勝手に海外FX会社のFXOpenとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

勝手に海外FX会社のFXOpenとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

FX取引において、どこのFX会社で口座の開設をして取引するのかはポイントです。

今は、国内FX会社を利用するトレーダーだけでなく、海外FX会社で口座の開設をしているトレーダーも増えています。海外FX会社は日本で登録を受けている会社ではないので、投資において不安要素が残る人もいるかもしれません。しかし、信頼できる会社なら国内FX会社を利用するより安心で安全な取引ができることもあります。

FXの取引には手数料がかかるのが普通です。今は、一回の取引あたりに取引手数料がかかるという形ではなく、スプレッドによって手数料の支払いを行っています。国内FX会社で取引をする方が、スプレッドは小さい傾向にありますが、スリッページなどを含めたトータルコストで見ると手数料は高くなります。海外FX会社で口座開設をして取引をする方が透明性の高い投資ができるので、少々スプレッドが広くても十分なメリットがあります。

GEMFOREXは、海外FX会社として質の高いFXサービスを提供し、自動売買取引にも力を注いできました。FXOPENも古くから自動売買をするトレーダーから親しまれています。今回は、それぞれのFX会社のスプレッドやサービスなどを比較していきます。

FXOPENの特徴や評判

FXOPENの特徴や評判

FXOPENは、マダガスカルの近くに拠点を持つ海外FX会社で、MT4の口座があって自動売買取引も可能です。最低入金額は10$と、少ない資金から始めることができるのも魅力です。海外FX会社を選ぶ判断基準の一つになるライセンスの取得についても、ネイビスのライセンスを取得している他、グループ会社はライセンスの取得がむずかしいと言われているFCAライセンスも取得しているため、一定の信頼度があります。

取引手数料も、口座の残高や毎月の取引量によって変動するのが一般的ですが、FXOPENは状況によらず一回あたりの手数料が0.25pipsです。ただし、取引手数料が固定になっているため、数多く取引をする人にとってはメリットがありますが、取引回数が少ない人はコストが高くなってしまうので注意が必要です。

FX会社によっては自社のサーバーに負荷がかかって、システムのトラブルが起こらないように規制を設けているのが普通です。たとえば、指標発表時にスキャルピングの取引が禁止になることや、一回あたりの注文量に制限がかかるなどです。FXOPENは、取引に対しての禁止がなく、どのような状況の中でも安心して取引することができるようになっています。

このようにトレーダーがストレスなく投資できる環境になっているのは、FXOPENに導入されているサーバーがFX会社の中でも特に強度が高いことで実現しています。サーバーが強いことで、取引もスムーズに行うことが可能で、スリッページが起こる可能性を減らすこともできます。

FXOPENとGEMFOREXの通貨別スプレッドの比較

スプレッドは、FX会社に対して支払う手数料の一つです。取引手数料が無料になっているところもありますが、FXOPENの場合だと手数料が有料になっているので、スプレッドとあわせてコストの計算をしなければなりません。

FXOPENは、取引手数料が0.25pipsなので、スプレッドを加えることで簡単にかかるコストを計算することができます。米ドル/円の組み合わせだと、0.3がスプレッドなのでトータルコストは0.55pipsです。GEMFOREXの場合だと、1.0~1.5pipsが同じ通貨でかかるコストになることを考えると、かなり小さく抑えられています。

他の、通貨別スプレッドに関しても平均よりも小さく、GEMFOREXと比較してもスプレッドは全体的に小さくなっています。コストをかけずにFX取引したい人にはおすすめの海外FX会社です。マイクロ口座なども開設して取引することができるのも特徴で、少ないコストで少額の資金から投資することが可能です。

FXで大切なのはスプレッドだけではない

FXで大切なのはスプレッドだけではない

FXOPENは、スプレッドが小さく取引にかかる手数料を抑えたいトレーダーに向いていると言えるでしょう。しかし、口座がマイナスになってしまった場合に追証を受ける可能性があります。国内FX会社の場合だと追証を設定しているところは多いものの、海外FX会社の場合だと追証がないところが多いため、追証がないことも本来なら海外FX会社の魅力の一つです。 実際に、追証を受けるような状況になることはほとんどありませんが、相場が急に動いてしまった場合に口座がマイナスになる可能性を考えると、はじめてFXをする人にとってはリスクの高さが否めません。

また、GEMFOREXの公式サイトにアクセスをすると日本語でオールサポートになっているので、特にストレスなく口座の開設まで進めていくことができます。しかし、FXOPENは日本語サポートになってないので、英語がある程度できるトレーダーではないと口座開設をすることはむずかしいでしょう。初心者がFX取引を考えている場合は注意が必要です。

スキャルピングがいつでも可能になっているのは、FXOPENもGEMFOREXも一緒ですが、かけられるレバレッジについてはGEMFOREXだと1000倍まで可能なのに対して、FXOPENは最大で500倍までになっています。

海外FX会社をはじめて利用する人にとって、何を重点的に見て選んでいいのかわかりにくい部分もあります。最初は、日本語サポートがしっかりしていることや追証を受けることがないなど、できるだけリスクの低いFX会社を選んで口座の開設を進めていくことが大切です。

GEMFOREXは、FX初心者の人でも安心してはじめられるようにサポート体制に力を入れており、全体的なサービスのバランスを考えて運営している会社です。スプレッドの小ささにこだわりを持って他のサービスの質を落とすのではなく、最初からスプレッド競争に参戦しないことで一定のクオリティを保ったサービスの提供を実現しています。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ