想定外の費用?隠れスプレッドとは?

想定外の費用?隠れスプレッドとは?

FX取引はFX会社に口座を開設して取引をします。FX会社は、トレーダーから集めた資金を運用してインターバンク市場やカバー先となる金融機関に注文を出します。また、FX会社はトレーダーの資金管理や取引ツール、取引ができる環境を提供するため、運営には大きなコストがかかります。

FXトレーダーにかかるコストの多くは、FX会社に対して支払うマージンです。一昔前は、一回あたりの取引に対して手数料を取っていたところが多かったのですが、最近は取引手数料を無料にしているFX会社が増えています。FX会社が何で利益を得ているのかという話しになりますが、この利益の部分がスプレッドになります。

スプレッドの仕組み

スプレッドの仕組み

FX取引をする場合はチャートを見ながら提示されているレートを見て注文を入れます。通常のチャートは、売値と買値が表示されていますが、同じ通貨ペアでも売値と買値には差があるのが普通です。この両者の差をFXではスプレッドと呼んでいます。

トレーダーは注文を入れた時点で差分のマイナスが出ており、ポジションがプラスになったタイミングで決済させることで利益を得ることができます。一回ごとの取引に対してスプレッドはかかってくるため、取引回数が多いほど支払う手数料も多くなります。

トレーダーが注文した通りにFX会社はインターバンク市場やカバー先に注文を出せるわけではありません。通貨ペアのレートは常に変動しているため、タイムラグが生じてしまって注文とは違ったレートでFX会社が注文をしなければならない状態になってしまっていることもあります。そのため、レートの動きが大きい通貨ペアに対してはスプレッドを多めに設定してリスクを低減しています。

取引方式によるスプレッドの違い

国内FX会社と海外FX会社では、取引方式が異なります。国内FX会社はDD方式と言ってFX会社がカバー先に注文を出すことで相殺させることや、市場に流さずに国内FX会社が注文を呑むこともあります。

一方で、海外FX会社はNDD方式での取引となり、注文を出してからインターバンク市場と直接的な取引ができます。そのため、相対的にDD方式に比べるとスプレッドは広くなっていますが、透明性の高い取引ができるメリットもあります。

トレーダーとしてスプレッドが小さい方が、取引にかかるコストが小さいとイメージが直結するため、スプレッドが小さいFX会社を選んで取引をする人も多くいます。しかし、スプレッドには隠れたスプレッドも存在しています。見えるスプレッドだけでなく、隠れたスプレッドも総合的に見ることが大切です。

国内FX会社は隠れたスプレッドが多い

国内FX会社は隠れたスプレッドが多い

DD方式の国内FX会社は提示されているスプレッドは小さいですが、隠れたスプレッドも多くあります。隠れたスプレッドの正体は、スリッページやリクオート、約定拒否に伴って起こるコストです。

DD方式を導入している国内FX会社は、直接的にFX市場と取引をしているわけではないので透明性は低いです。言い換えれば、トレーダーから受けた注文も取り消すことやレートをずらすこともできるわけです。チャートを見ながら、ここだと思ったタイミングで注文を入れたのに約定したレートを見ると他のレートで決済されていることがあります。この現象をスリッページと言います。小さいスプレッドで取引することができても、スリッページが起こって不利になるレートで決済してしまうと、結果として損失が大きくなります。

また、注文したレートと違ったレートで再提示されることや注文通りに約定されないような約定拒否が起こる場合も、同様に本来なら得ることができる利益を失うわけなので、見方を変えると隠れたコストが発生していることになります。トレーダーは見えるスプレッドに対しては関心が高いものの、隠れているスプレッドに対してはそこまで関心がありません。そのため、FX会社の中にはスプレッドを小さくして多くのトレーダーを集めて隠れスプレッドを増やしているような悪質な会社もあります。

海外FX会社は隠れスプレッドが少ない

甘い話しには裏があるように、スプレッドが極端に小さいFX会社にも裏があることを疑わなければなりません。海外FX会社ならインターバンク市場と直接的な取引ができるので、隠れスプレッドが発生することも少なくなっています。

海外FX会社のGEMFOREXも99%を超える約定力の高さから、スリッページやトレーダーにとって不利なリクオートの発生の心配は不要です。スプレッド競争には参加しておらず、FX取引にかかるコストの中心は見えるスプレッドです。海外FX会社の中にも、隠れスプレッドを発生させているところがあることを考えると、約定力の高さやリクオートがないことを提示しているFX会社の方が安心して取引することができます。

海外FX会社の場合だと、高いレバレッジをかけてスキャルピング取引をするトレーダーも多くいます。短い時間の中で何度も取引をする場合は、見えないスプレッドの存在が取引に大きく影響することになります。トレーダーのことを考えているFX会社は、単にスプレッドを小さくするのではなく、スプレッドを適性値に設定してサポートを充実させています。海外FX会社で口座を開設して取引をする場合は、スプレッドやサービス、サポート、約定力など総合的なバランスに優れているところを選ぶようにしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ