海外FXで税金が発生するタイミング

海外FXで税金が発生するタイミング

海外のFX業者で取引していると、徐々に利益が出てくることもあるでしょう。そうなると気になるのが税金ではないでしょうか?海外FXの取引で得た利益には所定の税金がかかります。これは国内のFX業者を使用した場合でも同様ですが、異なる点が多いため注意しましょう。

特に注意するべきは税金が発生するタイミングと確定申告の所得区分です。特にタイミングは事情が特殊なため、税金が発生しないか常に注意する必要があります。

税金のことも丁寧にご説明!GEMFOREXで口座開設!

確定申告が必要になる利益の目安

確定申告が必要になる利益の目安

一般に確定申告が必要な利益は、会社員の方は年間所得が20万円、専業トレーダーや専業主婦の方などは38万円が目安です。海外FXの利益が20万円(38万円)を超えた場合は確定申告が必要となり、反対にこれを下回った時は不要です。

ただし、経費などを差し引いた課税所得が対象となるため、仮にセミナー代などを差し引き後の所得が20万円(38万円)以下になれば確定申告はしなくても良いとされています。海外FXの場合、この年間所得にはFXの収益も含む点に注意が必要です。

税金が発生するタイミングは利益発生時点

海外のFX業者で取引した利益は課税対象です。税金が課税されるタイミングは建玉(ポジション)を決済し、利益が出た時点です。課税対象になる期間は毎年1月1日~12月31日で、1年分の利益を翌年の3月15日まで確定申告し、所得税を収めます。

よく勘違いする方がいますが、"送金した段階"ではない点に注意が必要です。例えば2017年に100万円の利益を確保し、2018年1月に日本の口座へ送金した場合でも、2017年度の所得と判断されます。2018年3月中旬頃までに確定申告を済ませなければ、罰則として追徴課税されるリスクがあります。

ポジションの決済タイミングで節税に

ポジションの決済タイミングで節税に

海外FXにおける税金はポジションを決済した段階で発生するため、決済のタイミングに気をつけたほうが良いでしょう。反対に言えば、決済しない限り課税されることはない訳です。この性質を利用すれば、その年度に支払う税金を抑えたり、節税したりできるでしょう。

例えば、50万円の含み益があるポジションを決済すると、その年度に税金が発生します。逆に翌年まで持ち越しておけば、税金を支払うタイミングを先延ばしにできます。特に利益が多く出ている年度は決済を翌年にずらし、少しでも節税したほうが良いでしょう。

また、支払う税額は最終的な利益によって変わります。利益が少なければ少ないほど税金が少なくて済み、20万円(38万円)を下回れば課税されません。これを利用すれば、大きな節税効果が生まれるでしょう。

仮に100万円の含み益のポジションと、含み損が70万円のポジションがあった場合、両方を決済すれば差し引き30万円の利益となります。30万円が課税対象になるため、70万円分の節税効果が生まれるのです。これは大きな金額ではないでしょうか。

もし含み損のポジションがある場合、年越し前に手じまいすることをおすすめします。そのほうが支払う税金を少なくできますので、節税したい方は含み益のポジションを持ち越し、含み損のポジションのみ決済するなどの工夫をしましょう。

確定申告をしないと脱税を疑われる

海外FXにおける税金事情はやや特殊なため、確定申告が面倒に感じる方も少なくはないでしょう。確定申告を忘れてしまう方もいると思われますが、一定以上の利益が出た場合は必ず申告が必要です。もし確定申告を忘れてしまった場合、税務署に目をつけられて脱税を疑われるリスクがあります。

税務署にバレない、と考える方もいますが、バレないとは限りません。税務署は様々な手法で把握していますので、ある日突然問い合わせが来る可能性もあります。また、何年間も確定申告をしないままだと、悪質と判断され脱税で告発されたり、何百万・何千万円もの加算税が課せられる可能性も捨てきれません。

特にFXの利益は所得隠しと判断されやすいと言われています。海外FXの利益を隠しても良いことはありませんから、税金が発生するタイミングに注意し、適切に確定申告しましょう。

税金のことも丁寧にご説明!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ