勝手に海外FX会社のFXPrimusとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

勝手に海外FX会社のFXPrimusとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

国内、海外FX会社共に、スプレッド競争が激化しています。スプレッドは、取引に対してかかるコストのことで、直接的に手数料として支払うわけではなく、取引の中で自動的にコストとして組み込まれているので、取引手数料の支払いよりもコストがかかっている感じが少ない特徴があります。

しかし、一回ごとの取引にスプレッドがかかってくることになるため、トレーダー的には少しでもスプレッドが小さいFX会社を利用して投資がしたいと言う気持ちになります。FX会社も、スプレッドを小さく設定した方が効率的にトレーダーを集めることができるので利点も多いのです。

海外FX会社はインターバンク市場での取引が可能なので、国内FX会社を利用して投資をするよりも透明性が高く、信頼性の高い取引をすることができます。そのため、国内FX会社に比べるとリスク面のカバーでかかるコストが大きくなり、スプレッドは相対的に大きくなっています。また、スプレッドが小さいということは他のどこかの部分でコストが余分にかかってしまっていることが考えられます。

スプレッドが小さいと、それだけトレーダーにかかる取引手数料の負担は小さくなりますが、最終的にはスプレッドを含めた全体的なバランスで見ていくことも忘れないようにしましょう。FX取引は自分の大切な資金を口座に預け入れて、その中で運用していくことになるため、お金を預けるなら信頼できるところが良いのは当然です。

ネットが普及して、スマホでもトレードツールを利用して投資ができるようになった背景もあり、FXをする人が増えています。それに伴って、サービスの提供を行うFX会社も多様化が進んでおり、トレーダー自身が見る目を持って選んでいく必要もあります。特に、海外FX会社を利用する場合は、国内FX会社よりも情報が少ないので慎重さも必要です。

FXPRIMUSの概要

FXPRIMUSの概要

PRIMUS MARKETS INTL Limited が運営している海外FX会社のFXPRIMUSは、バヌアツ共和国が発行するライセンスを発行しており、国内の知名度はそこまで高くないものの、海外では有名なFX会社として知られています。

PRIMUS MARKETS INTL Limitedはキプロスのライセンスを取得しているため、サービスの質はかなり高いと言えるでしょう。しかし、キプロスのライセンスを取得しているFX会社は日本の金融庁からの圧力も大きいことで国内撤退するところも少なくありません。日本人向けのサービス提供がなかなかできないことから、FXPRIMUSはキプロスのライセンスではなく、バヌアツ共和国のライセンスで日本人向けのサービスを展開しています。

海外FX会社の中には、会社が倒産してしまった場合に受けることができる保障の信託保全がないところも多くあります。しかし、FXPRIMUSは信託保全がされるようになっているので、安心して口座の開設をして取引することが可能です。リクオートがないことや、約定力の高さからスリッページが起こることもほとんどありません。

全体的なバランスが優れている海外FX会社で、ボーナスが手厚いことやサービスの質が高い、ECNの口座が利用できるなど、海外FX会社を利用する上でのメリットとなる部分の恩恵が受けやすいのも魅力です。

FXPRIMUSとGEMFOREXのスプレッドを通貨別に比較してみよう

FXPRIMUSとGEMFOREXは状況によってスプレッドが変化する変動スプレッドになっているため、スプレッドを比較する場合は、必ず最小スプレッドではなく平均スプレッドで比較するようにしましょう。

FXPRIMUSの平均スプレッドでもっとも低い通貨ペアになっているのは、ユーロ/米ドルの1.8です。一方で、GEMFOREXの場合だと米ドル/円の通貨ペアで1.3です。ユーロ/米ドルも1.4になっており、全体的にスプレッドはFXPRIMUSの方が広めになっています。

どちらの海外FX会社も取引にかかる手数料は無料で設定されているため、スプレッドが直接的な取引コストになってきます。スプレッドが変動するタイミングとしては、取引数が急激に増えるような場合や、重要指標発表などがあった時です。常に変動する要素であることを考えると、スプレッドの大小はそこまでこだわる必要がある要素とは言えません。

サービスのバランスで見るとGEMFOREX

サービスのバランスで見るとGEMFOREX

スプレッドが小さい方が、トレーダーの呼び水になりやすいので、重要なシステム投資などのコストを抑えることやスリッページを意図的に発生させてスプレッドを小さくしているFX会社も少なくありません。そのような状況の中で、FXPRIMUSもGEMFOREXも加熱するスプレッド競争に参加してないことは好感を持てます。スプレッドが極端に狭いことをアピールしているFX会社は、一見するとトレーダーのことを考えているように見えますが、他のコストや負担を考えるとトレーダー軽視と言っても過言ではありません。

FXPRIMUSはトレーダーが安心して取引できる環境を意識しているので、これまでに何度もFXの経験がある人にとっては魅力的と言えるでしょう。大口投資家に向けたサービスが充実しているのも良い部分です。

一方で、日本語の教育コンテンツなどがないため、初心者がいきなり口座の開設をして取引を始めるのは敷居の高さを感じます。はじめて海外FX会社を利用して取引をする場合は、わからないことも多いのでGEMFOREXのように日本語でしっかりサポートしてくれるFX会社の方が安心できます。

取引にかかるトータルコストも大きいため、一日に何度も取引をするスキャルピングのような投資になると不向きな感じも否めません。かけることのできるレバレッジについても、GEMFOREXだと1000倍のレバレッジをかけて取引ができるのに対して、FXPRIMUSは500倍になっています。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ