勝手に海外FX会社のForex.comUKとスワップポイント比較

海外FX初心者の方々がここで「スワップポイント」に関心を持つことはちょっと厄介な問題なのでしょうか。そうではなくて初心者の方々にこそスワップポイントに注目をして勝つことが出来るFX投資の可能性を高めていただきたいのです。スワップポイントのことをここで勉強してもらって、更に「両建てによるスワップアービトラージ」まで到達しましょう。

スワップポイントとは何か……

スワップポイントとは何か……

外貨を安く買って高くなったら売るという方法とは別に、FX投資にはもうひとつの稼ぎ方が存在しており、それがスワップポイントです。みなさんにスワップポイントをおすすめしたい理由は、日本が現在(2016年1月時点)政策金利がわずか0.10%の超低金利国であるためです。0.10%のような超低金利国がある一方では、2.00%以上のオーストラリア、 6.00%の南アフリカ共和国などが存在していたりします。

ですから海外FX会社で低金利国の通貨で高金利国の通貨買いをすれば、金利差が生まれて保持しているだけで金利を得ることが出来ます。例えばですが日本円の金利が0.10%のときに豪ドルの金利が3.00%であれば日本円で豪ドルを買って、差し引き2.90%の金利を得ることが出来ます。ただし、逆のパターンで豪ドルで日本円を買ってしまえば、差し引き-2.90%の金利を海外FX初心者の方々が負担をしなければならない事態になりますので注意をしましょう。

スワップポイント比較 それぞれの海外FX会社でスワップは違う

海外FX初心者の方々がスワップポイントに注目したときに「通貨ペア」が大事ということがすぐに判ります。それぞれの海外FX会社で微妙にスワップポイントが違うということも判るでしょう。政策金利があるので違うのが不思議な感じもしますが、スワップポイントとはそもそもスプレッドと同じように業者の儲けポイントとして考えることが出来ます。それぞれ海外FX会社が政策金利をもとに独自で決定した金額ということであり、国内のOTC(DD)方式を採用しているFX会社などでは、買いスワップと売りスワップを合計するとマイナスになってしまうケースも多くあります。

FX会社の手数料であり、FX会社が自由に決めることが出来るものである以上、それぞれの海外FX会社でスワップポイントが違うということはごくごく当たり前のことなのです。ですから海外FX初心者の方々も各通貨ペアのスワップポイントをそれぞれの海外FX会社で事前に確認するという作業が必要なのです。高金利通貨ペアで長期的に買いを持つために、スワップポイントが高いFX会社を探してみましょう。そのような視点を持つことでベストな海外FX会社がどこかということが今までとは違って見えてくるかもしれません。

海外FX会社Forex.comUKの場合……

海外FX会社Forex.comUKの場合……

海外FX初心者の方々がいざ海外FX会社でスワップポイント比較をしようと思ったとき、おそらくどのような方法でスワップポイント比較をすればいいかいきなり迷うことでしょう。慣れれば大した問題ではないのかもしれませんが、ほとんどの海外FX会社ではストレートにスワップポイント比較することが出来ず、MetaTrader4から見る方法のみを提供していたりします。 

Meta Trader4(MT4)は、Meta Quotes社 が開発した無料で使えるチャートソフトです。内蔵されているテクニカルツールによる分析だけでなく、MQL4と呼ばれるスクリプト言語を利用することで自分でインジケータを作ることも出来たりします。Expert Advisor(EA)と呼ばれる自動トレードの機能も備わっているため海外FX初心者の方々も Meta Trader4・MT4に慣れることも決して無駄なことではありません。

MT4でスワップポイントを確認する方法は、 為替レートが表示されている窓の内側で右クリックをしてサブメニューを表示させてください。

サブメニューの中から「通貨ペア一覧」のメニューを選択します。

この中から、目的の通貨ペアを選んで「設定」をクリックします。

ここで「スワップロング」、「スワップショート」を見ることが出来ます。

もうひとつ注意をしなければならないことがあり、ここで見ることが出来る数値は、売買スワップの利率(%)であるためスワップポイント(円)を更に計算し直しする必要があります。

そこで今回は、【契約サイズ × 取引数量 (Lot数) × 最小価格変動値{= 1/10乗数(桁)} × スワップの数値】という数式に従って数字をあてはめてみましょう。

例えば、「契約サイズ」は100,000 であり、「取引数量 (Lot数)」は1、「最小価格変動値」は、 1の前に0を桁の数値分だけ挿入すればOKです。【桁】が2であれば、 0.01です。

スワップロングが 0.68であれば、 スワップ(JPY)= 100,000 × 1 × 0.01 × 0.68 = 680(JPY)となります。つまり680円/日(10万通貨あたり)がスワップの参考値ということになります。

このような方法でスワップポイントをチェックしていくことになります。

海外FX会社GEMFOREXの場合

実際に海外FX初心者の方々がMT4について勉強するということは無駄ではありません。しかしもう少しストレートにスワップポイントが判る方法はないものかと考えるものではないでしょうか。個人が作っているホームページでは、海外FX会社のスワップポイント比較をしているものを見付けることがありますが、あまり正確ではない可能性もありますし、データが古いものである可能性もありちょっと注意は必要ですね。

海外FX会社GEMFOREXではそのような不満の声を聞き入れて日本人の方々にもとても判りやすく、【スワップポイント一覧】を用意してくれているのです。

インターネットで「GEMFOREX」「スワップポイント」で検索をすればすぐに見付けることが出来ますよ。

https://gforex.asia/tradecondition/fx/swap.php 

ここなら海外FX初心者の方々もスワップポイント比較・勉強を行うことが出来ます。

2017/05/22 06:00 時点で AUDCAD 1.36000 -7.84000 AUDCHF 2.16000 -10.34000 AUDJPY 2.22000 -8.38000 AUDNZD -8.09000 -0.19000 という感じでタイムリーなスワップポイント情報を得ることが出来ます。

アービトラージのすすめ

次に「アービトラージ」について勉強をしましょう。アービトラージ(裁定取引)とは価格差を利用したさや取りのことです。現物市場で取引されている為替レートと、先物市場で取引されている為替レートのギャップで利益を導き出して行きます。現在100円で現物取引されているモノがあるとして、先物に80円の値段が付いているのであれば先物を買って現物を売り20円の儲けにすることが出来、それがアービトラージの手法です。

この方法を海外FX初心者の方々もFX投資に活かしてみましょう。 ここで行うのが「業者間スワップアービトラージ」という手法です。例えば、豪ドル/円を海外FX会社Aで1万通貨買って、海外FX会社Bで1万通貨を売るという場合、単純にAで1万通貨買い得られるスワップポイントが68円/日であり、 Bで1万通貨売り支払うスワップポイントは44円/日です。そこで口座の差額24円/日が収益にすることが出来ます。

もしも為替変動により豪ドル/円が下落してしまったという場合、海外FX会社Aでは含み損を抱えてしまうことになりますが、海外FX会社Bでは含み益が発生が発生することになりますので、「為替変動」によるリスクが2口座で相殺されるメリットがあります。

両建てによるスワップアービトラージを禁止している海外FX会社が多い

ただし両建てによるスワップアービトラージは海外FX初心者の方々にとってリスクの少ない方法であるゆえ、FX会社がこのような方法を好んでいないケースが多くあります。FX会社の基本の仕組みはFX個人投資家のみなさんのリスクこそが儲けなのだと考えることが出来、FX会社では出来ればスワップアービトラージをして欲しくないと思っているためです。

GEMFOREXも例外ではなく、2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為や当社複数口座で両建て取引する行為は禁止です。

【GEMFOREXは1社の同一口座内でスワップポイントを利用したアービトラージはOK】

ただし、海外FX会社GEMFOREXでは1社の同一口座内でスワップポイントを利用したアービトラージは許可してくれています。

再度GEMFOREXの【スワップポイント一覧】をチェックしてみましょう。

GEMFOREXには、

EURJPY 1.40000 0.30000 EURUSD 1.25000 1.10000 (2017/05/22 07:00 時点)

といった long・shortプラススワップのものを見付けることが出来ますね。

ココにこそ海外FX初心者の方々がFX投資に勝つ方程式が存在しているのかもしれません。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ