海外FX初心者が、市場の急変(暴騰暴落)に遭遇した際とるべき行動とは?

海外FX初心者が、市場の急変(暴騰暴落)に遭遇した際とるべき行動とは?

FXでは色々な通貨ペアでトレードが出来ますが、どの通貨ペアでも大きな市場の急変は起こる物です。過去にもリーマンショックやスイスフランショックなど、大きな暴落や暴騰をしたことはあります。特に海外の業者を使っていると、そのような相場では気をつけないと、一気に資金が無くなってしまいます。

枚数が多いと、同じレートの動きでも大きな損失がでる

枚数が多いと、同じレートの動きでも大きな損失がでる

日本のFX業者ではレバレッジは25倍までと決まっていますが、海外のFX業者だとレバレッジは500倍や1000倍、中には無制限というところもあります。レバレッジが高いとそれだけ少ない資金でFXを始められますが、その代わりに相場の急変には弱い物です。

実はこれには少し誤解されることが多く、たとえばドル円で考えてみましょう。 仮にドル円が1ドル100円であったとします。 このときに、レバレッジ1倍とレバレッジ100倍では、100万円の資金で1枚買ってトレードするとどうなるでしょうか?

1枚は1万通貨なので、1ドル100円だと100万円の資金が必要です。 レバレッジ1倍だと100万円の資金がないとトレード出来ません。 レバレッジ100倍だと、1万円の資金でトレードが出来ます。

このときに1ドル101円と1円上がれば、どちらでも1万円の利益が出来ます。 このようにレバレッジが何倍でも、1枚購入すると1円上がれば1万円の利益か損失になります。

レバレッジが高いと、多くの枚数を購入できる

それでは、100万円の資金で1ドル100円の時にトレードすると、レバレッジの違いで何枚購入できるでしょうか?

レバレッジ1倍だと、1枚買うのに100万円必要なので、これ以上は購入できません。 レバレッジ100倍だと、1枚買うのに1万円必要なので、単純計算であと99枚の合計100枚買えます。

1ドル99円になって1円下がったらどうなるでしょうか? レバレッジ1倍の時は、1万円の損失です。 しかしレバレッジ100倍だと、100万円の損失です。

このようにして、レバレッジが高いほどトレードに必要な資金も少なくて済みますが、逆に多くの枚数を買うことが出来てしまい、必要以上に買うと、それだけ損失も高くなります。

リスク管理が大切

リスク管理が大切

上記の例では1円の動きの場合でしたが、相場の急騰急落では、10円以上も動くようなこともあり、1日で1,000pips以上も値動きをするときもあります。

それだけ急騰急落の相場では、購入枚数が大きいほど、受けるリスクも大きくなり、資金も大幅に減ります。 場合によっては、資金以上に損失を出して、強制ロスカットで追証が発生する可能性もあります。

普段からロスカットになるようなトレードをしないために、資金管理はとても大切です。常に資金に余裕を持って、限度一杯枚数を買うのは止めるべきであり、余裕のある範囲でトレードをしていくべきなのです。

また場合によっては急騰急落に備えてストップロスを入れておくと言うのも良いですが、1日に1,000pips以上動くような相場では、ストップロスは機能しないことが多いので、あまり有効な方法ではありません。特に急騰急落の相場ではパニックになって、思いもよらぬトレードをして、損失を拡大することもあります。

仮に急騰急落の相場では、運が良ければ保有ポジションが相場の急騰急落で、大きな利益を出してくれる可能性はありますが、それは賭けに近いようなトレード方法であり、ギャンブルと言っても良いでしょう。FXを行う上では1番に考えないといけないのは、資金を減らして相場から退場しないようにすることを考えていくべきなのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ