海外FX業者のスプレッドを比較するときの覚えおきたい注意点とは?

海外FX業者のスプレッドを比較するときの覚えおきたい注意点とは?

トレーダーとして、できれば狭いスプレッドでFXしたいのは共通してある気持ちです。トレーダーによっては一日に何十回や何百回という取引をすることもあり、取引回数が多くなるとスプレッドが少し広いだけでもコストはかなり大きくなります。

一昔前は、一回の取引に対して手数料を徴収していたところも多かったのですが、今はスプレッドを手数料の軸にして取引手数料を無料にしているのが一般的です。最近は国内FX業者だけでなく、海外FX業者で口座の開設をして取引をするトレーダーも増えています。国内FX業者はスプレッドがかなり狭くなっていますが、裁量取引になるので取引に対しての透明性が乏しくなります。

透明性の高い取引をするなら、少々スプレッドが広くてもインターバンク取引ができる海外FX会社がおすすめです。MT4というプラットフォームを使ってFXをすれば、トレーダーの不利になる状況でFXする状況になることはありません。信頼できる取引ができるという理由も海外FX業者が人気を集めている理由です。

海外FX業者の変動スプレッドを比較する場合の注意点

海外FX業者の変動スプレッドを比較する場合の注意点

海外FX業者で口座の開設をする場合に、ウェブページに掲載されているスプレッドを参考にする人も多いと思います。その際に、狭いスプレッドが記載されているからと言って、すぐに口座の開設をすることは注意が必要です。

スプレッドには変動タイプと固定タイプがあります。変動タイプは、その時の状況によって刻々とスプレッドが変化するのが特徴で、海外FX業者の中にはタイミング次第でスプレッド0のFXができるところもあります。スプレッドが狭い時は取引にメリットになりますが、反対にスプレッドがかなり広くなってしまうタイミングもあります。スプレッドが常に一定ではないので、頻繁に取引をする場合は常にスプレッドの状態を把握してからの取引が必要です。海外FX業者の中には、0スプレッドを呼び水としてトレーダー集めをしているところもありますが、平素の状態のスプレッドが極端に広いこともあるので注意が必要です。

スプレッドにこだわってFXができる海外FX業者を選ぶ場合は最小スプレッドではなく、平均スプレッドを参考にするようにしましょう。きちんとしている海外FX業者ならウェブページに最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも表示しているか、取引ツールに簡単に表示できるようになっています。最小スプレッドが低くても、平均スプレッドが高いと、それだけスプレッドの下限と上限の差が大きいことになります。スプレッドが広がりやすい指標発表時や取引が活発なタイミングはスキャルピングがメインのトレーダーにとって稼ぎ時でもあるため、平均スプレッドの高さにはより注意が必要です。

海外FX業者の固定スプレッドを比較する場合の注意点

海外FX業者を固定スプレッドで比較する場合は、表示されているスプレッドでそのまま比較することができるので簡単です。ただし、同じ固定スプレッドでも急激にレートが動くと一時的に変動スプレッドに変化する海外FX業者もあるので、口座の開設をする前には必ず確認しておく必要があります。

固定スプレッドは急激なスプレッド変動の影響を受けない代わりに、平素のスプレッドは変動スプレッドの最小値に比べると高くなっているので低いスプレッドを狙って取引したいトレーダーには不向きです。固定スプレッドの比較をするポイントとしては、他に手数料の発生がないかどうかを事前に確認しておくことです。スプレッドの値が小さくても、一回あたりの取引に手数料がかかってしまうとトータルコストは増えます。

海外FX業者のスプレッド比較は約定力も一緒に考える

海外FX業者のスプレッド比較は約定力も一緒に考える

変動スプレッド、固定スプレッド共に、スプレッド比較をする場合は約定力も総合的に考えないといけません。約定力というのは、注文した通りに約定することができるかどうかの力を言います。通常の感覚だと、チャートを見ながら注文しているわけなので約定とズレが生じるはずはありません。しかし、サーバーやシステムの影響によって注文してから約定されるまでの時間にレートが変動することでズレが生じることがあります。このズレのことをFXではスリッページと呼んでいます。

スリッページが多く発生する海外FX業者だと、約定力は比例して下がります。せっかく低いスプレッドで取引することができても、スリッページによって利益がマイナスになってしまうと低いスプレッドの意味が無くなってしまいます。実は、システムの関係だけでなくFX会社がスリッページを意図的に発生させているようなこともあります。

約定力が高いとスリッページが起こる確率も少なくなるので、少々スプレッドが高くてもFXのコストで見ると逆に低いようなケースもあるのです。約定力は海外FX業者のウェブページに掲載されているか、スリッページが起こらない旨が記載されているところなら安心です。反対に、低いスプレッドだけを前面に出して、約定力やスリッページに関する情報の提供をしてない業者は注意が必要です。

最後に

いかがでしたか?FXをスプレッドだけで比較するのはあまり意味がありません。特に海外FX業者で口座の開設をして取引するなら約定力、サポートの充実、システムの強度、EAの豊富さ、レバレッジなど総合的なサービスのバランスで比較しましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ