スリッページ許容幅と約定失効の関係

スリッページ許容幅と約定失効の関係

FXはリアルタイムにチャートを見ながら注文をする方法や、逆指値注文のように、あらかじめレートを指定して注文する方法もあります。本来なら注文通りに約定するはずですが、レートが刻々と変化していることから、為替相場が激しく動いているときは注文と約定までにタイムラグが生じて、注文とは違うレートで約定することがあります。この現象が「スリッページ」です。スリッページを防ぐ方法はあるのでしょうか?

GEMFOREXなら99.79%の約定率が実現!

スリッページの許容範囲を設定する

スリッページの許容範囲を設定する

国内FXに比べて海外FXはスリッページの発生率が少ないです。スリッページが少ないので注文通りに約定させることができる確率を示す約定率も高くなっています。しかし、どんな海外FX会社でも約定率は100%にはならず、99%と表示している海外FX会社がたくさんあります。約定率が100%にならないのは、急激な為替変動でスリッページが起こる可能性があるからです。

為替変動が大きいときは利益が膨らみやすい反面、相場の動きと反対のポジションを持っていると損失が拡大します。そのような状況の中でスリッページが起こると、ロスカットのラインまで滑って大損失を被るリスクがあります。スリッページがもたらすリスクに備えるために有効なのがスリッページの許容範囲の設定です。

スリッページの許容範囲というのは、あらかじめスリッページが起こったときに○○pipsまでなら許容し、その範囲を超えるスリッページは許容しないというものです。つまり、スリッページの許容範囲を超えてしまうと約定はしないことになります。スリッページが頻発する国内FX会社では、ほとんどのFX会社でスリッページの許容範囲が設定できます。

海外FXの場合、独自のプラットフォームを使っている国内FX会社と違い、取引に使うプラットフォームは共通してMT4を使っています。MT4でも画面上部の「ツール」から「オプション」を選択し、「取引」タブを選択すると、スリッページの許容範囲の設定ページに進みます。ここで価格誤差のデフォルトをデフォルト指定にし、スリッページの許容範囲を設定します。

スリッページの許容範囲幅が狭いほど約定失効率は上がる

スリッページの許容範囲の幅が狭くなると、約定失効率は上がる関係性にあります。特に差が大きいのはスリッページの許容幅0pipsと許容幅1pipsです。スリッページの許容幅が0pipsで約定率が80%のFX会社があった場合、スリッページの許容幅を1pipsにするだけで約定率が90%を超えることもあります。

スリッページの許容幅が小さいと、スリッページによる損失を受けるリスクは小さくなります。一方、少しでもスリッページが発生すると約定しなくなるので、注文がなかなか入らないデメリットもあります。海外FXのようにスキャルピングでどんどん注文を入れて約定させていく手法だと、効率よく注文が入らないのは致命的です。

スリッページの許容幅は0であることが望ましいですが、約定失効率が10~20%を超えてくるならスリッページの許容幅は1以上で設定していく必要があります。ただし、スリッページの許容幅を広げてしまうと、スリッページが発生したときの損失は大きくなります。

スリッページの許容幅は状況に応じて変えるのがポイント

スリッページの許容幅は状況に応じて変えるのがポイント

スリッページの許容幅は一定にするのではなく、取引の方法や相場の状況に応じて変えていくことが大事です。

値動きが小さい相場

値動きが小さく安定しているときは、0pipsから0.5pipsの間でスリッページの許容幅を設定していきましょう。ドル円のペアや、ドルユーロのペアのように、特に安定性の高い通貨ペアなら0pipsのスリッページ許容幅で問題ありません。この状況下でスリッページが起こる場合はFX会社が意図的にスリッページを引き起こしているとしか考えられません。

スキャルピング取引

海外FXはハイレバレッジ&スキャルピングで利益を積み上げる手法が主流です。スキャルピングは一回あたりの取引で得られる利益が小さいため、スリッページが発生すると利益がほとんど無くなってしまいます。スリッページの許容幅を広げて約定させるより、スリッページの許容幅を縮めてスリッページの発生頻度を減らすことのメリットの方が大きいです。ですので、スキャルピングの場合はスリッページの許容幅を0.3pips以下にするのがおすすめです。

値動きが大きい相場

値動きが大きいときは無理せず場が落ち着くのを待つのもいいですが、トレンドに乗ると利益を一気に積み上げるチャンスです。相場が大きいときはスリッページの発生頻度が増えて、スリッページの幅も広がります。値動きが大きい相場のときは、5~10pipsに設定するのがおすすめです。

海外FX初心者は約定率を重視して海外FX会社を選ぶ

スリッページの許容幅と約定失効の関係を紹介してきましたが、そもそもスリッページの頻度が少ないならスリッページのことを気にする必要はありません。海外FXは約定率が高いところが多いですが、その中でもより約定率が高い海外FX会社を選ぶことで、スリッページによる損失は減らすことができます。

海外FX会社のGEMFOREXでは、リクオートや約定拒否の追放宣言をし、0.78秒以内に99.79%の約定実現をしています。スリッページの頻度が少ないだけでなく、注文が拒否されることや他のレートで再提示されるようなこともありません。ウェブページやサポートもすべて日本語なので、海外FX初心者もストレスなく海外FXを始めることができます。このように、約定率の高さに加え、海外初心者が安心して取引できる環境が整っている海外FX会社選びも大切です。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ