッドが小さくても、注文した通りに約定されずに違うレートで決済されてしまうとコストは増えます。スプレッドが小さいことでトレーダーのコスト面での負担が少ないように感じても、約定価格と取引価格の差は大きくなるので見えないコストは増えてしまっています。

カバー先と取引価格の関係

カバー先と取引価格の関係

FXをする場合に、複数の金融機関をカバー先として取引をすることで売買成立が実現します。最適なレートを提示する金融機関が多いほどトレーダーには有利になるので、カバー先が多いほど理想の取引価格に近付きます。

このようにカバー先との相対取引はDD方式と呼ばれ、国内FX会社でFX取引をする場合だと多くのケースでDD方式になります。一方で、海外FX会社の場合はFX市場との直接取引であるNDD方式の取引になるため、カバー先によらず提示されるレートで注文をかけて約定させることができます。

透明性で見るとNDD方式に軍配が上がりますが、スプレッドは高めで設定されているので約定価格と取引価格の差は大きくなります。しかし、DD取引の場合だとまったくFX市場にお金が流れないで業者が呑むこともあることを考えると、FX取引における透明性はかなり重要な要素です。日本語対応してない海外FX会社をわざわざ探して口座の開設をして取引をするトレーダーがいるのも、レバレッジの高さだけでなく約定力などを考慮していることが理由としてあります。

決済させるルール

レートを見ながら約定させるとスリッページやリクオートが発生するケースがあります。このようなトレーダーに不利益な取引を避けるための方法としてあるのが、指値注文や逆指値注文のように指定のレートをあらかじめ決めておいて、そのレートに達した段階で約定させることです。

指定して取引をすることで約定と決済のレートがずれる可能性を下げることができます。しかし、スリッページが起こる可能性を示唆しているFX会社だとレートが激しく動いている時に指値や逆指値の注文を入れていると約定と決済にズレが生じる可能性もあるので注意が必要です。

注文通りに決済させたいなら、約定力が高いFX会社を選んで取引することが有効な方法です。海外FX会社だとスリッページやリクオートが起こらないところも多く、約定力の高さを売りにしているところも少なくありません。ただし、国内FX会社と違ってその国のルールに基づいての取引になることや、会社自体の数も多いので悪質なFX会社を利用してしまってトラブルになってしまう可能性もあります。海外FX会社を利用する場合は約定力の高さや日本語サポートの有無、レバレッジの高さなど総合的なバランスを見て決めるようにしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ