海外FX会社スワップポイント比較でアービトラージのススメ

スワップポイントとは、FXで得られる利益の1つで、2国間通貨の金利差のことを言います。国が発行している通貨には、それぞれの国が定めている金利がありますが、ご存知のように日本は低金利国家です。一方でトルコ(TRY/JPY)や南アフリカ(ZAR/JPY)、ニュージーランド(NZD/JPY)などは高金利通貨です。 NZD/JPYを買うということは、日本円を売ってNZドルを買うことになりますので、通貨間の金利差はプラスになります。この金利差がプラスならば、買いポジションを保有中は、毎日金利差分の利益を受け取ることができます。これがスワップポイントと呼ばれるものです。

このスワップポイントは、国が定めた金利を元に各FX会社が個別に設定しております。ですので、各FX会社が定めるスワップポイントを詳しく見てみる事で、スワップポイントを上手く利用したFXトレードにおける利益が得れる事になります。ちなみにGEMFOREXが設定している各通貨のスワップポイント一覧表はコチラとなります。

当ページでは、GEMFOREXが海外FX会社スワップポイント比較を行い、FXトレーダーの皆様にスワップポイントを利用して上手に利益を受け取って頂く為のスワップポイントアービトラージのススメとして紹介してまいりたいと思います。

海外FXと国内FXのスワップポイントを比較

国内FXの方がスワップポイントは大きい

海外FXと国内FXを比較した場合、国内FXの方がスワップポイントは大きい特徴があります。これは、スワップポイントに含まれている手数料が小さいためです。国内FXは相対取引を取り入れており、トレーダーの損失分が利益になります。スワップポイントから手数料を多く徴収しなくても、トレーダーを敗けさせればいいのです。

一方、海外FXはトレーダーの注文をインターバンクに流すNDD取引を導入しています。手数料はスプレッドやスワップポイントになるため、トレーダーに勝ってもらって取引回数を増やしてもらうと利益も増える仕組みです。相対取引と違って、海外FX会社が経営するためにはスワップポイントからも一定の手数料を差し引く必要があり、これが国内FXよりも海外FXのスワップポイントが小さくなっている理由です。

海外FXは高スワップポイント狙いができる通貨の取り扱いが多い

海外FX会社によって取り扱っている通貨は異なります。ちなみに、スワップポイントは高金利の通貨を買うことで発生する金利です。先進国の通貨は軒並み低金利になっているため、高金利なのは発展途上国や資源国などが中心です。

国内FXに比べると海外FXの方が取り扱っている高スワップの通貨は多くあります。国内FXは国内在住者を対象としているFXであることに対し、海外FXは世界中のトレーダーを対象にしており、通貨ペアのバリエーションも多くしているからです。相対的に海外FXの方がスワップポイントは低いものの、高スワップポイントが狙える通貨が多いのは海外FXのメリットの一つになります。

海外FXは高いレバレッジで高スワップポイントが狙える

国内FXと海外FXの大きな違いにレバレッジの上限があります。レバレッジの上限が25倍に制限されている国内FXに対し、海外FXは1000倍を超えるレバレッジをかけることも可能です。レバレッジは少ない資金で大きな利益が狙える仕組みですが、スワップポイントにもレバレッジは反映されます。高いレバレッジをかけて大きなスワップポイントが狙える点も、国内FXと海外FXの大きな違いの一つです。

スワップ運用の注意点とは

長期運用が必要

スワップポイントは毎日入ってきます。しかし、一日あたりの利益は為替差益を狙うトレードよりもかなり少なめです。スワップポイントで利益を得るためには、継続的な運用が必要になってきます。すぐにFXで利益を出したい人にとって物足りなさを感じるかもしれません。もちろん複数のポジションを持って運用することもできるので、為替差益を狙った運用をするポジションとコツコツ利益を積み上げるスワップポイントの運用を同時に行う運用もおすすめです。

為替変動のリスクが大きい

海外FXでスワップポイントを狙った運用をする場合、自ずと投資の対象になるのは発展途上国や資源国の通貨です。これらの通貨が絡むペアは高スワップが狙える代わりに、平素の状態でもレート変動はかなり大きくなっています。仮にスワップポイントで安定的な利益を出すことができても、急激な為替変動が起こって、積み上げてきたスワップ利益以上の損失が瞬間的に出てしまうリスクもあります。

為替変動のリスクが大きいのはスワップポイントを狙った運用のデメリットです。為替変動に耐えるためにも、レバレッジを引き下げて運用することや口座に十分な資金を預けておくなどの対応が必要になります。これまでの値動きも参考にしながら、投資する通貨ペアを選んでいきましょう。

スワップ運用にうってつけの海外FX業者はどれ?

スワップポイントでアービトラージができる海外FX業者

海外FXのスワップ運用では、アービトラージの有無もポイントの一つになってきます。アービトラージは、一つの通貨ペアに対して買いポジションと売りポジションを持つ両建ての取引方法です。スワップポイントは通常、買いポジションと売りポジションを両建てするとマイナスになります。しかし、一部のスワップポイントでは両建てをしてもスワップポイントがプラスになるのです。この通貨ペアをアービトラージすれば、継続的に安定した利益が入ってきます。為替変動のリスクもありません。

また、スワップポイントは海外FX会社によって異なっています。二つの海外FX会社の口座を用意し、それぞれの口座を通して両建てをしてスワップポイントを稼ぐのもアービトラージの一つです。この場合も両建てが禁止されていない海外FX業者を選ばなければなりません。スワップ運用では、両建てやアービトラージに許容的なスタンスを取っている業者選びをおすすめします。

スワップポイント狙いができる通貨ペアがある海外FX業者

海外FXでスワップポイント狙いの運用をする場合、前提になるのがスワップ狙いのできる海外FX業者の有無です。ドルや円、ユーロなどの基軸通貨のペアだと、ほとんどの海外FX業者でスワップポイントはマイナスになっています。基軸通貨の通貨ペアを中心に取り扱っている海外FX業者だと、スワップ狙いの通貨ペアの選択肢は限られます。

また、発展途上国の通貨のようにどう転ぶか分からない通貨ペアのスワップを狙うのもリスクがあります。スワップ狙いなら比較的値動きが安定している資源国通貨で、なおかつスワップポイントで利益が出る海外FX業者がおすすめです。海外FX業者を選ぶ場合は、取り扱っている通貨ペアの種類だけでなく、それぞれの通貨ペアのスワップポイントも確認しておきましょう。

海外FXのスワップ運用はアービトラージができるGEMFOREXがおすすめ

前述の通り、日本は超低金利国家です。しかし、その一方でトルコ(TRY/JPY)や南アフリカ(ZAR/JPY)、ニュージーランド(NZD/JPY)などは高金利通貨です。NZD/JPYを買うということは、日本円を売ってNZドルを買うことになりますので、通貨間の金利差はプラスになります。この金利差がプラスならば、 買いポジションを保有中は、毎日金利差分の利益を受け取ることができます。しかしながら、逆に高金利通貨を「売り」ポジションで保有すれば、マイナスのスワップポイントが発生するため、長期で保有し続ければ、毎日スワップポイント(金利差)を支払うことになるわけです。

実はこれはバカになりません・・・

だったら、スワップポイントを売りの場合でも買いの場合でもマイナスにしなければどうでしょう?

どっちもプラス金利にしてしまうわけです。
これが出来れば、あくまでも理論上とはなりますが、死ぬまで週末以外は永久に毎日、小銭がチャリンチャリンと、あなたもFX口座に入り続ける事になります。

そんな事が可能なのか?
と言った素朴な疑問を持ってしまうかと思いますが、当ページは、その辺りを検証する為のページとなります。

ちなみにGEMFOREXは、同一口座内であればそれを認めております。

GEMFOREXのスワップポイントで

  • EURJPY(ユーロ円)
  • EURUSD(ユーロ米ドル)

の金利を出してみました。
※2017年4月1日現在

証拠金10万円で一番リスクを低くした取引内容で計算した場合

EURJPY

買い 100,000×0.001 × 1.40 × 0.1 = 約+14円/日
売り 100,000×0.001 × 0.30 × 0.1 = 約+3円/日
1日17円

EURUSD

買い 100,000×0.00001 × 1.95 × 仮に102.00(USDJPYレート)× 0.1 = 約+19.89円/日
売り 100,000×0.00001 × 1.54 × 仮に102.00(USDJPYレート)× 0.1 = 約+15.708円/日
1日35.598円

の金利が毎日、理論上、口座に入金されて来る事になります。
10万円で毎日52.598円のお金が口座に振り込まれて来るわけです。

GEMFOREXみたいに1社の同一口座内でスワップポイントを利用したアービトラージが出来る会社もあれば、2社間の口座を利用してスワップポイントにおけるアービトラージが出来たりもしますので、その辺りを当ページではご紹介していければと思います。
是非、あなたのFXトレードライフにご活用下さい。

海外FX会社スワップポイント比較でアービトラージのススメ

海外FXと言えば、短期間の間にFX取引を何度も繰り返すスキャルピングが主流です。海外FX初心者から海外FX上級者まで、スタンダードな取引スタイルになっています。それとは別に、スワップポ...
今回は初心者でも安定した収益を得やすい、スワップトレードについて紹介します。スワップトレードで効果的に利益を上げるにはどうすればいいのでしょうか?そのような素朴な疑問への答えは...
海外FXで利益を出す方法と言えば、為替差益を狙うのが一般的です。簡単に言うと、1ドル110円のドルを買って、1ドル120円になったタイミングで売って10円の利益を得て、1ドル110円のドルを売...
お金を預けると利息がつき、お金を借りると金利が発生します。利息や金利は、その国の施策金利によってだいたい決まっています。FXは二つの通貨ペアを選択し、その価値が刻々と変動すること...
海外FXと言えば、ゼロカットシステム×ハイレバレッジ×スキャルピングの組み合わせで、低リスクでどんどん利益を積み上げていく投資スタイルが一般的です。海外FX初心者から上級者まで、手返...