勝手に海外FX会社のICMarketsとの通貨ペア別スプレッド比較しました

勝手に海外FX会社のICMarketsとの通貨ペア別スプレッド比較しました

FXをするには、証券会社やFX会社に口座の開設の申し込みをする必要があります。

口座を開設することができた後は、資金を投入してレバレッジをかけて取引を進めていきます。レバレッジは少ない資金を元にして大きな取引ができる仕組みのことで、少ない財でも高いリターンが期待できます。国内FX会社では25倍のレバレッジが最大になっているのに対して、海外FX会社を利用する場合だと数百倍のレバレッジをかけられるようになっています。国内と海外FX会社では、同じFXでもレバレッジに違いがあるだけでなく、スプレッドの設定にも違いがあります。

スプレッドは、FXをする上で必要となってくる直接的なコストです。スプレッドが大きくなると手数料も比例して大きくなるため、取引回数が多くなってくるスキャルピングのような取引には不向きだと言えるでしょう。トレーダーはスプレッドが広いことを嫌う傾向にあるため、FX会社はスプレッドが狭いことを売りにして新規口座開設者を増やしているところは少なくありません。海外FX会社でFXをする場合は、スプレッドの比較も大切です。ICMarketsは、スプレッドが低いことで人気の海外FX会社で、スペックの高さにも定評があります。

ICMarketsとGEMFOREXのスプレッドを比較する

ICMarketsとGEMFOREXのスプレッドを比較する

ICMarketsは、0スプレッドを実現している海外FX会社です。0スプレッドだと、注文した時点で発生する損失もゼロになるので、少しでもプラスに相場が動いた時点で利益が発生します。すべての通貨ペアでスプレッドがゼロになっているわけではありませんが、全体的に見てGEMFOREXよりもスプレッドが小さく設定されています。スプレッドにとことんこだわるトレーダーには使いやすいFX会社だと言えるでしょう。しかし、スプレッドが小さいことには理由もあることを考える必要があります。

ICMarketsは、スプレッドが小さい代わりにスリッページが発生しやすくなっています。スリッページは注文と約定のレートがずれてしまうことを言い、システムが軟弱なところだと特に起こりやすくなっています。機械的な問題で起こってしまうなら仕方ない部分もありますが、スリッページを意図的に引き起こしてトレーダーの損失を増やして、その分を会社の利益に回しているようなところもあります。真相は分かりませんが、スリッページが多いとスプレッドが小さくてもコストが拡大してしまう可能性があるので注意が必要です。

GEMFOREXは、スプレッドが平均的です。その代わり、約定力が高くスリッページが起こらないので安心して取引することができます。スプレッドが小さいということは、他の部分でコストが余分にかかっているのが普通です。はじめて、FXをする人はスプレッドにこだわりを持つ傾向にありますが、それよりもサービスの総合的なバランスなどを重視する方が長期的に見ると必要になります。

ICMarketsの特徴

ICMarketsは、2007年から運用しているオーストリアのFX会社です。ASICより認可を受けており、資金管理もNABというオーストラリアでも最大級の銀行が信託保全をしています。信託保全は、国内FX会社ならほとんどのところでありますが、海外FX会社の利用の場合だと信託保全されないケースが少なくありません。信託保全されないことで起こる弊害としては、口座の開設をしているFX会社が倒産した場合に預けているお金が戻ってこない可能性があることです。

海外FX会社の中には、スキャルピングを禁止しているところもありますが、ICMarketsは逆にスキャルピングを歓迎しており、短時間で何度も取引をするトレーダーにとっては利用メリットも高いと言えるでしょう。また、ICMarketsはニューヨークとロンドンにNY4とLD5データセンターがあり、エンタープライズ並みのハードウェアがあります。そのため、約定までにかかるスピードが速く、ストレスフリーの取引ができます。

取引ツールにおいても、世界で広く使用されているMT4で取引することが可能です。使いやすいだけでなく、システム取引に対応していることや高い機能のツールが導入されていることで、トレーダーは安心して取引できます。ウェブページも日本語対応されており、海外FX初心者が見てもわかりやすい作りになっています。ただし、口座の開設の申し込みフォームに進んでいくと、そこからは英語対応になるので、英語がわからないと不安になるかもしれません。現地の日本人スタッフが電話対応はしてくれる体制になっていますが、実際に連絡しても相談できなかったという声も少なくありません。

オーストラリアでライセンスを取得しているFX会社は、日本のFX規制の関係から日本撤退をするところが増えています。ICMarketsも、2015年に日本撤退したFX会社の一つで、金融庁の圧力などもあって日本で運営することがむずかしいと判断したことによります。ライセンスの取得をしていることは、会社の信頼性の面でみると重要です。一方で、許可を出している証券取引所の顔色を伺ってサービスの提供をしなければならない側面もあります。

ICMarketsのように日本撤退する海外FX会社は今後増えることが想定されます。厳しいライセンスの取得をしているところほど、国内で海外FX会社として運営していくことがむずかしい状態です。GEMFOREXは、国内で運営が厳しくなるライセンスの取得はなく、それでいて信託保全や追証がないなど、信頼できる海外FX会社として多くの日本人トレーダーがFXをしています。

何を重視して海外FX会社を選んで行くのかは、トレーダーにとって悩む部分です。しかし、FXで資産運用していくなら、長い目で見ることが大切なので、総合的なバランスを重視して選んでいくことをおすすめします。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ