勝手に海外FX会社のTradeviewForexとスワップポイント比較

勝手に海外FX会社のTradeviewForexとスワップポイント比較

FX投資といえば「レバレッジ」や「スプレッド」というものに対してばかり注目する海外FX初心者の方々も多いようですが、確実に勝つための方法として「スワップポイント」と「スワップアービトラージ」について勉強をしてみませんか?

FX投資とは少なからずリスクを伴うものではありますが、「スワップポイント」や「スワップアービトラージ」は投資リスクを最小限に留めることが出来る方法なのです。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREX

スワップポイントとは何か

スワップポイントとは何か

為替差益によるもの以外に異通貨ペア間の金利差によって発生する差益を得る方法があり、それがスワップポイントなのです。

例えば、米ドル/円を買った場合において、金利の高い米ドルを買い金利の低い円を売ることになり、金利の差がプラスであればそのまま利益として受け取ることが出来ます。米ドルの金利-日本円の金利=スワップポイントなのです。(逆のパターンとして売りポジションで持った場合金利の高い通貨を売り金利の低い通貨を買うことになり支払いをしなければならないケースもあります)

スワップポイントの高い国は……

日本は特に低金利国家と言われており注目して欲しい通貨ですが、日本と比較して金利の随分高い国を見付けることが出来ます。先進国を中心として各国の中央銀行が金利を下げて金融緩和している時期ではあるものの、その中で高い金利を市場に提供している意味もある程度理解することも必要ではないでしょうか。

なぜ新興国の金利が比較して高いのかといえば、 対外的に資金を呼び寄せることを目的としているケースが多いようですね。トルコなどはそれに当てはまり、 石油もそれ程産出されないために高金利政策で資金を呼び寄せざるを得ないというお国事情が存在しているようです。

オーストラリアやニュージーランドの通貨は、過去インフレ対策によって利上げをして来たという経験があります。 それは新興国との事情とは違い、 経済状況によって金利が動いて行くであろうということが予測出来ます。したがって現在高金利通貨だとしても、常に高金利ではないかもということもあらかじめ考える必要があります。

スワップポイントを政策金利という視点に立てば、状況が掌握できればなんとかなると考えることが出来るかもしれません。そのときその国の政治、経済状況を知ることもスワップポイントにとって大事なことです。ただしなかなか日本にいて、トルコなどのニュースをタイムリーに把握出来ないというのも現状ではないでしょうか……。

スワップポイントはFX業者によって違う

スワップポイントは政策金利イコールと思えば、徹底的に政策金利に注目することも意味があるかもしれませんが、スワップポイントはイコール政策金利ではありません。どうしてそのようなことが起こるのかといえば、海外FX会社の「努力」や「企み」のせいということになります。

スワップポイントは政策金利に基づいて決められてはいるものなので政策金利について勉強することも無駄ではありませんが、プラスαそれぞれの海外FX会社で勝手に決定出来るものです。

海外FX会社が提携しているカバー銀行が多いか、どのような交渉をしているかということも理由のひとつと言われています。 海外FX会社がカバーしている銀行がドルに特化していたり、豪ドルに特化していたりすることによってスワップポイントに変動は生まれてしまうものと考えてください。

海外FX会社は深く関わり合いを持っているカバー先の銀行と為替レートの確認をしています。海外FX初心者の方々が、FXサイトで取引する際に見るレートは、FX会社が銀行からいちいち確認をしてみなさんに表示するという作業をしているのです。既にこのカバー先の銀行が出している通貨レートと、海外FX会社が提示している通貨レートでは微妙に差が存在しています。この部分は海外FX会社の収益と考えて良いでしょう。出来る限り損をしたくないというのなら、差が限りなくゼロに近い海外FX会社を探す努力をしてください。

ただし差がゼロに近い海外FX会社が信頼できるFX会社ということではなく、信頼できる海外FX会社は更に努力をして、カバー先の銀行を増やすことに努力をしていたりすると言います。顧客が注文した時に海外FX会社は、指定された通貨値をカバー先銀行にオーダーし、【顧客】・【FX業者】・【カバー先の銀行】という流れの経緯があり、その間でどうしてもタイムラグが存在してしまうものです。タイムラグの間に、急激な価格の変動が起こるということも確率的には想定出来ることです。 もしも急激な価格の変動があった場合、負担は海外FX会社がしなければならないことになり、海外FX会社だってそんな負担を背負い込んだら倒産してしまうかもしれません。

そのような問題を回避するためには、一生懸命カバー先の銀行を増やす努力が必要になり、そのような努力によって、注文をスムーズに処理することができ、他のFX会社よりも安い金額を提示出来、海外FX初心者の方々に還元されるかもしれません。

つまり金利差を用いたトレードを行う場合は中央銀行の政策金利だけではなく、それぞれの海外FX会社が設定するスワップ金利を確認しないことにはトレードの際に損をする可能性が充分あります。

海外FX会社TradeviewForexの場合

海外FX会社TradeviewForexの場合

海外FX初心者の方々が、それぞれの海外FX会社でスワップポイント比較をしようと思うものの、スワップポイント比較をどこからしていいか判らないという体験を多くの人がするのではないでしょうか。

ここにひとつ問題があり、海外FX会社ではスワップポイントは変動するものであり、ホームページで公開するということをあまりしていません。ほとんどの海外FX会社では、スワップポイント比較はMT4(MetaTrader4)から確認することになります。

MetaTrader4は、チャート上から売買注文を出すことが出来、デモ口座開設でデモトレードも可能、 カスタムインジケータ使用可能、 MQL4言語を使って独自インジケータの開発も可能、MQL4言語を使って自動トレードシステムの開発も可能な軽量高速・最強プラットフォームと言われています。

ですから海外FX初心者の方々も最初にMT4について勉強するというのも方法としてありです。

MT4からスワップポイントの確認の方法ですが、 為替レートが表示されている窓の内側で右クリックをして下さい。

サブメニューが現れます。

この中から、「通貨ペア一覧」のメニューを選びます。

通貨ペアの一覧が表示されます。

この中から、目的の通貨ペアを選んで「設定」をクリック。

ここからスワップロング・スワップショートを確認することが出来ます。

ただし問題はもうひとつあり、海外FX会社では表示されているものがポイントなので、円に計算し直しする必要があります。ちょっと面倒くさいと感じるかもしれませんが、【契約サイズ × 取引数量 (Lot数) × 最小価格変動値 × スワップの数値】の計算式に当てはめてざっくりと計算してみましょう。

契約サイズが100,000 、 取引数量 (Lot数) が1、最小価格変動値は1の前に0を「桁」の数値分だけ。スワップロングが 0.68 なら、【 100,000 × 1 × 0.01 × 0.68】で680(JPY)という数値が出てきます。

海外FX会社GEMFOREXの場合は……

しかし本音を言えば、もっとスワップポイント程度は簡単に判る方法があればいいと思ってしまうのではないでしょうか。海外FX会社GEMFOREXでは、【スワップポイント一覧】を用意してくれています。

「GEMFOREX」「スワップポイント」とキーワードを入力して検索してみましょう。

https://gforex.asia/tradecondition/fx/swap.php

ここでは

2017/06/14 01:02 時点

AUDCAD 1.36000 -7.84000
AUDCHF 2.16000 -10.34000
AUDJPY 2.22000 -8.38000
AUDNZD -8.09000 -0.19000 

こんな感じでタイムリーなスワップポイント比較をすることが出来ます。

アービトラージのすすめ】

ある程度スワップポイントについて理解することが出来れば、更に「アービトラージ」そして「スワップアービトラージ」ついて勉強をしてみましょう。

「アービトラージ」(裁定取引)とは価格差を利用したサヤ取りのことです。 現物市場で取引されている為替レートと、先物市場で取引されている為替レートのギャップを利用し利益を出す方法であり、 現在100円で現物取引されているモノがあるとし、先物に80円の値が付いているのであれば先物を買い現物を売り20円の儲けを出す手法です。

アービトラージは昔からノーリスクで利益を出すことができる取引手法と言われて来ました。 アービトラージの場合では、ほとんど同時に2つの金融商品を取引することが出来、時間的リスクは生じません。 2つの金融商品の価格差を利用し利益を上げるため価格のリスクも存在しないでしょう。しかし「価格情報」を利用して行う取引ということは、「情報格差」が存在していることが前提となり、なかなか交通・通信技術の発達している現代社会に適用することが難しいとも言われるようになって来ました。 インターネットが発達したことも、アービトラージにとってデメリットとして考えることが出来ます。

それでも現在、アービトラージという手法に注目が集まっているのは、敢えて言えば「異なる業者で両建てするスワップアービトラージ」という戦略があるからです。 例えば豪ドル/円を海外FX会社Aで1万通貨買い、海外FX会社Bでは1万通貨売った場合、 海外FX会社Aで1万通貨買って得られるスワップポイントが68円/日、海外FX会社Bで1万通貨売って支払うスワップポイントは44円/日。2つの口座の差額24円/日が収益となります。為替変動によって豪ドル/円が下落してしまった場合において、海外FX会社Aでは含み損を抱えることになったとしても、海外FX会社Bでは含み益が発生し、為替変動によるリスクは2口座で相殺されることになります。

ただし海外FX会社では、そのような手法がほとんどNOリスクゆえ禁止してしまっているケースが多くあります。海外FX会社はやっぱり海外FX初心者の方々にある程度リスクを背負ってもらわないことには儲けることが出来ないのです。海外FX会社がそのようなルールを作っている以上、ルールに従わなければ海外FX初心者の方々も追放されてしまうことになります。

ただしここで海外FX会社GEMFOREXに注目をすれば、海外FX会社GEMFOREXでは、複数業者に入金して両建て取引する行為・当社複数口座で両建て取引する行為は禁止しているものの、 「1社の同一口座内でスワップポイントを利用したアービトラージ」は認めてくれているのです。

そこでもう一度GEMFOREXの【スワップポイント一覧】をチェックしてみてください。

海外FX会社GEMFOREXには、

EURJPY 1.40000 0.30000
EURUSD 1.25000 1.10000

と言ったロングもショートもプラススワップのものを見付けることが出来ます。

海外FX会社GEMFOREXは、禁止事項は存在しているものの、海外FX初心者の方々も最小限のリスクで勝つことの出来るFX会社なのかもしれません。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ