スプレッドコストを下げる方法 を考えてみました

スプレッドコストを下げる方法 を考えてみました

海外FXでスプレッドコストを下げる方法を考えることはとても重要です。なぜなら、スプレッドコストを下げることで利益を高めることができるからです。ではどうやって下げればいいのか?ここではその方法について解説していきます。

スプレッドの狭い業者で口座開設する

固定スプレッドのメリットとデメリット

スプレッドコストを下げる方法の一つは、スプレッドの狭い業者で口座開設することです。これはシンプルな方法ですが、初心者でもすぐ行うことができます。問題はどうやってスプレッドの狭い業者を探すかですが、これはインターネット上のランキングや比較サイトで海外FX業者のスペックが紹介されているので、そこをチェックしみましょう。そして各業者のスペックをチェックし、その中で最もスプレッドの狭い業者を見つけるだけです。

スペックで考慮すべき要素は他にもたくさんありますが、とにかくスプレッドコストを下げることを優先させるなら、この方法が一番です。スプレッドの狭い業者を見つけ出し、そこで口座開設すること、ただそれだけです。その上でさらに約定力が高くシステム障害の少ない業者を選択できれば、なお合格点です。なぜなら、約定力の高さとシステム障害の発生率はトレードコストに大きく関わってくるからです。よって、スプレッドの狭さを第一に考えつつ、約定力が高くシステム障害の少ない業者を選びましょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

キャッシュバックサイトに登録してから口座開設する

インターネット上には、海外FX業者と連携したキャッシュバックサイトというものがあります。これはどういうものかというと、キャッシュバックサイトに登録してからFX業者で口座を開設すると、一定の額のキャッシュバックが受けられるというものです。そしてこれを利用すれば、スプレッドコストを下げることができます。スプレッドを直接動かせるわけではありませんが、キャッシュバックを一定額受け取れるので、その金額分、実質的にスプレッドコストを下げたのと同じ状態にできるからです。

実際にこの方法を利用してどのぐらいスプレッドコストを下げられるかというと、具体例として、あるキャッシュバックサイトで登録してから口座開設すると、最小スプレッド1.0pips、平均スプレッド2.0pipsだったものが、最小スプレッド0.4pips、平均スプレッド1.4pipsに変わります。スプレッドの幅がこれだけ変身すればかなりのコスト削減ができるので、キャッシュバックサイトに登録しない手はありません。ちなみに、キャッシュバックサイトの登録にかかるコストを心配する人もいるかもしれません。しかし、これについてはまったく何の心配もいりません。なぜなら、キャッシュバックサイトの登録や利用にかかる手数料はないからです。登録する手間はかかりますが、スプレッドコストが下がることを考えればたやすいものでしょう。

トレードスタイルを長期保有型にする

トレードスタイルを長期保有型にする

スプレッドの幅を変えることなくスプレッドコストを下げる方法としては、デイトレードなど短期売買から長期保有型のトレードスタイルに変えるという手もあります。短期売買の特徴は取引回数と取引額が大きいことですが、このスタイルではスプレッドコストがかかる一方です。なぜなら、スプレッドは取引のたびに発生するからです。取引を繰り返せば繰り返すほど、また取引額が多くなればなるほど、スプレッドコストがかさむ仕組みなので、どうすることもできません。しかしこのトレードスタイルを変えて長期保有型にすれば、取引回数も取引額も大幅に減り、それに伴ってスプレッド幅の影響が少なくなり、結果的にコストを下げることができます。

長期売買は文字通り長期間に渡ってポジションをキープするスタイルなので、取引回数も取引額も小さくなり、収益性に与えるスプレッド幅の影響を最小限にできるのです。長期保有型のトレード方法は具体的に、スワップポイント狙いや、数年に一度しかトレードしないポジショントレードなどがあります。こうした方法に切り替えて取引回数を減らせば、スプレッドコストを下げられるでしょう。もっとも、長期売買にもレバレッジのメリットが得られないとか資金効率が悪いなど、少なからずデメリットもあるので、その点は考えておく必要があります。

海外FXにおけるスプレッドコストの実情

スプレッドコストを下げる方法について具体的に紹介してきましたが、最後に次のことも頭に入れておきましょう。

それは、スプレッドに関しては海外FX特有の事情があるということです。その事情とは、海外FXでは全ての手数料=スプレッドであり、それ以外の部分で手数料を徴収されることはないということです。国内FXではスプレッド以外でも収益を上げる仕組みを作っていますが、海外FXの場合、基本的に収益源はスプレッドしかありません。

それゆえ、海外FXのスプレッドは国内FXに比べて高めに設定されているのです。つまり何が言いたいかというと、海外FXのスプレッド幅が広いといっても、トレードコスト全体からみれば、それほど突出しているわけではないということです。しかも、海外FXではスプレッド幅を広くしている分、レートずらしやスリッページは行っておらず、余分に利益を搾取されることがないというメリットがあります。少し余談になりましたが、海外FXでスプレッドコストについて考えるとき、こうした実情は頭に入れておいてもいいでしょう。

海外FXでスプレッドコストを下げる方法は、各業者のスペックを比較しスプレッドの狭い業者を見つけて口座開設すること、キャッシュバックサイトに登録してからFX取引を始めること、短期売買から長期保有型にトレードスタイルを変えること、などがあります。加えて、海外FX業者はスプレッドだけを収益源にしており、その点を考えると海外FXのスプレッドコストが特別に高いわけではないことも覚えておきましょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ