海外FX業者のスプレッド変動幅について考えてみました

海外FX業者のスプレッド変動幅について考えてみました

FXは買い注文・売り注文どちらから入っても手数料が上乗せされる仕組みになっています。

この手数料をスプレッドと言い、国内FX会社で取引をする場合は原則固定でスプレッドが決まっています。国内での取引は相対取引になるので、実際の市場取引で売買されるわけではなく、リスクが低いことによって固定にすることができるのです。国内だとスプレッドが利益にそのまま直結しますが、他社との競合もあるため一定の範囲内で落ち着いています。

海外FXの場合だと直接的な市場売買取引が基本になるので、スプレッドは固定ではなく変動が中心になります。国内の固定スプレッドによるFXに慣れている人はスプレッドの変動に戸惑うこともありますが、固定スプレッドよりも低い値を示すことも少なくありません。スプレッドの変動幅は海外FX会社によっても変わります。はじめて海外FXをする人はスプレッドの変動幅について考えてみましょう。

海外FXでスプレッドの変動幅が大きくなるタイミング

海外FXでスプレッドの変動幅が大きくなるタイミング

変動スプレッドの取引では取引量に応じてスプレッドの変動幅が変わります。取引量が多くなってくるとスプレッドは狭くなるので、取引のピーク時を中心に投資する人は海外FXの利用メリットが高くなります。一方で、取引量が減ってくるとスプレッドの幅は広がってくるので固定スプレッドの取引の方が結果的にスプレッドは縮小します。

スプレッドが取引量に応じて変動する理由は、注文が増えることによってブローカーの仲介取引が増えるからです。取引が少なくなってくるとブローカーに入ってくるお金が少なくなるため、スプレッドの幅を広くして一回の取引で入ってくる手数料を増やします。常に変動しているので、時間だけでなく市場が活発になっている場合もスプレッドの幅は狭くなります。

ただし、一定の取引量を超えてくると次はブローカーが十分に対応することができなくなり、スプレッドを広げて市場取引の熱を冷ませようという動きが出てきます。重要な経済に関する発表が政府からあった場合や大手企業が倒産するなど世界規模で経済に大きな影響を与えそうな場合もスプレッドは広くなります。

変動スプレッドの見極め方

変動スプレッドは固定スプレッドと異なり、常に変動しているため見極めるためには指標となるものが必要です。

スプレッドの変動幅がもっとも小さい値で取引をすることでコストを減らすことができます。海外FXの目的として固定スプレッドと比較して最小値が小さいことを理由として投資する人も少なくありません。

海外FX会社のウェブサイトにもスプレッドの最小値が記載されているところがありますが、大切なのは最小値よりも平均値を参考にすることです。最小値の低さを売りにして投資家を集めている会社は少なくありません。スプレッドが常に変化していることを考えると平均してどれくらいの値で取引ができるのかを参考にする方がトータルでの損失は少なくなります。変動スプレッドによる取引においてはリアルタイムスプレッドの参考もあまり意味がなく、低い値を示していても数分後には大幅にスプレッドの幅が広がってしまうことも珍しくありません。

変動スプレッドの平均値を固定スプレッドと比較することによって、トータルしてどちらの方が小さなスプレッドで取引することができるのかもわかります。ただし、0と10の平均が5、3と7の平均が同じ5となるように、平均値だけで変動スプレッドの幅はわからない点に注意が必要です。最小値が小さいほど相反して最大値が大きい可能性を含みます。同じ平均値でもリスクを軽減して取引をするならスプレッドの最小値と最大値の差が小さいほどよく、コスト削減を重視して取引をするならスプレッドの幅は広い方がよいでしょう。

海外FXは固定スプレッドと変動スプレッドのどっちがいい?

海外FXは固定スプレッドと変動スプレッドのどっちがいい?

海外FXは変動スプレッドの採用をしているところが多いのですが、固定スプレッドで投資ができるところもあります。

変動スプレッドにメリットを感じて海外FXをする人が多い中で、固定スプレッドに対応している海外FXにもいいところがあります。固定スプレッドと変動スプレッドの一長一短を理解し、スプレッド比較をしてから投資スタイルを考えることも大切です。

固定スプレッドは市場の平素の状態だけになっているところも多く、市場相場が大きく動くときはスプレッドが広がってしまいます。市場変化が大きいときもスプレッドの固定をするならスプレッドの幅は平素の状態でもかなり大きくなるのでメリットはあまりありません。ただし、利益確定にかかるコストがわかりやすいことや計算もしやすいなどのメリットはあります。変動スプレッドの幅が広がりやすい午前中の取引が多い人やスプレッドの変動リスクに備えたい人には固定スプレッドがよいでしょう。

コストを重視して効率よく収益をあげたい人は変動スプレッドがおすすめです。スプレッドの幅が広くなるタイミングはある程度予測することもできるので、スプレッドの幅が広がることに対しての備えも投資の方法によってはある程度できます。低いスプレッドでスキャルピングをどんどん行いたい人や市場が活発なときにトレードをどんどんしたい人も変動スプレッドは適しています。

海外FX初心者が変動スプレッドで取引をする場合は、スプレッドの幅が狭くなるタイミングと広くなるタイミングを理解することが大切です。通貨ペアによってもスプレッドは大きく異なり、取引数や通貨の信用性によっても変わります。円とドルのように安定した取引がされているペアならスプレッドの幅も小さくなります。取引の中心となる通貨ペアの相対的な固定・変動スプレッドの幅もチェックしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ