勝手に海外FX会社のIFCMarketsとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

勝手に海外FX会社のIFCMarketsとの通貨ペア別スプレッドを比較しました

FX会社のスプレッド競争が過熱している昨今ですが、トレーダーがFX取引をするにあたって、少しでも小さなスプレッドで取引できる方が一回あたりの取引コストは下がるので、収益につながります。

一昔前までは、FX取引にかかる手数料は一回あたりの取引に対して口座から引き落とされるスタイルが主流でした。しかし、今は注文をした時点で手数料を差し引く形になるため、注文した時点で負けポジションになっていても勝ちポジションに転じて約定すれば、手数料の支払いが別途でかかることはありません。

トレーダーからすると、スプレッドの方が取引手数料を後から支払うことに考えると負担が少ないように感じます。スプレッドは、各通貨のペアによって違っていますが、スプレッドが広くなっているところは、相場変動が激しいことや通貨の流動性の観点から広めにとってリスクに備えています。海外FX会社に口座の開設をして取引をする場合も、国内でFXをする場合と同じようにスプレッドが発生します。スプレッド競争に参戦しているFX会社の多くは、その時の状況によってスプレッドが変わる変動スプレッドを提供しています。しかし、IFC Marketsでは、状況に応じてスプレッドが変わらない固定スプレッドを導入しています。GEMFOREXとの通貨別スプレッドの比較だけでなく、固定と変動スプレッドの相違点なども見ていきましょう。

固定スプレッドと変動スプレッドの比較

固定スプレッドと変動スプレッドの比較

固定スプレッドにも大きく分けて二つあり、平素は固定で相場が急激に動く場合は変動する場合と、どのような状況であってもスプレッドは変動しない完全固定型です。前者の固定スプレッドを導入しているところは多いのですが、IFC Marketsは後者の完全固定型スプレッドを取り入れています。

変動スプレッドにしているFX会社は、最小スプレッドの表示をしているところが多くあります。一時的でも0スプレッドを提示すれば、そのFX会社は0スプレッドからFXができるとアピールすることができるのです。実際に、低スプレッドを謳っているところは、最小スプレッドを小さくする代わりに、他の通貨ペアのスプレッドを大きくすることや取引が活発なときにスプレッドを上げるところもあります。

IFC Marketsで取り入れている完全固定型スプレッドの場合だと、スプレッドに変動がないことから公式サイトで提示しているスプレッドから変わることはありません。トレーダーから見ると、変動スプレッドよりもスプレッドが高く提示されているので手数料が多く取られるイメージがあります。

しかし、長期的に見ると完全固定型スプレッドにしている方がリスクは低くなります。海外FX初心者だと低スプレッドに目が向いてしまいがちですが、トレーダーレベルが高い人は好んで固定型スプレッドを選ぶ人もいます。

IFC MarketsとGEMFOREXの通貨別スプレッドの比較

IFC MarketsとGEMFOREXの通貨別スプレッドの比較

IFC MarketsもGEMFOREXも無理なスプレッド競争には参戦していません。スプレッドが小さいことをアピールしてトレーダーを集めても、スプレッドが小さいことで余分なコストがかかり、システムなどトレーダーが投資しやすい環境をしっかり整えることができないからです。スプレッドが低くても、スリッページなどが頻発するとトータルコストは高くなります。海外FX会社の中にも、低スプレッドを謳ってスリッページを意図的に起こしてコストの回収をしているところがあります。

IFC Marketsのスプレッドは、ドル/円で1.8、ユーロ/円で2.5、オーストラリアドル/円で3.5のスプレッドになっています。一方のGEMFOREXは、ドル/円で1.3、ユーロ/円で2.0、オーストラリアドル/円で2.2です。GEMFOREXの方がスプレッドは低いですが、変動することを考えると平均的に見た場合にIFC Marketsと同じくらいになります。

GEMFOREXは変動スプレッドになっているものの、通常の取引ならスプレッドがそこまで広がることはありません。重要指標の発表時などに広がる可能性がありますが、タイミングを上手に狙って取引をすれば、そこまでスプレッドは気になる要素ではありません。反対に、IFC Marketsは取引が安定しているときも高いスプレッドで取引をしないといけないので、スキャルピング取引などには不向きと言えるでしょう。

また、FX取引でかけることのできるレバレッジは、両社ともに1000倍です。ハイレバレッジが活きる取引はスキャルピングであることを考えると、固定スプレッドであることがかえって足枷になっている感も否めません。

サービスや安全面で比較

IFC Marketsは信託保全がないので、会社が倒産してしまった場合やトラブルに巻き込まれた場合に預けていたお金が手元に戻ってこない可能性があります。世界の金融グループということで、会社自体の資金力の高さはありますが、FXのように相場変動が利益や不利益につながる投資をしている場合は保障についても考えておく必要があるでしょう。

はじめて海外FX会社をする人は、国内FX会社を利用する時と同じように信託保全があることを前提に思っている人も少なくなく、注意が必要です。GEMFOREXの場合は、信託保全があるので口座に入れているお金に対しては保証を受けられます。高いレバレッジをかけて取引をしても追証を受ける心配もありません。

IFC Marketsは、公式サイトだと日本語になっていますが、サポート関係については日本語サポートが受けられないので注意が必要です。GEMFOREXは、完全日本語サポートで日本人オペレーターに対応してもらうことができるので、初心者でも安心して口座開設を進めていくことができます。

IFC MarketsはOTC方式になっており、国内と同じようにFX会社との相対取引になります。固定型スプレッドでも、海外FX会社の変動スプレッドの平均値とそこまで変わらないスプレッドで提供できるのは、コストが小さいOTC方式によることも関係しています。この方式は、不透明な取引になりやすくスプレッドが小さくてもレート操作などが行なわれているケースも少なくありません。GEMFOREXはNDD方式を導入しており、市場との直接取引になるので、取引に対しての透明性の面では安心です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ