FXは株よりもリスクが高い?のは本当か考えてみた

FXは株よりもリスクが高い?のは本当か考えてみた

一昔前までは、投資と言えば株取引が主流でした。証券取引所に足を運んで株取引をするのが流れでしたが、インターネットが普及してパソコンやスマホから取引ツールやチャートを利用できるようになってからはFXの利用者も急激に増えました。

また、株取引についても取引所まで行かずともパソコンやスマホを使っていつでも取引することができるようになったので、利便性は以前に比べるとかなり増しており、ミニ株など少ないコストではじめられる取引も誕生しました。

株とFXの利益の違い

株とFXの利益の違い

FXは各国の通貨の価値が常に変動していることを利用して、今後通貨の価値が上がるか下がるか予想して投資するスタイルです。

一方、株は株式会社が発行している株を購入して、企業が儲けて株の価値が上がったタイミングで売ることによって直接的な利益を得られます。他にも、株を持っているだけで株主優待の恩恵を受けることができること、投資している企業によっては配当金を得ることも可能です。

FXだと急激に通貨の価値が変動することによって損失を受けるリスクがあります。

しかし、通貨の価値が変動したとしてもゼロになることはなく、一時的な動きならすぐにリターンして元の状態まで改善することもあります。株の場合だと倒産してしまうと、価値はゼロになってしまいます。投資している対象の価値がゼロになってしまう点については、株の方がFXよりもハイリスクな部分です。

分析対象で見ると株取引の場合だと国内だけでも3500を超える種類の銘柄があるのに対して、FXの場合だと主要通貨の取引は20~30と対象は少なくなっています。株取引の場合だと選択肢が多く、企業分析などに優れているトレーダーだと、リスクの低い株式会社に投資をすることで最小限のリスクに抑えることができます。複数の株に投資をすることで、リスク分散しやすいのもメリットです。ただし、銘柄が多いということはそれだけ知識が必要になるため、初心者だとわかりにくいことや迷ってしまう可能性もあります。

一日の値動きの違いによるリスクの比較

株の場合は銘柄によって値動きの幅に大きな違いがあり、大手企業など安全株の場合だと一日の値動きはせいぜい1%程度ですが、ベンチャー企業など成長過程にある企業だと30%ほどの値動きも見られます。対するFXは大きな値動きがあってもせいぜい一日に動くのは2%までです。株に比べるとさらに通貨は安定性の高いものであることが値動きの小さい理由です。

成長過程にある企業を分析してどんどん投資をすれば、株取引の方が効率的に収益を作り出すことができます。しかし、値動きの大きな株は不安定要素も大きいため急激に値が下がって損失が拡大するリスクも否めません。FXはレバレッジと言って自己資金以上の資金があると見せかけて実際に取引することが可能です。それでも株取引ほど大きな値動きに対してのリターンは期待できませんが、平日なら24時間いつでも取引ができるメリットがあります。

FXに高いレバレッジをかけて取引をするようになると株取引よりも大きなリスクでの取引になりますが、レバレッジをかけない取引だと小さなリスクで運用することが可能です。投資家の判断によってリスクのコントロールをすることができます。

デモトレードでFXはリスクを抑えることができる

デモトレードでFXはリスクを抑えることができる

株もFXも誰でも簡単にはじめることができる投資ですが、初心者だと知識が不十分であることから損失が拡大してしまうことがあります。はじめての人は、ある程度慣れてから投資をすることで初心者特有の損失リスクを減らすことが可能です。

FXの取引だとデモトレードと言ってリアルトレードと同じ環境下で仮想通貨を使って練習することができます。事前に練習をしておくことで流れを知ることや、実際にどれくらいの損失が出てしまうのか感覚的に覚えることができるので、リスクの高い取引をしてしまうことの予防にもつながります。

デモトレードは国内FXに限らず、海外FX業者でも対応しているところが多いため、高いレバレッジをかけて取引がしたい人は海外FXのデモトレードを開設して練習するとよいでしょう。

透明性のリスク

株取引は証券会社が仲介になって行う取引であり、証券会社はトレーダーから手数料を得ることによって利益を得ているため、トレーダーが負けても勝っても損失が出ることはなく公平な取引が可能です。

国内FXは相対取引となり、トレーダーが損をすると業者が儲けて、トレーダーが得をすると業者が損をする仕組みです。さらに取引の軸になるプラットフォームも独自に提供しているところが多いため、取引においての透明性はありません。本来なら勝てるのに業者が不正をしてトレーダーを負かせても、それをトレーダーが知ることはむずかしいのが現状です。透明性のリスクで見ると株取引の方が安心して運用することができます。

ただし、海外FXの場合だと取引の形態は国内FXよりも株取引に近くなります。海外FX業者はトレーダーを介して市場取引させているため、トレーダーがたくさん投資をして勝つほど利益も大きくなります。海外FX業者は不正をしてトレーダーに負けさせるメリットはなく、むしろトレーダーに投資をして勝ってもらうメリットの方があります。透明性を重視して取引がしたいなら株取引や海外FXがおすすめです。

株とFXのリスクは投資の方法で変わる

株もFXも投資の方法によってリスクのコントロールをすることが可能です。株よりもFXのリスクが大きいわけではなく、運用方法によっては株取引のリスクが大きくなることもあります。

また、FXのリスクが大きいと言われているのはレバレッジをかけての投資であり、まったくレバレッジをかけずに取引をするとリスクは大幅に小さくなります。株もFXも資産運用で利益を得ることが目的になってはじめる人が多いため、どうしても大きいリスクで運用してしまう傾向にあります。コストやリスクを含めたバランスを考えて投資をすることが大切です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ