勝手に海外FX会社のGCIFinancialとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

勝手に海外FX会社のGCIFinancialとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

FXは、少ない資金でもレバレッジをかけることでハイリターンが期待できる投資の一つです。今は、国内だけでなく海外FX会社の口座を開設して投資をしているトレーダーも増えており、FX会社同士の競争も激化しています。

FX会社同士の競争の中でも、特にスプレッドの競争は激しさを増しており、中には0スプレッドと謳ってトレーダーを集めているようなところもあります。スプレッドは取引に対してかかってくる手数料で、通貨ペアで異なることや会社による違いも大きくあります。

FXはスキャルピング取引が効率的に収益を出す方法として人気を集めています。この取引方法は、短い時間で何度も取引をする形になるので、スプレッドが小さい方が高いリターンにつながるのです。海外FX会社は、相対的に見ると国内FX会社よりもスプレッドは広めに設定されています。しかし、国内でFX取引をすることに比べると海外FXは取引に透明性があるので、少々スプレッドが広くてもメリットに感じます。

GCIFinancialは、小さいスプレッドでFX取引ができることで人気の海外FX会社です。今回はGEMFOREXとGCIFinancialの通貨別スプレッドの比較をしていくと共に、他のサービスの違いについても比較していきます。

GCIFinancialの特徴

GCIFinancialの特徴

GCIFinancialは、海外FX会社の中でも歴史がある会社で、多くのFXトレーダーを抱えている会社です。海外FX会社は、さまざまな国のトレーダーが集まって口座の開設をしているので、信頼性を示すためにライセンスの取得に力を入れているところも少なくありません。

GCIFinancialも、ライセンスの取得の申請をして運営していた会社なので、トレーダーからの信頼性も高く、国内の中にも新規に口座の開設をして投資をしていた人もたくさんいました。手数料の低さなどから初めての人でも利用しやすい環境だったこともあり、海外FXの初心者の利用もありました。

通常なら、ライセンスを取得している会社なので、信託保全がされていることやトラブル対応などもしっかり行ってくれるのですが、GCIFinancialは取得していたライセンスを取り消された過去があります。そのため、現在では取得しているライセンスがない状態です。

最初から、ライセンスがないFX会社と違って剥奪されたという歴史があることから信頼性についてはかなり低くなっています。ライセンスの剥奪理由についてもスリッページが多いことや出金手続きをしてもお金が引き出されない状態が続くなど、FX会社の信頼性を著しく損なうことが継続的に起こったことによります。

日本人のスタッフが在籍している海外FX会社なので、日本人が新たに口座の開設をして取引をすることに英語の知識などは必要ありません。事前に、取引のシミュレーションサービスの利用ができることや、デモ口座の開設をすることで実際の取引の流れをリスクなく知ることも可能です。

しかし、ライセンスが剥奪されてからもGCIFinancialを利用してトラブルが起こったという声はたくさんあるので、利用を考えている場合は十分に注意してリスクが高いということも踏まえた利用が必要だと言えるでしょう。

GCIFinancialと通貨別スプレッドの比較

GCIFinancialと通貨別スプレッドの比較

GCIFinancialは、小さいスプレッドで取引できるのが魅力です。各通貨別に見ても、GEMFOREXより全体的にスプレッドは低く、一回あたりの手数料が小さいのでスキャルピングのような取引にも向いています。

取引手数料も無料になっているので、かかる手数料はスプレッドが中心となり、取引コストを計算しやすいメリットもあります。しかし、ライセンス剥奪のきっかけの一つとなったスリッページのリスクがあるので注意が必要です。スリッページは、例えば1ドル100.00円で注文をしたのにも関わらず、約定してみると100.30など注文時と約定時のレートが変わっていることを言います。

スリッページが起こる理由はFX会社の意図的なものではなく、急激に相場が変動する場合に注文をするとタイムラグが生じることによって起こるケースもあるので一概には言えません。しかし、GCIFinancialは相場が急激に動いているときだけスリッページが起こるのではなく、平素の状態でも起こっているので意図的に引き起こしているとしか言いようがありません。

スリッページが発生すると、スプレッドが小さくても実際の取引コストは大きくなります。ちなみに国内FX会社を利用してFXをする場合だと、スリッページが起こりやすくなっています。これは、元々のスプレッドが小さくなっていて会社が効率的に利益の回収をすることができないためです。海外FX会社になると、スプレッドを意図的に引き起こしてしまうところはほとんどありませんが、GCIFinancialのようにスリッページが起こる海外FX会社もあります。

もちろん、GCIFinancialを利用して収益をあげている人もいるわけなので、リスクを受け止めてきちんと投資をすれば勝つ可能性は十分にあります。しかし、海外FX初心者のように経験がないトレーダーは、リスクが高くなるので十分に注意しましょう。

FXは評判やサービスのバランス、信頼性が大事

スプレッドが小さく、魅力的な海外FX会社はたくさんあります。一方で、国内FX会社を利用する場合と違ってトラブル例が多いのも事実です。スプレッドに対してだけでなく、サポート制度やサーバーの強度、レバレッジなどFX会社を選ぶ場合は全体的なバランスを考えていくことも大切です。

GEMFOREXは、スプレッド競争を辞退していることを表に出しているFX会社ですが、それでもスプレッドが他の会社に比べて特に広いわけではありません。スリッページが起こるトラブルの報告や出金されないトラブルの報告などもなく海外FX会社の中でも信頼性があります。信託保全やゼロカット、追証がないなど、もしもの場合に備えた状態で取引できるのもメリットです。

自動取引をする場合を除き、最終的に注文をかけるのはトレーダー自身です。自分が思うような取引をするためにも、口座の開設をするFX会社選びは慎重に行うことが大切です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ