海外FX業者はスプレッドに取引手数料を含んだ「実質トータルコスト」で判断する

海外FX業者はスプレッドに取引手数料を含んだ「実質トータルコスト」で判断する

海外FX業者を利用してFX取引をする日本人トレーダーは増えています。国内の場合だと、レバレッジに制限がかかるのでハイリターンが期待できないことや裁量取引になるので、透明性の高い取引がむずかしいなどの理由もあります。

海外FX業者でFX取引をする場合も、国内FXと同じように取引をするにあたってスプレッドが生じます。スプレッドは売値と買値の差を言い、実質的なFX業者の手数料になっているため、スプレッドが低いほどトレーダーの取引コストは下がります。

スプレッドが発生するため、買い注文から取引をする場合も売り注文から取引をする場合も注文をした時点でスプレッド分の損失が生じています。トレーダーは、スプレッド分の損失を利益に転換させるまでレート変動を待って、そこから利益を確定していくことになります。

スプレッドが低いことに越したことはありませんが、FX取引にかかるコストは取引手数料の他、見えないコストも生じています。スプレッドだけで海外FX業者を選ぶのではなく、見えないコストなども含めた「実質トータルコスト」から判断することが大切です。

取引手数料とスプレッドのトータルコスト

取引手数料とスプレッドのトータルコスト

一昔前までは、FX取引において一回あたりに取引手数料が発生していたのが普通でした。しかし、近年は取引手数料を無料にしてスプレッドの一本にしているFX業者が増えています。取引手数料が無料なら、スプレッドを中心に取引コストを考えればいいのですが、取引手数料が有料になっている場合は、スプレッドと合算してコストを考える必要があります。

取引手数料が有料になっている場合だと、スプレッドが低くても取引手数料のコストが加算されることによってトータルコストは増えます。例えば、片道の取引手数料が10円だった場合に往復なら200円です。1万ドルの取引をする場合だと、2銭が取引にかかる手数料になります。スプレッドが1銭の場合だと、トータルコストは3銭になります。

取引手数料が一定になっている場合だと、投資する金額が増えるほどコストは下がる計算になります。しかし、投資をする金額に応じて取引手数料が増えるところも多いので、トータルコストを考えて取引をするなら、その都度考える必要もあります。

出金コストとトータルコスト

海外FXをする場合は、出金にかかる手数料が高額になるケースがあります。出金コストが海外FXを利用する場合のデメリットでもあるため、出金コストがどれくらいかかるのかというのも把握しておく必要があります。

国内FXの場合だと、国内の金融機関でのやりとりになるので手数料はほとんどかかりません。海外FX業者になると、海外の金融機関を経由して取引をするため、出金にかかるコストがかかってしまいます。

ちなみに海外FXの中でも、出金手数料が無料で利用できるところもあります。GEMFOREXも月に一回の出金なら無料で利用することができるため、上手に出金のタイミングを考えることでコストを大幅に下げてFX取引をすることができます。

注文通りに約定されないことで発生する見えないコスト

注文通りに約定されないことで発生する見えないコスト

スプレッドや取引手数料が低くても、見えないコストがたくさん発生しては意味がありません。FX取引には、取引手数料のように見えるコストもあれば、反対に知らない間に発生している見えないコストがあります。その一つとしてあるのがスリッページによるコストです。

スリッページは注文したレート通りに約定されない現象を言います。スリッページが生じる原因は、レートが激しく動いていることで注文から約定までの時間にタイムラグが生じることが理由としてあります。しかし、実際に起こるスリッページの中には業者が意図的にトレーダーの不利になるようにスリッページを引き起こして、FX業者の利益を確保しているケースもあります。

特に近年はスプレッドを低くしてトレーダーを集めるFX業者が増えており、コストがかかって運営が厳しくなっているところもあります。スプレッドだけの収入だけでは、十分に運営することができないことで、スリッページを意図的に引き起こしているようなケースも少なくありません。

スリッページが頻発すると見えないコストが多く発生します。スプレッドや取引手数料が低くてもスリッページによって実質トータルコストが膨れ上がってしまっているケースもあります。注文通りに約定させる確率を約定率と言いますが、約定率が高いところほど見えないコストがかかる心配は少なくなります。

他にも注文拒否や他のレートを提示されるリクオートが起こるケースもあります。スリッページ同様に、かかるコストが分かりにくい部分でもあるので、リクオートが頻発するFX業者は注意が必要です。

GEMFOREXは99%を超える約定率、そして取引手数料が無料なので、実質トータルコストの中心となるのはスプレッドです。GEMFOREXのスプレッドは平均水準ですが、他にかかるコストが少ないことを考えると、実質トータルコストはかなり低い海外FX業者です。 スプレッド競争が過熱していることもあり、スプレッドの低さを極端にアピールしているようなところもあります。FX取引にコストがかかるのは当然ですが、トータルコストはFX業者によって大きく変わるものです。もちろんコストだけでなく、用意されている取引ツールやサービスなども比較することが大切です。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ