海外FX会社のスプレッドに注目してランキングしてみました

海外FXで取引をすると、取引ごとにスプレッドがかかってきます。スプレッドはFXの取引コストの一つで、スキャルピングが主体となる海外FXだと取引回数が多いため、スプレッドの少しの違いでトータルコストに大きな差が出ます。海外FX会社によって設定しているスプレッドは異なります。そこで今回は、海外FX会社のスプレッドに注目してランキングを作ってみました。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

スプレッドランキングの基準

スプレッドランキングの基準

各海外FX会社で取り扱っている通貨は異なります。スプレッドを比較するためには、どのFX会社も取り扱っている主要通貨で比較するのがポイントです。今回は、「円、ユーロ、ドル、ポンド、豪ドル、英ポンド」の6つのスプレッドを比較していきます。また、手数料がかかる代わりにスプレッドが狭いECN口座に関しては、取引手数料と平均スプレッドの和で比較します。

スプレッドランキングは海外FX会社選びの参考の一つになります。海外FX会社によっては口座開設のときの初回入金額が100万円を超えるようなところもあり、海外FX初心者や少ない資金で取引しようと考えている人には非現実的な入金額です。口座開設することも踏まえ、初回入金額が10万円以下になっている海外FX会社をピックアップしています。

3位 全体的に安定したスプレッドのAxiory

Axioryと言えば、2013年からFXサービスを開始した海外FX会社として有名です。cTraderという取引ツールが使用できるのも特徴で、NDD取引を採用していることや日本語サポートに強いなど、日本人トレーダーが安心して取引できる環境を整えています。

ドルや円、ユーロなどの基軸通貨のペアでは、スプレッドの平均値が1.0~1.5とかなり小さくなっています。基軸通貨だけで見ると、1位や2位の海外FX会社にも引けを取りません。6つの通貨のスプレッド平均も1.5を下回っており、かなり狭いスプレッドでサービスを提供しています。

ただし、Axioryは初回入金額が2万円以上と他の海外FX会社に比べるとハードルがやや高めになっています。スプレッドが狭い代わりに入金ボーナスもないので、ボーナスで投資資金の底上げをすることもできません。とりあえず海外FXをやってみるという人には、ややハードルの高さを感じるかもしれません。

2位 海外FX会社の中でも知名度が高いTitanFX

TitanFXは2013年に設立された海外FX会社で、ニュージランドを拠点に世界各国のトレーダーが口座開設をしています。もともと日本人トレーダーから人気があったPepperstoneという海外FX会社の後釜的な存在となっています。

TitanFXが提供しているブレード口座は、ユーロ/ドルの通貨ペアのスプレッドが0.9と、1.0を下回る狭さになっています。ユーロ/ドルの通貨ペアに関しては、海外FX会社の中でも一番小さいスプレッドで提供されています。他の通貨ペアの平均的なスプレッドも1.4を下回っています。TitanFXは取引制限がないので、スキャルピング取引にも向いています。

ただし、初回入金額は約2万円と、まったくFXをしたことがない人にはややハードルの高さを感じます。TitanFXはボーナスもないので、ボーナス分を使ってFXに慣れるまで運用するということもできません。

1位 スプレッドの狭さに特化した海外FX会社のLAND-FX

スプレッドの狭さに特化した海外FX会社のLAND-FX

LAND-FXは、ニュージランドに本社がある新興海外FX会社です。ブローカー業務を世界中で展開していることもあり、さまざまな国のトレーダーが口座開設をしています。高い約定力や豊富な通貨ペア、日本語サポートがあることから日本人トレーダーも多く利用しています。

スプレッドの狭さランキングは圧倒的にLAND-FXが1位です。円/ドルとユーロ/ドルの通貨ペアのスプレッドは約0.8、豪ドル/円の通貨ペアでも1.6の狭さになっています。主要通貨ペア合計平均値も約1.3です。各通貨ペアのスプレッド、全体平均したスプレッドも他の海外FX会社よりかなり狭くなっています。さらに、LAND-FXでは口座開設の際にボーナスを受け取ることができます。受け取ったボーナスを軍資金にして投資することができます。

一見、完璧なように思える海外FXですが、取引禁止事項が多い業者でもあります。他の海外FX会社の口座を利用して両建てすることやアービトラージ取引などが禁止されています。また、高頻度の注文や取引も禁止されています。これが意味することは、「スキャルピング取引は控えなさい」です。そもそも、スプレッドの狭さのメリットはスキャルピングで活きてきます。スキャルピングができないのであれば、スプレッドが狭くてもあまり意味がありません。

スプレッドランキングは参考までに

スプレッドが狭い海外FX会社をランキングで紹介してきました。スプレッドが狭い海外FX会社は魅力を感じますが、スプレッドが狭い代わりにボーナスがないことや初回入金額が多いこと、スキャルピング取引ができないなどのデメリットがあります。主要通貨ペアのスプレッドの違いはせいぜい1pipsくらいであり、ボーナスやスキャルピングを犠牲にしてまでスプレッドの狭さにこだわる必要性は感じません。

では、どのような海外FX会社がよいのでしょうか。海外FX初心者やこれから海外FX会社を始める人の中には十分な資金がないという人も少なくありません。入金に応じてボーナスを受け取れる海外FX会社選びが一つのポイントになってきます。また、スキャルピング取引ができることもポイントです。

これらの条件を満たしている海外FX会社の一つに、海外FX会社GEMFOREXがあります。ボーナス100%に1000倍レバレッジ×スキャルピングも可能です。また、スプレッドも円/ドルが1.2、ユーロ/ドルが1.2と広くはありません。スプレッドランキングは参考までに、海外FX会社を選ぶときはスプレッドも含めて総合的に判断しましょう。

キャンペーン・ボーナスも充実なGEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ