海外FXのメリット ・デメリットについて考えてみた

海外FXのメリット ・デメリットについて考えてみた

FXは国内だけでなく世界で行われている投資で、日本にいながら海外FX会社を利用して投資をすることもできます。海外FXは国内FXにはないメリットも多くある反面、仕組みを理解して投資しないとリスクもあります。海外FXのメリットとデメリットを理解して投資していきましょう。

ハイレバレッジで取引ができる

ハイレバレッジで取引ができる

FX取引の魅力の一つでもあるレバレッジは国内において25倍になっています。

手元の資金がなくても高い通貨の取引ができる仕組みですが、以前は国内でも100倍を超えるレバレッジでの取引が可能でした。ハイレバレッジによるFXは勝った場合のリターンが大きい反面、負けた時の損失が大きいのでリスクが大きく、リスクを減らすことを目的にレバレッジが引き下げられることになりました。

海外FXはその国のルールに従って行う投資なので、ハイレバレッジでの取引ができる国で口座を開設して投資をすれば国内ではできないハイレバレッジの投資が可能です。リスクはもちろん大きくなってしまいますが、勝つと思うタイミングでハイレバレッジの投資ができれば効率よく収益をあげることができます。

ゼロカットシステムで備えることができる

FXはレバレッジをかけての取引が基本なので、自分が思うように相場が動くと投資した金額以上の恩恵を受けることができます。

反対に相場が反対に動いてしまうと大きな損失を生じることになります。通常ならロスカットされるので資産がマイナスになることはありませんが、相場が大きく動いてしまいロスカット地点よりもさらにマイナスの部分で損切決済されると口座はマイナスになります。

相場が急変してロスカットよりはるかにマイナスになって決済されることは多くありません。しかし、暴落は歴史を振り返えると定期的に起こっています。投資家として常にリスク対応することは大切なことです。海外FXの多くはゼロカットシステムを導入していることで、損失が大きくなっても証拠金がゼロになった時点で取引が終了になります。口座に入金されているお金はなくなってもマイナスになることはありません。

国内FXの場合だと追証をしてマイナスになった部分を請求してくるところが多くあります。海外FXはハイレバレッジでの投資が多いので、口座がマイナスになるリスクも大きいように思えるのですが、多大な損失が出るようなケースだと国内FXよりも安全な場合があります。

海外FXはボーナスやイベントが魅力

海外FXはボーナスやイベントが魅力

海外FX会社は取引する量が増えるほど利益も大きくなります。利用者の意欲を高めるためにボーナス制度を導入しているところが多く、日本のトレーダーの中にもボーナスに魅力を感じて海外FXをしている人もいます。

ボーナスの仕組みとしては入金したお金以上に証拠金を増やすことができるというもので、初回入金100%のボーナスだと10万円入金すると20万円入金したことと同じです。基本的にボーナス分についての出金はできないようになっているものの、取引をして収益を得た分に対しては出金できるようになります。

ボーナスの仕組みは勝った時だけでなく負けた時のメリットも大きいのが特徴です。国内だと10万円入れていて取引をする場合に10万円の損失が出ると取引は中止となります。しかし、海外FXの場合だとボーナス分が証拠金となって投資ができるので終わりにはなりません。

海外FX会社の中には利用者の促進のためにコンテストなどのイベントを行っているところもあります。自己資金を増やすことへの意識を高めることができることや、目標ができることでやる気も出ます。海外FXをはじめようと思っている方はボーナスやイベントの有無もあわせて調べておくとよいでしょう。

質の高いトレードツールが使える 海外FXをする際はMT4が使用できます。このトレードツールは高い機能性を持つチャートツールとして国内でも使用することができるものですが、売買もできるプラットフォームでもあります。

さらにMT4はさまざまな国のFX取引に使用されているため、他の条件のよい海外FX会社に変更しても一からトレードツールを覚える必要もありません。FX初心者でも感情を入れずに機械的な取引ができる自動売買ツールのEAもMT4のユーザーによって性能が向上しています。海外FXだとEAによる取引ができるのもメリットです。

国内よりもスプレッドが広い

海外FXのデメリットの一つにスプレッドの広さがあり、スプレッドは買値と売値の差のことです。スプレッドが広いということは支払う手数料が多いことで、海外FXは取引を実際に行っていることでリスクの観点からスプレッドを広めにとっての取引が必要なのです。国内FXだと注文を受けても実際に取引をしているわけではないので、リスクは低く最小限のスプレッドで取引をすることができます。

しかし、国内のFXはスプレッドが狭くなっている代わりにレートのずらしやスリップなどを意図的に行っていることもあり、透明性の視点から見るとスプレッドの広さは大きなデメリットではありません。短期間で数多くの取引をする場合だと手数料が多くかかってしまいますが、一定の間隔をあけて取引をする分にはさほど気になりません。

長期ポジションとしては不向きで、スワップポイントに関しては売りから入っても買いから入ってもマイナスになることもあります。ハイレバレッジなのでスワップポイントがプラスのポジションなら長期保有のメリットもありますが、相場変動でロスカットされるリスクが大きいことにも注意が必要です。

信頼性が不透明で、わかりにくいことが多い

信頼性が不透明で、わかりにくいことが多い

日本のFX会社で取引をする場合には考えられないのですが、海外FX会社の中には利用者の意図に関係なく決済されてしまうことがあります。会社の経営が悪化してくると口座を勝手に凍結されてしまうことや信託保全が受けられずに資金がまったく戻ってこなくなるケースも少なくありません。

現地の言語によるサポートが中心になりますが、日本語のサポートを受けられる海外FX会社も中にはあります。対応している時間は現地時間になるのでオペレーターにつないでサポートを受けるためには夜中になるケースもあります。特に海外FX初心者はサポート体制がしっかりしているかについて調べておきましょう。

入金や出金に関する手数料においても日本と海外での資金のやり取りになるので手数料は国内FX会社を利用するよりも多くかかるのが普通です。お金のやり取りの回数が増えるほどコストがかかるので出金や入金のタイミングも考えておく必要があります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ