経済指標発表で海外会社のスプレッドはどうなる?

経済指標発表で海外会社のスプレッドはどうなる?

FX取引においてレートの変化はトレーダーにとって気になる要素です。

FXは二つの通貨をペアにして、買い注文や売り注文でレートの変動に伴って決済させていきます。トレーダーは直接的にFXの市場と取引するのではなく、仲介役となるFX会社で口座を開設して取引をします。

FX取引の手数料のメインとなるのがスプレッドです。通常は通貨ペアの買い注文と売り注文のレートに差があり、この差の部分をスプレッドと言います。スプレッドは高いや低いで表現されるだけでなく、広いや狭いでも表現されます。そして、スプレッドには変動スプレッド、原則固定スプレッド、完全固定スプレッドの三種類あります。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

平素の状態であればスプレッドは狭く小さい

平素の状態であればスプレッドは狭く小さい

変動スプレッドや原則固定スプレッドは状況に応じてスプレッドが変化します。スプレッドは通貨ペアの安定性を示す物差しでもあり、スプレッドが小さい通貨ペアは安定的な取引ができる通貨ペアでもあります。

普段は買い手と売り手のバランスが一定で保たれており、スプレッドも相対的に狭く小さくなっています。取引量が多い通貨ペアほど、安定性は高くなるのでドル円やドルユーロなどはいろいろある通貨ペアの中でもスプレッドが最小値になっている場合がほとんどです。

一方で、発展途上国の通貨ペアなどになると取引数が少ないことや、通貨の安定性が小さいことなどからスプレッドは広く大きくなりやすい特徴があります。このように取引数とスプレッドには一定の関係性があります。

レートが大きく動くときにスプレッドは広がる

FX会社はトレーダーの注文を受けて、カバー先やインターバンク市場に再度注文を出します。そのため、レートが動いているときはトレーダーが注文したレートとFX会社が再度注文するレートにズレが生じることがあります。プラスの方向にレートがずれてくれればいいのですが、損失側にレートがずれてしまう可能性もあります。

レートが動いているときはFX会社も損失を受けやすい状況になるため、スプレッドを広くしてリスクを低減します。完全固定のスプレッドになっているFX会社の場合だと、レートが大きく動いてもスプレッドは固定です。それ以外のスプレッドタイプだと急激なレート変動のときはスプレッドが拡大します。

これだけ見ると完全固定のスプレッドにメリットがあるように思えますが、普段のスプレッドは他のスプレッドタイプに比べると高めです。スプレッドが広がるのを避けたいならレートの動きが大きいときの取引を避ければ良いだけなので、完全固定スプレッドを利用して取引することのメリットは大きくありません。

国内FX会社と海外FX会社のスプレッドの違い

国内FX会社と海外FX会社のスプレッドの違い

国内FX会社と海外FX会社を比較した場合に、国内FX会社の方がスプレッドは相対的に小さくなっています。しかし、スプレッドが広いにも関わらず国内FX会社から海外FX会社に口座を以降するトレーダーは多くいます。

スプレッドが違っているのは、取引方法の違いによります。国内FX会社の場合だと、相対取引と言って連携している金融機関との取引になり、取引の透明性も高くありません。注文とは違うレートで約定するスリッページや約定拒否、リクオートなどが起こりやすいため、トータルコストで見ると高くなりがちです。

一方で、海外FX会社の場合だとインターバンク市場取引になるため、高い透明性の中で取引することができます。約定力も高いので、注文通りに約定しやすい特徴があります。スプレッドが広くても、トータルコストで見ると国内FX会社よりも低いケースもあります。

海外FX会社のレートが大きく動くタイミングは経済指標発表

海外FX会社で口座の開設をしてFXをする場合に、スプレッドが気になるトレーダーは多いと思います。レートが動きやすいタイミングというのは、大体決まっていて経済指標の発表があるときもレートは大きく動きます。経済指標の種類の中でも、特に米国関連の経済指標発表はレートに大きな影響を与えます。

レートが大きく動くときは、一気に利益を積み上げるチャンスでもあります。一方で、レートの動きが活発になることによってスプレッドは広がります。海外FX会社の場合だと、変動スプレッドや原則固定のスプレッドになっていることが多いため、平素の状態よりも広いスプレッドで取引をしなければなりません。

経済指標の発表時はスプレッドが広がることで、注文を入れてからレート変動に伴ってポジションがプラスになるまでには時間もかかります。逆にマイナス方向にレートが動いてしまうと一気にロスカットに向かう可能性もあるので注意が必要です。

自然災害やテロなどと違って、経済指標発表は事前に告知されているので急激なレート変動に備えることは可能です。ただし、スイングトレードのように長期ポジション保有の取引をしている場合は、高いレバレッジをかけての取引だとロスカットされる可能性があります。

経済発表時の対応は海外FX会社によって異なります。レートが激しく動くので、約定力が下がって約定拒否が起こりやすくなるタイミングですが、GEMFOREXは経済指標発表時でも約定拒否が起こることや意図的にスプレッドが広がるようなことはありません。経済指標発表時もFX取引を積極的に行うなら、意図的なスプレッドの広がりや約定力の低下がないFX会社を選ぶことも大切です。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ