国内FXのスプレッドが海外FXよりも狭い理由について考えてみました

FX業者をスプレッドで選ぶ方は少なくないでしょう。スプレッドはFX業者へ支払うコストであるため、当然安いほど得られる利益は増加します。スプレッドは狭い・広いと表現されますが、狭いほうがトレーダーにとっては有利とも考えられます。

FXの業者は国内・海外の2つに大別できますが、この内スプレッドが狭いのは国内のFX業者です。1ドル0.3銭(0.3pips)はもはや当たり前で、マイナー通貨でも1通貨1~2pips程度に抑えられています。現在のスプレッドは各業者横並びですが、いずれも非常に狭く、どの業者で取引してもコストはほぼ同じと考えられます。

海外業者はスプレッドが広め

海外業者はスプレッドが広め

一方で海外FXの業者は軒並みスプレッドが広めに設定されています。1ドル1pipsという業者も少なくありませんし、相場の動向次第では更に広がる場合もあります。そのため、トレーダーが支払うコストが状況に応じて増えてしまう可能性も残されています。

スプレッドに関しては国内業者のほうが優れているでしょう。単純にスプレッドのみを比較することはできませんが、やはりコストが安く済むのはメリットと考えられます。しかし、なぜ国内と海外でこうも違いがあるのかと疑問を感じないでしょうか?

取引方法の違いがスプレッドに影響

国内と海外の業者間でスプレッドが異なる理由は、その業者が採用している取引方法の違いにあり、これが国内FX業者のスプレッドの狭さに直結しています。業者によっては通常と異なる可能性もありますが、国内の業者はDD取引と呼ばれる方法を採用しています。

一方、海外ではNDD取引という方法がポピュラーです。国内業者のようにDD取引を導入している業者は非常に少なく、ほぼ全ての業者でNDD取引を採用しています。しかし、DD取引とNDD取引にはどのような違いがあり、スプレッドに影響しているのでしょうか。

国内で定番のDD取引とは

国内で定番のDD取引とは

まず国内で普及しているDD取引は、呑み取引あるいは相対取引(利益相反取引)とも呼ばれます。注目すべきは、DD取引が呑み取引と言われている点でしょう。

DD取引は、FX業者がトレーダーからの注文を"呑む"点にカラクリがあります。通常ならインターバンク市場へと注文が流され、そこでトレーダーからの決済が行われます。しかし、DD取引ではFX業者が注文を全て抱えており、実際はインターバンク市場での売買が発生していないのです。一部の業者はカバー取引を行いますが、ほとんどの業者はDD取引を導入しています。

インターバンク市場で実際に取引をするには、人件費や市場で支払う手数料が発生します。しかし、DD取引はインターバンク市場へ注文を流さないため、人件費・手数料がかかりません。そのためスプレッドが狭く設定されており、スプレッドがそのままFX業者の取り分となります。

国内のFX業者の大多数はスプレッドも固定されていますが、DD取引を採用していることが理由です。ただし、相場の急変動時などはカバー取引を実施し、インターバンク市場のレートに合わせてスプレッドが広がる業者もあります。

海外でメジャーなNDD取引

海外のFX業者が採用しているNDD取引は、ノン・ディーラー・デスク取引と呼ばれています。これはFX業者のディーラーがインターバンク市場との仲介に入る取引方法です。注文をディーラーが全て受け、トレーダーの指値通りにインターバンク市場で通貨の売買を行います。この点がDD取引との大きな違いです。

NDD取引では直接インターバンク市場で売買するため、人件費や所定の手数料がかかってしまいます。これがスプレッドにも影響しており、海外FX業者のスプレッドが広い理由となっています。海外のFX業者は、純粋な為替仲介業者であり、スプレッドのみが業者にとっての収益源です。

また、スプレッドが固定されておらず、インターバンク市場に合わせて変動します。相場の急変動時にスプレッドが広がるのはこのためです。海外のFX業者では、スプレッドを最小・平均・最大と表現していますが、これはNDD取引による変動スプレッドが原因になっています。

透明性が高いのは海外FX業者

こう見ると、DD取引を採用している国内業者のほうが有利に見えるでしょう。インターバンク市場での売買が発生せず、人件費などがかからないため、スプレッドが固定されている点が強みです。一方の海外業者は、インターバンク市場のレートによってスプレッドが変動します。

しかし、透明性が高い点では海外のFX業者が勝るでしょう。国内FX業者は、顧客の注文通りに売買されているのか不透明な部分があります。特にDD取引は利益相反の関係に当たることから、トレーダーが儲かれば業者は損をします。取引操作を疑う方もいますが、こうした不透明感が強いため仕方がないことでしょう。

海外のFX業者は、直接インターバンク市場で売買されるため透明性が高く、スプレッドが収益源となっている点が特徴です。NDD取引により取引量が増えるほど業者は儲かるため、トレーダーを勝たせる仕組みが整っている点が強みです。逆にトレーダーが損をすると取引量が減る恐れがあり、業者も損をする可能性が高まります。トレーダーが勝てば勝つほど業者も儲かる、win-winの関係を重視している点が特徴と言えるでしょう。

国内FX業者はスプレッドが狭い反面、透明性に疑問が残ります。海外業者はスプレッドが広く変動する一方、透明性の高さでは国内業者に勝ります。皆さんなら、どちらを選ぶでしょうか?

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ