海外FXのスワップポイントやスプレッドについて知っておくべきこと

海外FXのスワップポイントやスプレッドについて知っておくべきこと

FXは各国の通貨を売り買いする取引ですが、二つの通貨をペアにして取引するため、金利差が生じることになります。高い金利の通貨を買って低い金利の通貨を売ることで為替損益による収益だけでなく、金利の収入を得ることが可能です。反対に、高い金利の通貨を売って低い金利の通貨を買う場合は、金利の支払いが必要になります。FX取引によって発生する金利のことを、FXの世界ではスワップポイントと言います。

また、FX取引は売り注文と買い注文でレートに差があり、注文を入れた時には一定の手数料が差し引かれる仕組みになっています。この手数料の部分をスプレッドと言い、取引手数料が無料になっているFX会社が多くなっているため、今はスプレッドによる収入がFX取引におけるメインの収入になっています。FX取引における直接コストになるため、スプレッドを重視するトレーダーも多くいます。

スワップポイントやスプレッドはFX取引において重要なファクターですが、国内FXと海外FXによる違いも多くあります。スワップポイントの利益率が高く、なおかつスプレッドが低い方が利益面ではメリットを感じますが、FX取引全体で見ると決してスワップポイントの高さとスプレッドの低さにこだわれば良いわけではありません。今回は、海外FXのスワップポイントやスプレッドについて知っておくべきことを紹介していきます。

スワップポイントに対する国内FXと海外FXの温度差

スワップポイントに対する国内FXと海外FXの温度差

FX取引は短期的な取引だけでなく、スワップポイントを利用した長期的な取引もあります。スキャルピングのような為替損益を狙った取引と違って、スワップポイントは一日に一回付与されるものなので、十分な利益を出すためには長期のポジション保有が必須です。国内トレーダーの中には、スワップポイントを狙って取引する人も多くいますが、海外FXになるとスワップポイントはあまり重視されません。

国内FXの場合だと、かけることのできるレバレッジに上限があるため、ポジションを長期で保有することが比較的容易です。しかし、海外FXになってくると高いレバレッジをかけて取引をするのが主流になっているため、スワップポイント狙いのためにポジションを保有していても強制的にロスカットされる可能性が高く、長期でポジションを保有するという概念がそもそもありません。

また、主要通貨ペアのスワップポイントは売り注文から入る場合も、買い注文から入る場合もマイナスになっているところが多くなります。海外FXを利用してスワップポイントを狙ったFX取引はしにくくなっているのが現状です。そのため、長期ポジションを保有することは、損失を拡大させるだけなのでメリットもほとんどないのです。

一方、海外FXは幅広く通貨を取り扱っているため、マイナー通貨の中には高いスワップポイントを獲得できる通貨ペアも存在します。マイナー通貨はレートの上下が激しいため、ロスカットのリスクがあるものの、長期でポジションを保有することができれば、スワップポイントも多く獲得することが可能です。スワップポイントを狙った取引をする場合は、平均的なレートの変動も確認しておく必要があるでしょう。

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

海外FXと国内FXのスプレッドの違い

一般的に国内FXと海外FXを比較すると、海外FXのスプレッドが高くなっています。これは、取引の方法による違いであり、国内FXは口座を開設しているFX会社と相対取引を行っており、反対に海外FXはインターバンク取引と言ってFX市場と直接的な取引を行っています。

FX会社と相対取引を行うということは、FX会社がレートを変更してもトレーダーはなかなか気づくことができません。注文してその通りに約定されないスリッページやリクオートなども起こりやすく、FX会社は低いスプレッドでも意図的にレートをずらすことで収入を得ていることもあります。

海外FX会社の場合は市場との直接取引になるので、トレーダーは透明性の高い取引をすることができます。そのため、少々スプレッドが高くても国内FXよりも効率的な利益の獲得も可能です。スプレッドの高さや低さはスキャルピングのように、取引回数が多いトレーダーにとっては重要です。しかし、FXで利益を積み上げていくためには、勝ち負けの中でトータルして利益を出すことも大切なので、時には損切も必要になります。

アービトラージでプラスのスワップポイント

スワップポイントを売りポジションから入る場合も、売りポジションから入る場合もプラス金利にすることで海外FX会社でもスワップポイントを狙うことができます。このような手法をアービトラージと言い、GEMFOREXなら同一間の口座内でアービトラージを行ってスワップポイントを狙うことができます。スワップポイントもレバレッジが反映されるため、高いレバレッジになるほど利益率は高くなります。

25倍のレバレッジ上限が定められている国内FX会社と違って、海外FX会社はレバレッジに上限がありません。ちなみにGEMFOREXでは1000倍のレバレッジをかけて取引することが可能です。また、海外FX会社で口座の開設をして取引をする場合は、スプレッドにこだわりを持つのではなく、サポートや信頼性などを重視することが大切です。ウェブページが日本語対応になっていることや、何か予期せぬ事態が起こった場合に、日本語でオペレーター対応してもらえるかどうかも重要です。GEMFOREXは、平均的なスプレッド水準であり、決してスプレッドが低いとは言えませんが、日本人トレーダーに対するサポート体制は充実しています。

スワップポイントは長期ポジションになると利益と損失がじわじわ拡大してくるため、最初からポジション保有が長期になることが予想される場合は、スワップポイントがプラスになっているポジションを探して注文するのも有効な方法です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ