FX初心者はレバレッジ何倍が適当?

FX初心者はレバレッジ何倍が適当?

FXは持っている資金以上の投資ができるのが魅力で、この仕組みのことをレバレッジと言います。

国内では個人がかけることのできるレバレッジは最大で25倍に設定されており、以前に比べると高いレバレッジでの取引ができなくなりました。

高いレバレッジをかけて取引ができなくなったのはリスクが高く、マイナスの相場に動いてしまうと追証を受けて資金が無くなってしまうことも理由です。しかし、海外FXを利用する場合はレバレッジの制限は海外FX会社によって違い、1000倍のレバレッジをかけて取引ができるところもあります。

レバレッジをかけて取引ができるのがFXの魅力でもあり、高いレバレッジをかけて取引をして損失が出たからと言って必ずしも借金を抱えるわけではありません。ただし、FX初心者はいきなり高いレバレッジから投資をするのではなく、少しずつ慣れてからレバレッジを高くしていくことをおすすめします。

まずはレバレッジの仕組みを覚えよう

まずはレバレッジの仕組みを覚えよう

レバレッジは和訳するとテコの原理で、上手に活用することで少ない資金でも大きな資金を作ることができます。たとえば、1ドルが100円だった場合に1万ドルの取引をするためには100万円の資金が必要です。しかし、10倍のレバレッジをかけて取引をすると10万円の資金があれば1万ドルの取引をすることができるのです。

国内だとかけることができる最大のレバレッジは25倍になるので、1万ドルの取引をするための資金の最小単位は4万円になります。1000倍のレバレッジをかけて取引をすることができる海外FXだと1000円で1万ドルの取引が可能です。

FXはそれぞれの国の通貨の価値が変動していることを利用して行う投資で、投資している資金が大きいほど利益も比例して高くなります。まとまった資金の用意をすることができるならレバレッジをかけての取引は不要です。しかし、少ない資金からFXをはじめる場合はレバレッジを利かせて取引をすることが収益を効率的に生み出すことにつながります。

レバレッジをかけて負けたときはどうなる?

FXは運用によって損失が出てしまう可能性のある投資で、特にレバレッジをかけて取引をすることで損失のリスクは高くなります。

自己資金以上のお金をかけて取引ができるレバレッジで負けてしまった場合に、借金が増えてしまうのか不安に思う初心者トレーダーは少なくないと思います。

FXは常に勝ち続けることは困難で、何度も投資をして勝ち負けを繰り返してトータルで勝つことを目標とすることが大切です。負けることも見通すことで投資家としての心も培われていきます。負けて一番避けたいのが借金を抱えることですが、レバレッジをかけて取引をして負けたとしても自己資金がマイナスになることはほとんどありません。

通常はロスカットと言って、証拠金を上回る損失が予想される場合はその時点で強制決済されるため、口座にある資金は無くなってしまっても借金を抱えるようなことにはなりません。ただし、国内FXの場合だと急激な相場変動によってマイナスになってしまった場合は口座の開設をしているFX会社から追証を受けて借金になる可能性もあります。

高いレバレッジで取引ができる海外FXの方がリスクは高いように感じますが、追証を受けずに取引できるところがほとんどです。自分の全財産を口座に投入して投資をするのではなく、余力の範囲でFXを始めていくことで高いレバレッジをかけて損失が出てしまったときも許容範囲です。

初心者が設定したい最初のレバレッジ

初心者が設定したい最初のレバレッジ

FX会社によって設定することができるレバレッジは異なっています。慣れてきたらどんどん高いレバレッジをかけて取引して効率的に収益を得るとよいですが、初心者のうちは1倍のレバレッジから始めることをおすすめします。

高いレバレッジをかけて取引することはギャンブル的な要素もあるため、FX取引の全体の流れがうまくつかめてない初心者のうちは高いレバレッジで取引をして損失を出してしまうリスクも高くなります。

何度か取引をしてFXで損失が出る仕組みを覚えた後は5倍から10倍くらいのレバレッジまで引き上げて、レバレッジをかけると利益がどれくらいに増えるかということ、反対に損失が出たときのダメージを感覚的に覚えていくとよいでしょう。

はじめてFXをするトレーダーは、少しでも利益を出したくて損切をすることを嫌う傾向にあります。確かにFXは相場が動いて所有しているポジションがマイナスでも時間が経過するとプラスに転じることも少なくありません。しかし、いつまでも負けポジションを抱えておくことよりも、相場の動きを読んで損切をして新たに投資をしていく方がFXの投資には向いています。高いレバレッジをかけて取引をすればするほど損切がしにくくなるため、損切をして前向きな投資ができるようになるまでは低いレバレッジで取引をする方が無難です。

状況によって適当なレバレッジは異なる

円ドルペアのように多くのトレーダーが投資をして市場の動きが安定している通貨ペアを選ぶ場合と、投資家が少なく相場が乱高下している通貨ペアに投資をするのではレバレッジのかけかたも異なります。

安定している場合はロスカットされるリスクは小さくなるので少々高いレバレッジをかけて投資をすることも可能です。しかし、相場が激しく動いている通貨ペアだとレバレッジをかけて取引をするとロスカットのリスクが高くなるので注意が必要です。

重要な経済指標の発表がある前後も相場が激しく動くタイミングとなるため、レバレッジは抑えて取引をするか、初心者のうちはリスク回避の意味で取引を避ける選択肢もあります。相場が激しく動いているときは利益を出すチャンスでもありますが、初心者が最初に大損をしてしまうきっかけにもなりやすいのです。はじめから相場を読むことはむずかしいので、低いレバレッジで場数を踏んでから少しずつステップアップしていきましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ