レバレッジはリスクにどう影響するのか

レバレッジはリスクにどう影響するのか

FXでは一定のレバレッジをかけて取引を行う手法が一般的です。レバレッジが無ければ必要な資金が多くなるため、トレーダーは負担が大きくなります。逆にレバレッジを高めてしまえば必要証拠金が少なくて済み、資金が限られる方でも取引が可能になるでしょう。

しかし、レバレッジはリスクと深い関係性があります。一般にはレバレッジが高まるほどハイリスク・ハイリターンとなる、と言われていますが、実際はこの限りではありません。

仮に1ドル100円で1万ドルを購入した場合、レバレッジが1倍でも10倍でも損益額は同じです。レバレッジが損益額に影響を与えることは無いものの、資金に対する損失の割合が変わってくる点に注意が必要でしょう。

例えばレバレッジ10倍で1万ドルを取引すると必要証拠金は10万円、25倍なら4万円です。もし1万円の含み損が発生した場合、レバレッジ10倍の時は必要証拠金に対して10%の含み損となりますが、25倍の時は損失割合が25%にも達してしまいます。

レバレッジが変動しても損失額は変わりません。しかし損失の割合が変わってしまうことから、どの程度まで許容できるかを考えつつレバレッジを設定する必要があります。まず取れるリスクを考え、そこからレバレッジを設定するのが良いでしょう。

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算方法

ただし、実際のレバレッジは為替レートや口座の資金余力によって変動する場合があります。現在の倍率を知りたい時は逆算してみるのも良いでしょう。レバレッジが適正か判断する際に便利ですので、一度確認してみることをおすすめします。

実際のレバレッジは「建玉評価額÷有効証拠金(※口座の資産評価額)」で計算できます。建玉評価額は「為替レート×取引通貨量」で算出可能です。仮に1ドル100円で1万ドル、有効証拠金が15万円として計算してみましょう。

建玉評価額…100×10,000 = 1,000,000
実際のレバレッジ…1,000,000÷150,000 = 6.66…

およそ6.6倍で取引していることになります。リスクとリターンのバランスを取りたい時、それを左右するのがレバレッジですが、許容リスクを考慮する際に上記式で計算してみると良いでしょう。

レバレッジは何倍が適正か?

では、適切なレバレッジは何倍でしょうか?これは各個人の考え方やトレードスタイル、資金力によって違ってくるでしょう。また、リスクを取るか否かにより適正レバレッジは変わってくると言えます。

例えば損失の割合が増えてもリターンを取る(ハイリスク・ハイリターン)場合、レバレッジは25倍以上で取引するのも悪くはありません。少ない資金で多数のポジションを保有できるため、利益をどんどん増やせる一方、損失も膨らんでしまう可能性があります。

逆に損失を抑えたい・リターンは少なくて良い(ローリスク・ローリターン)時は、レバレッジを抑えて取引することも検討の余地があるでしょう。利益は相対的に少なくなるものの、損失が増加するリスクを抑えられます。

まずは前述の計算式でレバレッジを算出し、自分にとって適正か見極めてみると良いでしょう。もしリスクが大きいと判断した時は、口座資金を増やす・取引通貨量を少なくするなどの手段が取れます。一度リスクとリターンのバランスを考えてみましょう。

「失っても良い金額」を考える

「失っても良い金額」を考える

レバレッジの計算が面倒な時や分からない時は、現在の資金から「失っても良い金額・割合」を考えてみる方法をおすすめします。例えば資金が10万円、許容できる損失が2万円だった場合、口座資金に対して2割の評価損までなら許容できることになります。もし1万ドルを保有した場合、2円以上の値動きがあればポジションを決済したほうが良いでしょう。

許容できるリスクからレバレッジを割り出すのも一つの手段ですが、具体的な金額を決めてレバレッジを設定する方法もおすすめです。もし失って良い金額が多いならレバレッジを高め、ハイリスク・ハイリターンの取引を、損失を最小編に抑えたいなら低レバレッジでローリスク・ローリターンの取引が適切、と判断できるでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ