スプレッドについて考える、狭い=低コストは間違い?

スプレッドについて考える、狭い=低コストは間違い?

スプレッドはFXにおける手数料の部分にあたり、取引手数料が無料でFXができるFX会社ところはスプレッドが収入のメインになります。

ちなみに、売り注文から入る場合も、買い注文から入る場合も約定した時点でマイナスになっていますが、この差額分をスプレッドと言います。マイナスが大きくなると、それだけ買い注文と売り注文の差が広がるため、英語で広さを表すスプレッドという名称が使用されています。

スプレッドの広さは通貨ペアに対しての信頼性にも関係してきます。スプレッドが狭い場合だと、口座の開設をしているFX会社に入ってくる一回あたりの取引手数料は小さくなりますが、FX取引に対しての信頼性から狭いスプレッドにできる意味でもあります。言い換えればリスクが低いことにもつながります。

いろいろある通貨ペアの中でも円やドル、ユーロの組み合わせがスプレッドの狭いペアです。これは、取引をしている人が多いことや安定性の高い通貨であることから、急に値動きすることが少なく、トレーダー側もロスカットのリスクが小さいことで、スプレッドを狭く設定することができます。

スプレッドの狭さでFX会社を選ぶ傾向にある

スプレッドの狭さでFX会社を選ぶ傾向にある

FXのコストで一回あたりの取引手数料が無料だった場合に、次に注目する要素はスプレッドです。

スプレッドが小さいとそれだけFXのコストを下げることができるからです。スプレッドによって注文した時点で一定のマイナスが出てしまっているわけですが、プラスに転じるまでの値動きを待たないといけないことを考えると、スキャルピングのように数分単位で取引をするFXならスプレッドの低さはより重要です。

FX会社をネットで探す場合に、それぞれの会社のウェブページにアクセスをするとトップページにスプレッドの記載があるのが一般的です。トレーダーが狭いスプレッドを望んでいることを知っているので、スプレッドに力を入れているところは積極的にアピールしています。

変動スプレッドに注意しよう

スプレッドが低く設定されているFX会社の多くは、変動スプレッドと言って取引をするタイミングによってスプレッドが変化する仕組みになっているので注意しなければなりません。例えば、0スプレッドからFXができると謳っているFX会社で口座の開設をして取引をしようとしても、常にスプレッドがゼロではないためので、取引したいタイミングで高いスプレッドに変わっている可能性も十分にあります。

スプレッドが変動する要因にはいろいろあり、取引が活発に行われている場合や経済指標の発表などがあってレート変動が大きくなることが予想されている場合は、リスク低減のためにスプレッドを広げて対応する必要が出てきます。

一方で、取引数や経済指標の発表時でもスプレッドが変動しない固定スプレッドの導入をしているところもあります。この場合、スプレッドが広がりやすいタイミングでもスプレッドが平素と変わらない強みがありますが、取引が安定してスプレッドが相対的に狭くなっている場合もスプレッドは狭くならず一定です。

スイングトレードや指標発表時にレートが大きく動くタイミングだけを狙ってFXをするトレーダーからすると、固定スプレッドで取引をすることのプラス要素はあります。一方、スキャルピングやデイトレードのように、一日に何度も取引をするトレーダーからすると固定スプレッドで取引をすることのメリットはありません。このように取引スタイルによってスプレッドが固定か、それとも変動の方が良いのか変わります。

FXはスプレッド以外に見えないコストがある

FXはスプレッド以外に見えないコストがある

FXをするためにはFX会社や証券会社で口座の開設をして、会社を通しての取引になるのが一般的です。サービスを提供している会社側も多くのトレーダーを集めてFXを運用することになるので、サポートや直接的な取引に対しては多大なコストがかかります。

スプレッドが狭いことはトレーダーにとって喜ばしいことです。しかし、FXを運用する側からするとコストを十分に回収することができてないことでもあります。そのため、極端に狭いスプレッドに設定しているところでは、見えないコストを発生させているところがあります。

この見えないコストにあたる部分がスリッページになります。

スリッページというのは、注文をかけた時のレートと約定した時のレートが乖離する現象です。サーバーやシステムが追い付かないことによって生じるスリッページもありますが、スリッページを意図的に発生させて差額分を収入にしているところは意外と少なくありません。

狭いスプレッドだからと言ってコストが低いわけではない

見えないコストの存在を考えるとスプレッドの狭さよりも約定力の高さ、サービスのバランスを考える必要があります。GEMFOREXは、激化するスプレッド競争に最初から参加しておりません。トレーダーにとってスプレッドが狭いことが決してFXの低コストにつながるわけではないからです。

また、国内FXの場合だと独自のプラットフォームを使って取引をするところが多く、レートそのものが改変されてもトレーダーが変化に気付かずに不利な取引をしてしまうことがあります。

GEMFOREXはMT4という開かれたプラットフォームで取引ができるため、透明性は高くスリッページもほとんど起こりません。スプレッドだけがコストではないことを考え、総合的なサービスのバランスでFX会社選びをすることが大切だといえるでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ