高レバレッジ取引は危険とは限らない!

高レバレッジ取引は危険とは限らない!

FX取引において、口座に入っている資金よりも、さらに大きな取引ができる仕組みをレバレッジと言います。レバレッジは倍率によって表され、国内だと制限の関係から25倍のレバレッジが最大ですが、海外FXはレバレッジ規制がないので会社によっては数百倍から1000倍のレバレッジがかけられます。

FXは資産運用に有効な投資の一つですが、ハイリスクでハイリターンと言われている取引であることから、資産運用というよりもギャンブル的な要素が強いと思っている人も少なくありません。

レバレッジを効かせて取引をして思うようにレートが動けば、大きな利益を得ることができます。しかし、レートが保有しているポジションから見て、損失のベクトルに変化すると大きな損失につながります。リスク管理が必要な投資と言えますが、高レバレッジ取引が危険であるとは限りません。レバレッジを効かせたFX取引の特徴を正しく知ることで、危険を抑えたFX取引も可能です。

レバレッジの倍率の違いで利益や損失の金額は変わらない?

レバレッジの倍率の違いで利益や損失の金額は変わらない?

レバレッジが高いほどFXの危険度が大きくなると言うイメージがあることから、高いレバレッジをかけてFX取引することに躊躇するトレーダーも多くいます。しかし、レバレッジの倍率で生じる利益や損失の金額に変わりはありません。

例えば、ドル/円の取引をする場合に、1万ドルの取引をするためには1万円の資金だと100倍のレバレッジ、10万円の資金だと10倍のレバレッジで取引することになります。この場合は10倍のレバレッジでも100倍のレバレッジでも1万ドルの取引をすることに違いはないので、利益が出た場合も損失が出た場合もレバレッジによらず一定であることが分かります。

ただし、10万円の資金があると前提した場合に、10倍のレバレッジと100倍のレバレッジをかけて取引をするのでは、トレーダーが得る利益や損失額に違いが出てきます。100倍のレバレッジをかけて取引をした方が、10倍のレバレッジを効かせた場合よりも10倍の利益や損失が生じることになります。

高いレバレッジで危険と言われるのはロスカットされる確率の高さ

高いレバレッジを効かせて取引をした場合に、保有しているポジションの通貨ペアのレートがマイナスに進むと、損失の拡大幅も広がります。口座から一定の資金以下になると強制的に決済されるロスカットが発動します。これは、口座がマイナスにならないようにするための対策でもありますが、FX取引は通貨ペアのレートが上下しているため、ロスカットされなければ再びプラスに転じて損失を抑えることができることや利益に反転させられることもあります。

ロスカットされて口座がマイナスにならずに済んでも、口座の資金は大幅に減った状態で決済されるので、トレーダーとしては痛手を負うことになります。高いレバレッジをかけて取引をするほど、口座に入っている資金の減り方が大きくなるのでロスカットされる確率は高くなります。もちろん、利益の方にベクトルが向いていると少しのレート変動で口座の資金は大きく増える反面もあります。

ロスカットで強制決済されないようにするためには、ロスカットの水準に着目しておく必要があります。口座の資金が50%を下回るとロスカットされるFX会社もあれば、20%を下回るとロスカットされるところもあります。ロスカット水準が低いほど、高いレバレッジには有利と言えるでしょう。

高いレバレッジが危険と言われているのは、ロスカットが関係しています。しかし、口座がマイナスになってロスカットの水準に近づいている場合は、口座に入金をして乗り越えることもできます。レート変動が少ないタイミングで注文することで、高いレバレッジをかけたFX取引の危険性は減らすことができます。また、レートが激しく上下しているタイミングのように、ロスカットされる可能性の高いときは、レバレッジを下げて運用するなど、臨機応変に運用することでリスクコントロールすることも可能です。

高いレバレッジをかけて複数のポジションを持つことは危険?

高いレバレッジをかけて複数のポジションを持つことは危険?

高いレバレッジをかけてFX取引をする場合に、複数のポジションを保有する場合に同じ属性の通貨ペアを持つのは注意が必要です。例えば、ドル/円とユーロ/円の通貨ペアなどは、大体同じトレンドになっています。それぞれ買いポジションを保有していると仮定した場合に、利益が出るトレンドだと利益も大きく膨らみます。しかし、損失が出るトレンドだと二つの通貨ペアのマイナスが合算されることによって、すぐにロスカットされる可能性が出ます。

このような場合は、違うトレンドのポジションを持つことでロスカットのリスクを減らすことができます。上記の例だと、ドル/円のペアに買いポジションから入るならユーロ/円のペアは売りポジションから入るように逆のトレンドのポジションを持っていれば高いレバレッジでも比較的安全に運用することができます。

最後に 高いレバレッジをかけて取引をするなら、レバレッジの上限が高い海外FX会社を選ぶことも大切です。GEMFOREXは海外FX会社の中でも最高水準の1000倍レバレッジをかけて取引することができます。レバレッジの調整もできるので、レートの変化が大きいときは調整することでロスカットの危険性を下げることも可能です。

高いレバレッジをかけてFX取引をすること自体の危険性は高くないので、注文を入れるタイミングやポジションの管理、ロスカットを意識して運用していきましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ