海外FXの税金対策!節約する方法は?

海外FXでも発生した利益に対して確定申告しなければ、税務署に簡単に調べられて脱税の疑いの目を向けられます。

税金を支払わないという選択肢はありません。国内で海外FXをする場合は、赤字を繰り越す損失通算ができないことや利益が増えるほど税率が高くなるデメリットがあります。しかし、海外FXの節税方法は多くあるので、節税の方法を知って税金の負担を減らしていきましょう。

海外FXの節税の基本は控除と経費の計上

海外FXの節税の基本は控除と経費の計上

海外FXで発生した利益は雑所得に分類されます。給与をもらっている場合だと、年間で20万円の利益を超えると所得税の確定申告の義務が生じます。給料をもらってない場合だと、年間で38万円の利益を超えると所得税の確定申告の義務が生じます。少ない利益に対しては非課税です。

雑所得に対しては配偶者控除や社会保険控除なども適用となります。使える控除をどんどん使っていくことで課税対象となる利益を減らしていくことができるので、節税になります。自分で確定申告をする場合は、控除の申告も自分で行う必要があります。

FXで得た利益のすべてを確定申告する必要はありません。利益を出すためにかかった費用は経費として計上することができます。100万円の利益が出ても、50万円が経費でかかったなら課税対象となる利益は50万円です。FX自体はそこまで経費をともなう投資ではありませんが、経費にできるものは意外と多くあります。

海外FXの経費になりそうなもの 海外FXをするためには、インターネットの環境が必須です。プロバイダーへの料金の支払いやパソコンの購入費用などは必要な経費として計上することができます。自動売買取引を行っている場合は、EAの購入費用や安定したトレード環境を構築するためのVPSサーバーの費用も経費になります。

FXで利益を出すためには、情報も必要になってきます。情報を得るために購入している経済新聞や勉強のためのDVD購入費用、スキル向上のためのセミナー受講にかかる費用も経費になります。海外FXは海外送金をする機会も多く、多くの手数料が発生します。この手数料も経費です。

他にも、パソコンに入れているFX関連のソフトウェアにかかった費用、FXトレーダーとの会食、口座に入金するためのクレジットカードやデビットカードの年会費、FXで使うイスやテーブル、トレードをするための家の家賃なども経費にできます。

スプレッドは経費にならない

スプレッドは経費にならない

FX取引にかかる基本的なコストはスプレッドです。売値と買値の差となるスプレッドは、通貨ペアや市場の活発度合いによって変わります。一回の取引ごとにかかってくるスプレッドは経費にすることができないので注意が必要です。

一方で、取引手数料は経費になります。取引手数料はスプレッドと異なり、一回の取引ごとに必要となる手数料です。海外FXにはSTPとECN口座が用意されているところが多く、STPは取引手数料が無料の代わりに、スプレッドが広めで、ECNは取引手数料がかかる代わりに、スプレッドが狭くなっています。

スプレッドも取引手数料も取引コストになりますが、取引手数料のみが経費になることから口座をECNタイプにすることも節税の方法の一つです。取引回数が多く、利益が多い場合は口座の見直しを考えてみるのもよいでしょう。

ボーナス証拠金で節税対策

海外FXの中には、口座を開設してボーナスをもらえるところが多くあります。海外FXの魅力の一つでもあり、ボーナスが100%のところだと入金した金額と同じだけのボーナスが受けられます。

海外FXのボーナスの多さは、国内FXにはほとんどありません。これは取引スタイルの違いに理由があり、国内の場合は業者とトレーダーの相対取引となるため、トレーダーが負けるほど業者の利益が増える仕組みです。一方、海外FXはインターバンク取引になるので市場との直接取引になります。トレーダーが勝つほど、海外FX会社が潤う仕組みです。海外FX会社は、多く取引をしてもらうためにボーナスのサービスを設けているわけです。

さて、ボーナスも上手に活用することで節税ができます。たとえば、AとBの二つの口座を持っていたとします。Aの口座は、100万円を入金してボーナスの100万円を受け取ったとします。FXトレードで損失が200万円出た場合に、100万円しか入金してないのに、ボーナス分とあわせて200万円の損失が発生したことになります。

一方、Bの口座では200万円の利益が出たとします。海外FX同士なら損益通算できるため、100万円の利益が出ているにも関わらず、ボーナスの損失分を含めてAとBの口座を合算させると利益は0円になります。利益0円に対しては非課税なので、税金の支払い義務が無くなります。高いボーナスがある海外FXならではの節税方法と言えるでしょう。

最後に

脱税は犯罪ですが、節税は合法です。節税をする方法は多くあるので、数百万円以上の利益が出るようになったら税理士に依頼して税金管理をしてもらうのも方法の一つです。利益が多くなると税理士に依頼する費用よりも、税理士に節税対策してもらう効果の方が大きくなります。

税金の支払いは、1月1日から12月31日までの収支を翌2~3月頃に確定申告して、税金の支払いになります。税金の支払いで困るのは、税金の支払時期にお金が手元にないケースです。税金の支払いは利益が発生するタイミングより、遅れてやってくるので利益が出た時点で翌年の税金のことも考えておくことが大事です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ