FX初心者が覚えたい損切りのやり方とタイミング

FXでは、買い注文や売り注文を入れて、自分のタイミングで約定させることができます。ポジションに利益が出ていると、約定させることで利確になります。一方、ポジションに損失が出ている状態で約定させると損失が決まってしまいます。約定させて損失を確定させることを損切と言います。FX取引において、損切は重要なポイントです。今回はFX初心者が覚えたい損切のやり方やタイミングを紹介します。

損切りの必要性

損切りの必要性

保有しているポジションに損失が出ていても、レートが動いて利益に転じることがあります。そのため、損切をせずにポジションを持ったままレートが動くのを持つFX初心者もいます。ポジションを持ったままにしておいたことで、損切をせずに済んだという経験をすることも珍しくありません。

逆に、含み損が大きくなり、ロスカットに至るケースもあります。ロスカットが発動すると、大きな損失が確定です。FXのリスクは、ロスカットして資金を大幅に失ってしまうことです。ロスカットをしたら、多くのトレーダーは「もっと含み損が少ない段階で約定させておけばよかった」と思います。損切りには、損失を最小限に抑える効果があるのです。スキャルピング取引が主流になっている海外FXだと、毎回の取引で勝ち続けることはできません。損切りのやり方やタイミングを覚えることが、利益を増やすコツです。

デモトレードだと大勝したのに、リアルトレードになると大敗することは珍しくありません。デモトレードは仮想のお金ですから、負けても資金は減りません。損切りを積極的に行い、思い切った取引をすることができます。リアルトレードの損切りだと、自分の大切な資金を失うことになります。積極的な取引ができずに、結果的に損失が大きくなってしまうのです。損切りの必要性は、デモトレードとリアルトレードの勝率の差からも見えてきます。

損切り・利確の幅を決める

損切りした方が良いと言っても、損切りばかりしていると利益は増えません。FX初心者は、損切りのタイミングについてルール作りをしていく必要があります。まず、所有資金に対して損失許容額の設定を行います。初心者のうちは、1%くらいを損失許容額にすると安心です。100万円の資金があるなら、1%の損失許容額は1万円になります。

1000通貨の取引をする場合、1000pipsの値動きで1万円動きます。このケースだと、1000pipsの含み損を抱えたときが損切りのタイミングです。1万通貨の取引をする場合なら、100pipsの含み損を抱えたときが損切りのタイミングになります。損切りしたら、自己資金が減るため、新しく損失許容額を設定し、損切りの幅を決めましょう。

損切りばかりしていては勝てないので、利確の幅も決めておく必要があります。利確と損切りのバランスは3対1がベストです。1万通貨の取引なら、損切りの幅が100pipsであるのに対し、利確の幅が300pipsになります。利確の幅を損切りの幅より広げることにより、利益を積み上げることができるのです。初心者は、なかなか損切りをせず、利確は焦ってすぐにする傾向にあります。利確はすぐにしないのがコツです。

損切りするための注文

損切りするための注文

損切りのルールやタイミングを決めても、実際にその時が来ると、レートが動いてプラスに転じることや含み損を減らせるかもしれないと考えがちです。損切りのルールを決めても、ルール通りに遂行できないなら、指値や逆指値注文をして自動的にルールに沿った損切りができるようにしておくとよいでしょう。

指値や逆指値は、一定のレートに達したら自動的に約定させる注文方法です。あらかじめ決めておいた損切りや利確のタイミングにレートを合わせておくと、後はレートが動いたとき勝手に約定してくれます。自動で損切りをしてくれるので、損切りに自信がないFX初心者でも安心して注文を入れられます。

自動売買取引をする

海外FX会社の多くは、MT4の取引ツールが使われています。チャートやテクニカル分析の機能だけでなく、自動売買取引ツールとして使える優れものです。自動売買取引はEAと言う専用のプログラムを使ってルールに沿った取引を行います。EAには、FXの専門家やプロトレーダーの知識や技術が集約されており、損切りのルールも組み込まれています。

思ったようにFXで勝つことができないなら、最適なタイミングで損切りしてくれる自動売買取引をするのも方法の一つです。EAを入手する必要がありますが、海外FX会社のGEMFOREXなら数多くの無料EAを提供しています。勝率に関する情報も公開されているので、成績がいいEAをダウンロードして自動売買取引できるのもメリットです。

自動売買取引は上級トレーダーの取引ツールだと思われがちです。しかし、損切りのルールが明確ではない初心者にも、利用価値が高いツールになります。EAがどのように損切りするのかを見て、今後の取引の参考にすることもできます。まずは、損切りに慣れていくことが大切です。

最後に

FXで勝つためには、損小利大の考えが大切です。もともと人の心理は、利益を得られるシーンでは少額でもいいので利益を得たいと考え、損失が出るシーンでは損失額を少しでも減らしたいと考えます。つまり、FXで勝つための法則と人の心理が真逆になってしまっているわけです。損切りを恐れず、積極的に損切りをしていくことが結果的にFXで利益を出すことにつながっていきます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ