GEMFOREXのHang Seng50(HK50)取引の特徴

GEMFOREXのHang Seng50(HK50)取引の特徴

  • FXと同一口座で取引が出来ます。
  • MetaTrader4(MT4)採用
  • リクオートと約定拒否の追放
  • 隠れMarkup一切なし
  • 0.78秒以内に99.79%約定実現
  • 口座開設最短30秒&取引開始まで最短3分

・・・など、

GEMFOREXは、トレーダーの快適な環境を追求し続け、FX経験者でHang Seng50(HK50)初心者の方にも馴染みのあるMT4環境下で安心してHang Seng50(HK50)をご利用頂けるようになっております。

Hang Seng50(HK50)とは

Hang Seng50(HK50)とは

Hang Seng50(HK50)は、ハンセン指数サービスが算出している香港の株価指数の一つです。

中国の特別行政区にあたる香港証券取引所で売買されている銘柄のうち、時価総額が高い50企業が選出されて構成しています。香港株式市場において重要な指標の一つですが、香港株式市場の時価総額で70%を占めています。

香港の歴史と経済

香港の歴史と経済

香港は1842年にイギリスの植民地になった後、1941年~1945年には日本が占領、そして1997年には中国に返還されて今は中国の特別行政区です。世界的に見ても珍しい歴史を辿っています。一国二制度の政策により、香港が独自に作ってきた法制度や金融システムは現代もそのまま残っています。

香港自体は東京の半分ほどの面積で小さな都市です。しかし、国際金融においては2015年に貿易高で世界8位、香港の銀行の対外資産で世界7位、株式市場における新規公開株高が世界1位になるなど、世界経済に大きな影響を与えています。中国に返還された後も、堅調に成長を続けています。

香港経済は第二次世界大戦が終わった後に、急速な経済成長を遂げます。この経済成長に起因したのが、急速な工業化です。これは、当時中国から香港への移住者が増加し、移住者の中に工業や商業、金融に関わる人が含まれていたことが関係しています。中国に返還された後は、中国の経済成長に引きずられる形で経済成長しています。

Hang Seng50(HK50)の構成銘柄

Hang Seng50(HK50)の構成銘柄

Hang Seng50を構成している銘柄のうち、もっとも時価総額が大きいのはHSBCホールディングスです。15%と高いウエイトを占めているのが特徴で、次いで中国移動の9%、中国建設銀行の7%と続きます。金融やサービスセクターが中心ですが、構成銘柄の中には資源セクターも含まれています。

Hang Seng50は香港株式市場の主要指数になっていますが、実際に構成している企業は中国の企業が多くなっています。香港は中国の特別行政区であり、中国の窓口としての位置づけであるため、中国の企業が高いウエイトを占めていても何ら不思議ではありません。しかし、昔は香港の企業が中心だった歴史を考えると、中国の経済成長がいかに顕著なのかを表しています。

もともと香港は製造業が経済の下支えとなっていましたが、中国に工場移転をするようになってからは製造業に代わり、貿易や金融、輸送、通信などのサービス業が香港経済を支える産業に変わりました。これはHang Seng50の構成銘柄の偏移からも見えてくるものがあります。

Hang Seng50の今後と関係する要素

Hang Seng50の今後と関係する要素

中国の経済

香港は中国大陸に対して輸出をしています。中国の経済が好調なときは、香港の輸出額も増えるので経済が好調になります。21世紀に入って急速な経済成長を遂げた中国と共に経済成長してきた香港ですが、ここ最近は中国の景気も落ち着きつつあるのが現状です。

今後、中国の景気が後退するようなことがあれば、香港の経済も鈍化する可能性があります。これは、Hang Seng50を構成している銘柄の多くが中国企業であることも深い関わりがあります。中国大陸部の経済の安定は、香港経済の力強い後ろ盾になっています。

4大分野の進展

香港は、新たに人工知能、生物科学技術、スマート都市、金融科学技術の4つの分野について進展させることを明言しています。これらの技術は世界最先端技術が必要ですが、金融センター資源調達額において香港取引所は2017年に3位となっているように、お金の面で強みがあります。

4大分野の進展は先進国がすでに目を付けている分野ですが、中国の玄関として長年培ってきたパイプのおかげで先進国に負けない成長を遂げる可能性があります。もし、4大分野において存在感を示すことができれば、他の国の模範となり、今後の経済成長も安定することが期待されます。

内需の拡大

現在の香港は、内需が拡大しています。世界から香港に旅行する人が増えていること、経済が好調なことで住民の所得が増えていることなどが理由です。産業の拡大によって雇用が増えているのも経済の活発化を後押ししています。内需の拡大は、世界経済の影響を受けにくい特徴があるので、今後の香港の経済を考える上で重要な要素です。

アメリカ経済

香港ドルとアメリカドルはペッグされているため、香港では低い金利で資金を調達できる強みがあります。今後、アメリカで利上げが行なわれると、香港に流れていたお金を買い戻す動きが生じ、米国債の購入になった場合に資金の流出は加速して香港の市場が低迷するリスクもあります。アメリカの景気回復が香港市場にとってネガティブな材料になる場合もあるわけです。

最後に

Hang Seng50は、中国やアメリカ経済と深い結びつきがあります。中国の経済が好調だと香港の経済も上向きですが、アメリカの経済が好調になってドルの利上げが起こると、相反して経済が冷え込む可能性があります。Hang Seng50の今後の予想において、アメリカと中国の景気の先読み感が重要です。また、今は内需による経済成長もあるので、香港の産業の発展や金融状況なども気にする必要があります。