海外FX会社のスプレッドを比較するときの注意点

海外FX会社のスプレッドを比較するときの注意点

海外FX会社を選ぶにあたり、「少しでもスプレッドは狭い方がいい」と考える人は少なくありません。

スプレッドは取引コストになるため、手数料が少ない方がいいと考えるのは自然です。しかし、海外FXの上級者になってくるとスプレッドにこだわって海外FX会社を選ぶ人は少なくなってきます。なぜ、スプレッドにこだわりがなくなるのでしょうか?今回は海外FX会社のスプレッドを比較するときの注意点と共に、海外FXにおけるスプレッドの重要性についても触れていきます。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

国内FXのスプレッドと海外FXのスプレッドの比較の注意点

国内FXのスプレッドと海外FXのスプレッドの比較の注意点

国内FXで物足りなくなり、海外FXに移行する人は増えています。国内FXの経験がある人なら、海外FXのスプレッドの高さに驚くかもしれません。スプレッドだけで比較するのであれば、海外FXのスプレッドよりも国内FXの方が狭いです。なぜ、国内FXと海外FXに大きなスプレッドの差が生じるのかを知る必要があります。

国内FXと海外FXのスプレッドの差は、それぞれの取引方法の違いによります。国内FXは相対取引を導入しており、トレーダーから受けた注文をインターバンクに流さず、FX会社が呑んで取引をします。本来ならFX会社がインターバンク市場に注文を流すときに手数料が発生するのですが、呑むことによって手数料が不要になります。ですから、国内FX会社のスプレッドは狭いのです。

一方、海外FXはトレーダーから受けた注文をインターバンクに流します。市場にそのまま注文を流すことになるので、手数料が発生します。この手数料が上乗せされることで、海外FXのスプレッドは相対的に高くなってしまうわけです。

相対取引とインターバンク取引を比較すると、スプレッドの狭さに惹かれて相対取引の方がいいように感じます。しかし、相対取引はFX会社が注文を呑むため、トレーダーが利益を出すとFX会社は負ける仕組みです。トレーダーの利益に比例して損失が増える仕組みなので、トレーダーに負けて欲しいのが実際のところになります。そのため、意図的なスリッページを引き起こすことやレートをずらして提示するなど、悪質な行いをしている国内FXも少なくありません。FX取引をするなら、スプレッドが少々高くても透明性の高い海外FXの方が安心です。

海外FX会社同士のスプレッド比較の注意点①スプレッドタイプで比較

海外FX会社を選ぶときに、海外FX会社同士のスプレッドを比較して選ぶトレーダーも少なくありません。海外FXのスプレッドは原則固定で大きな為替変動が起こったときに変動する原則固定型スプレッドと、インターバンクレートでスプレッドが刻々と変化する変動型スプレッドの二つを採用しているところがほとんどです。

原則固定だと平常時のスプレッドは変動スプレッドに比べると広いですが、為替変動が起こったときは変動スプレッドの方が急激に広がります。このように、原則固定型と変動型のスプレッドは性質が異なっている点に注意しなければなりません。比較するときは、スプレッドのタイプを合わせて比較しましょう。

海外FX会社同士のスプレッド比較の注意点②通貨ペアのスプレッドで比較する

海外FX会社同士のスプレッド比較の注意点②通貨ペアのスプレッドで比較する

海外FX会社同士のスプレッド比較をする場合、注文を入れる通貨ペアのスプレッドで比較する必要があります。これは、通貨ペアによってスプレッドが異なっているためです。スプレッドはFX会社が独自に設定しているもので、通貨の流動性や経済状況などを考慮しながら決めています。

当然、FX会社によって比重のバランスも異なってきます。 たとえば、海外FX会社Aと海外FX会社Bがあるとします。海外FX会社Aの方が[円/ドル]や[円/ユーロ]のスプレッドが海外FX会社Bより広くても、[ドル/ユーロ]や[豪ドル/ユーロ]のスプレッドは海外FX会社Aの方が狭い場合もあるわけです。

海外FXで取引をしているうちに、自分と相性のいい通貨ペアも見つかってきます。全体的にスプレッドが狭い海外FX会社よりも、全体的にスプレッドが広くても自分が投資したい通貨ペアのスプレッドが他より狭ければ、その方がスプレッドの負担は軽減されます。「スプレッドが狭い」とアピールしている海外FX会社は、何の通貨ペアのスプレッドが狭いのかについても確認しておくとよいでしょう。

海外FX会社の比較はスプレッドよりも約定率の方が重要

スプレッドの狭さを売りにしている海外FX会社は多いです。スプレッドはトレーダーが直感的に意識しやすい手数料ということを意識してスプレッドを売りにしています。しかし、スプレッドの狭さだけで海外FX会社を選んでもトレードで勝てるとは限りません。そもそも海外FX会社選びでは、スプレッド比較をするよりも約定率比較の方が重要なのです。

約定率は注文通りに約定できる確率のことです。約定率が90%なら100回中90回は注文通りに約定することができて、残りの10回は注文とは別のレートで約定しまいます。スプレッドが狭くても、注文通りに約定できないと意味がありません。先に約定率を比較し、その上でスプレッドを比較していくことが重要になります。

スプレッドの狭さに惑わされないように注意しよう

スプレッドの狭さばかりを意識して海外FX会社を選んでしまうのは、海外FX初心者に多いミスです。スプレッドの狭さよりも、約定率が高いこと、他にも海外のFX会社を利用するので取引ツールが日本語に最適化されていることや安心できるサポートがついていることも大事です。

すべてのバランスが整っている海外FX会社はなかなかありませんが、海外FX会社GEMFOREXのように、完全日本語対応や99%を超える約定率、ゼロカットシステム、平均的なスプレッドなど安心して取引できる環境が整っている海外FX会社も存在しています。失敗しない海外FX会社選びをするためにも、スプレッドの狭さに惑わされないように気をつけましょう。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ