勝手に海外FX会社のFXOpenとスワップポイント比較

最近では多くの個人投資家のみなさんが、FX投資においてスワップポイントと向きあっていると言います。それは海外FX初心者の方々にとっても確実に勝つことが出来るための方法であるかもしれません。

投資とはリスクを背負うことでもあります。 でも実際にこのような方法によって出来る限りリスクを減らすことが出来ると言うことをご存じだったでしょうか。

スワップポイントについて勉強をする

スワップポイントについて勉強をする

まず海外FX初心者の方々も「スワップポイント」が何かということを勉強しましょう。外貨預金を行った場合には通常なら金利が発生するものです。その金利に該当するものがスワップポイントです。FXとは2つの通貨を交換するものであり、そのまま通貨保有で得ることが出来る金利がありますよね。

もしも100万円持っているとして、その100万円は政策金利と同じ利回りで金利が発生しているはずです。 2015年4月現在では、日本の政策金利は0.1%ということなので、1,000円を金利として受け取ることが出来る計算となります。 また米国に視野を向ければ、その政策金利は0.25%ということなので受け取る金利は2,500円ということになります。米ドルの金利が2,500円であり、円の金利が1,000円であれば、差引1,500円がスワップポイントなのです。自国通貨は私達にとって円であり、円で米ドルを買うことが交換(スワップ)することなのです。例えば米ドル/円を買うケースでは米国の方が全然日本と比較をして高金利ということであり、差額分だけの高いスワップポイントを得ることが出来ます。

ただしスワップポイントは得ることが出来るだけの方法ではなくて、米ドル/円を売った場合では金利差はマイナスとなってしまい差額分は支払いしなければならないリスクを背負うことになります。1枚(10,000ドル)の売買によって、米ドル/円の場合、買いスワップポイントが10ポイント、売りスワップポイントが-10ポイントならば、買いの場合10円受け取ることが出来るものの、売りの場合では10円を支払いしなければならないことになります。

ここで得ることが出来るお金って儲けたとしても10円ということなので海外FX初心者の方々は少ないと感じてしまうかもしれないですよね。スワップポイントは毎営業日(ニューヨーククローズ時)に計算されることになり、10円であることは事実ですが、それが毎日となればいつの間にか相当な額になっているはずです。米ドル/円の買いを1枚(10,000ドル)分保有するとすれば、1年で得られるスワップ金利は10円×365日なので3,650円にまですることが出来ます。政策金利が7.5%もあるトルコリラのようなものもありますので、その場合ではスワップ金利は1枚(10,000トルコリラ)あたり125円にもなってしまうのです。そのとき買いポジションを1年間保有していれば45,625円にまで到達出来てしまうのです。

海外FX初心者の方々が別に何もしてないというのにです。ただしやっぱり注意をしなければならないのはマイナススワップです。トルコリラ/円のレートが現時点より1円高になると予測し、1枚売れば実際に1円の円高となり1円×10,000リラで10,000円が売買差益として入ってくれることになりますが、売りポジションであるから1日125円のスワップが差し引かれることになります。1円の円高になったのが1ヶ月後だとすれば125円×30日の額の支払いをしなければならないことになります。

海外FX会社で違う スワップポイント比較はしなければならないもの

海外FX初心者の方々がスワップポイント比較をしようという意欲をもった時点で海外FX会社によってスワップポイントが違うということにすぐに気付くでしょう。そのとき海外FX初心者の方々にとってFX会社の取引の中で、スワップポイントとは実に不可解なものという印象を持つかもしれません。

政策金利の差がポイントであるのに、なぜこのようなそれぞれ海外FX会社のバラツキが出てしまうのでしょうか。様々な海外FX会社のスワップポイント比較をすれば、政策金利の差とも全然思えないのです。

スワップポイントというものは業者とインターバンクとの間で決定されていくものであり、すべてはカバーをしているインターバンクとの交渉の中で勝手に生じるものであり、金利差というものの、金利差そのものの数字によって提供されるものではありません。あるFX会社ではドル円ではドルを買っても円を買ってもどちらもマイナススワップになりポジションを保有しているかぎり引かれるケースもあるようです。スワップの原則からいけばつかないことはあってもマイナスになることはないのですが、スワップポイント比較すれば平然とそのようなことが起こってしまうのです。それはつまり海外FX会社の事情であり、海外FX初心者の方々もそれ以上深く追求せず、自分にとってお得な海外FX会社がどこかという比較をすることの方がよっぽどのメリットがあります。

スワップポイントとは海外FX初心者の方々が想像している通り不可解なものなのです。

海外FX会社FXOpenの場合

海外FX会社FXOpenの場合

海外FX初心者の方々がスワップポイント比較をしようと思えば、意外とスワップポイントってどこから確認していいか判らないという思いになるはずです。海外FX会社は海外FX初心者の方々にとってあまり親切ではないのでしょうか。

海外FX会社の多くではスワップポイントはMetaTrader 4 (MT4) から確認することが出来るようですね。だからまず海外FX初心者の方々もMT4に慣れる必要があります。海外FX会社FXOpenのデモ口座開設の場合でもMT4からなので、いずれにしてもMT4の扱い方はある程度慣れる必要はありそうです。 MT4の扱い方は、基本それぞれの海外FX会社で同じです。

まずはMT4為替レートが表示されている窓の内側で右クリックをして下さい。サブメニューが現れます。この中から、「通貨ペア一覧」のメニューを選びます。すると利用している海外FX会社の扱う通貨ペアの一覧が表示されます。目的の通貨ペアを選んで「設定」をクリックしてみましょう。 ここでスワップロング・スワップショートを確認することが出来ます。

しかしここでは注意をしなければならないことがまだあり、スワップレート(%)が表示されているだけなので、スワップポイント(円)を計算し直しする必要があります。実際に海外FX初心者の方々にとって計算することが厄介と思ってしまうかもしれませんが、それは海外FX会社を利用する試練であり、ここを乗り越えるからこそ大きなメリットが海外FX会社によってもたらされるかもしれません。

【契約サイズ × 取引数量 (Lot数) × 最小価格変動値{= 1/10乗数(桁)} × スワップの数値】という数式をあてはめて、楽に計算を済ませてしまいましょう。 最小価格変動値はシンプルに1の前に0を桁の数値分だけ挿入でOKです。 【桁】が2なら0.01。契約サイズは 100,000 。取引数量 (Lot数) は1 。スワップロングが 0.68なら、スワップ(JPY)= 100,000 × 1 × 0.01 × 0.68 = 680(JPY)です。こんな感じで680円/日(10万通貨あたり)というスワップの参考値を導き出すことが出来ますよ。

GEMFOREXの場合

海外FX初心者の方々にとってMT4を扱うことはちょっと厄介と思えることなのかもしれません。スワップポイントをそのままストレートに確認出来る方法は何かないかとつい考えるものではないでしょうか。そのような人たちに海外FX会社GEMFOREXは大いにメリットをもたらしてくれるかもしれません。

海外FX会社GEMFOREXでは、【スワップポイント一覧】を用意してくれています。

https://gforex.asia/tradecondition/fx/swap.php

ここでは

2017/05/25 22:04 時点
AUDCAD 1.36000 -7.84000
AUDCHF 2.16000 -10.34000
AUDJPY 2.22000 -8.38000
AUDNZD -8.09000 -0.19000

というふうにストレートにタイムリーなスワップポイント比較をすることが出来ます。海外FX初心者の方々もここでスワップポイントについて勉強するのもありではないでしょうか。

アービトラージのすすめ

アービトラージのすすめ

更に海外FX初心者の方々には「アービトラージ」についても勉強していただきたいのです。 アービトラージ【裁定取引】とは価格差を利用したサヤ取りのことであり、一般的には現在100円で現物取引されている物があったとして、先物に対して80円の値段が付けば先物を買って現物を売り20円の儲けにすることが出来る手法のことです。これをFX投資にも利用をして「両建てによるスワップアービトラージ」をしてみましょう。

同じ通貨ペアを異なる業者で両建てをするという方法であり、豪ドル/円を海外FX会社Aで1万通貨買い、海外FX会社Bで1万通貨売った場合 Aで1万通貨買って得られるスワップポイントが68円/日、Bで1万通貨売って支払うスワップポイントは44円/日。2つの口座の差額24円/日が収益となります。ひとつの海外FX会社で含み損を抱えてしまったとしても、もうひとつの海外FX会社では含み益が発生しているため為替変動によるリスクは2口座で相殺されることになります。

この差額24円/日は海外FX初心者の方々にとっても間違いなく低いリスクで獲得する方法なのです。

海外FX会社では両建てを禁止している?

しかし実際に両建てによるスワップアービトラージが自由に海外FX会社で出来るということではありません。そもそもFXとはリスクをともなう手法であり、そのリスクこそが海外FX会社の儲けとなるからです。 両建てによるスワップアービトラージが極めて低いリスクであるなら海外FX会社の多くはそれを好ましいとは思ってはいません。したがって両建て・両建てによるスワップポイントを禁止しているケースも多くあります。

GEMFOREXも例外ではありません。 海外FX会社GEMFOREXでも2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為・当社複数口座で両建て取引する行為を禁止しています。

ただし、GEMFOREXでは1社の同一口座内でスワップポイントを利用したアービトラージは認めてくれているのです。

そこでもう一度GEMFOREXの提供している【スワップポイント一覧】をチェックしてみましょう。

GEMFOREXには、
EURJPY 1.40000 0.30000
EURUSD 1.25000 1.10000
2017/05/25 22:04 時点

と言った longとshortプラススワップのものを見付けることが出来ます。

このような点からもFX初心者の方々にとってGEMFOREXはひょっとしたら大いに注目すべき海外FX会社であるかもしれません。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ