約定ルールとカバー取引

国内FXでは相対取引を導入しており、海外FXではNDD取引を導入しています。国内FXの経験がある海外FX初心者の方の中には、透明性が高く安全な取引がしたいという理由で、国内FXから海外FXに移行するトレーダーも増えています。この二つの取引の違いにおいて、海外FX初心者がまず知っておきたいのが、約定ルールとカバー取引です。

カバー取引とは?

カバー取引とは?

国内FXで導入している相対取引は、トレーダーから受けた注文を国内FX会社が呑んで行う取引です。つまり、トレーダーの注文は為替市場に流れることなく、国内FX会社との間で取引が完結しているのです。トレーダーが相対取引で利益を出すと、その利益分を国内FX会社が負担します。逆に、トレーダーが相対取引で損失を出すと、その損失分が国内FX会社の利益になるわけです。

国内FX会社とトレーダーは利益相反の関係にあります。トレーダーが勝ち続けてしまうと、国内FX会社の損失は膨らみます。トレーダーの注文をすべて呑むことにリスクが大きいと考える国内FX会社が、勝率の高いトレーダーの注文をカバー先の銀行や証券会社に対して注文し、リスクヘッジさせるのがカバー取引です。

勝率が高いトレーダーの注文はカバー先にそのまま流し、勝率が低いトレーダーの注文を呑むことで国内FX会社は損失を減らして利益を増やすことができるわけです。勝率の高いトレーダーと勝率の低いトレーダーの分別は、プログラムがトレード成績を解析して自動的に行っています。単純な成績だけでなく、残高の伸びやトレードの儲け額、トレードスタンスなどの情報も加味して解析しています。

カバー取引が与えるスプレッドへの影響

相対取引ではトレーダーの損失が生まれると、それが国内FX会社の収入になるので、スプレッド以外の利益が発生することになります。海外FXのスプレッドが国内FXに比べて高いのは、海外FX会社の収入はスプレッドがメインだからです。国内FX会社は相対取引による利益があるので、スプレッドを低くすることができます。

カバー取引を行う場合だと、カバー先に流す注文には取引コストが生じます。そのため、カバー先が多くなればなるほどスプレッドは高くなるのが特徴です。カバー率が100%の国内FX会社だと、海外FXのスプレッドとほとんど変わらないスプレッドでサービスを行っています。国内FX会社が提供しているスプレッドで大まかなカバー率もだいたい分かります。

カバー取引における約定への影響

カバー取引における約定への影響

国内FXでは注文したにも関わらず、約定しない約定拒否が起こる場合があります。為替レートが大きく動いたタイミングの注文で約定拒否の発生が多く、約定拒否によってチャンスを逃すことや大きな損失が出ることもあります。約定拒否が国内FX会社で起こりやすいのも、相対取引を導入していることが原因です。

国内FX会社は相場が大きく動くときはリスクを減らすためにカバー取引を行います。しかし、相場が大きな動きをしているときはインターバンク市場でもカバー取引が不成立になる可能性が高くなります。当然、カバー取引が不成立になると国内FX会社がトレーダーの利益を負担しなければなりません。それを避けるために約定拒否をするのです。

また、注文したレートとは違うレートで約定するスリッページが頻発するのも国内FXの特徴です。約定拒否の場合と同じように、国内FX会社にとって不都合な状態になったときにレートをずらし、FX会社の損失を減らす形で意図的なスリッページを引き起こすこともあります。

カバー取引と約定ルール

国内FX会社の多くは相対取引であることを理由に、スリッページや約定拒否も仕方がないというスタンスです。国内FX会社の約定ルールにも、スリッページや約定拒否に対して明記があります。スリッページや約定拒否が起こることを前提に取引するように記載されています。その代り、低いスプレッドでFXができる環境を作るというのがFX会社の言い分です。

スプレッドが狭いほど取引コストは小さいので魅力的に感じます。しかし、スリッページや約定拒否によって本来確定するはずだった利益が無くなることを考えると、スプレッドが狭くてもトータルコストは少なくありません。また、約定拒否やスリッページが起こる理由もカバー取引ができないという理由だけとも限らず、利益のために意図的に起こしている可能性もあります。どちらにしても、約定拒否やスリッページの理由をトレーダーが知ることはできません。カバー取引をする以上、スリッページや約定拒否も受け入れることが相対取引における約定ルールなのです。

海外FXは約定力が高く安心

海外FXで導入しているNDD取引は、インターバンク市場に直結し、トレーダーの注文をそのまま市場に流します。海外FX会社の利益は取引ごとに発生するスプレッドであり、顧客の取引回数が増えるほど海外FX会社も潤うシステムです。トレーダーが勝てば勝つほど、活発的に取引をするので、トレーダーが儲けるほど海外FX会社も儲ける仕組みになっています。

そのため、海外FXは意図的にスリッページやリクオートを発生させる必要がありません。スプレッドが広くても約定力が高いことで、国内FXよりもトータルコストは小さくなる場合もあります。海外FX会社の中には約定率が99%以上になることを約定ルールとして盛り込んでいるところもあります。海外FX初心者にとっても、注文通りに約定できる方が安心です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ