海外FXで取引するならスプレッドに注目せよ!

海外FXで取引するならスプレッドに注目せよ!

国内のFX業者では原則固定スプレッドが一般的ですが、海外の業者は変動制がポピュラーです。これは取引方法による違いが影響していますが、インターバンク市場の手数料を考慮しながらスプレッドが決定されます。通常時は滅多に変動することは無いものの、インターバンク市場の配信レートが急変動した際は、合わせてスプレッドも変動します。

変動スプレッドは時折変動するため、トレーダーが支払うコストも見えにくく不利に思えますが、変動率はFX業者により異なります。通常は滅多に変動しないため、海外業者で取引する際は、まず基本スプレッドに注目すべきでしょう。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

基本スプレッドを確認する

基本スプレッドを確認する

海外の各FX業者は、国内の業者と同様に各通貨ごとのスプレッドを公表しています。スプレッドは狭いほど取引時のコストも抑えられますので、業者が配信する基本的なスプレッドを確認してみましょう。

スプレッドは業者によって大幅な違いがあります。例えば1ドルあたりのスプレッドを見た場合、1pips必要な業者もあれば、逆に国内業者並の0.5pips程度に設定している業者も存在します。ドル円に換算すると、わずか0.5銭の差でしかありませんが、取引量・回数が多くなるほど大きな差となります。

ただし、スプレッドが狭いと約定力や約定スピードに影響する場合もあります。サーバーの増強・処理速度が遅い場合も多いため狭すぎるのもよくありません。各業者のスプレッドを比較して平均を算出し、なるべく平均より広い業者を選ぶことも考慮が必要です。

スプレッドの配信率も確認を

海外FX業者のほぼ全ては変動スプレッドを採用しています。インターバンク市場の動向次第でスプレッドも変動しますが、やはり変動が多すぎると取引に支障をきたす可能性があります。可能であれば、スプレッドの配信率もチェックしておきましょう。

配信率はスプレッドが固定配信されている割合を指す指標です。配信率が高いほど業者のスプレッドが固定され、逆に低ければ度々変動していることを表しています。配信率100%の業者を選ぶことが望ましいものの、インターバンク市場での動向次第のため、現実にはまずあり得ません(原則固定の国内業者を除く)。

配信率が安定しているFX業者ならスプレッドが変動するリスクは低くなります。相場の急変動時など、急に広がってしまう可能性は否定できませんが、通常の取引においてコストを抑え、利益を積み上げやすくなるでしょう。

各通貨ごとのスプレッドを比較する

各通貨ごとのスプレッドを比較する

また、取引したい通貨ペアのスプレッドを業者間で比較することをおすすめします。最低でもメジャーな通貨ペアのドル円・ユーロ円・ドルユーロの3種類は比較したほうが良いでしょう。これらの通貨ペアはスプレッドも狭いのが一般的ですが、業者により0.1~0.5pips前後の違いがあります。

逆にマイナーな通貨はスプレッドが広く、2~3pipsを超すことも珍しくありません。各業者間のスプレッド差も大きいため、取引をするなら比較が必須とも言えます。マイナー通貨は潜在的に地政学リスクが大きく、取引量も多くはないことから、スプレッドは広めになっています。

狭過ぎず広すぎず

海外のFX業者を選ぶ際はスプレッドが重要です。しかし、狭すぎてもいけませんし、逆に広すぎてもコストが増すだけです。取引時には各業者のスプレッドを比較したり、バランスを見極めたりする必要があるでしょう。

ただし、配信率の安定性に欠ける業者は考えものです。スプレッドが安定していなければ取引コストの予測が立てられません。スプレッドだけで業者を選ぶ方も中にはいますが、相場が少し変動しただけで予想外に広がってしまうリスクもあります。配信率もしっかりチェックして業者を選びましょう。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ