資金10万で始めるFX

千円や一万円の資金でも、FX取引をすることはできます。しかし、投資額が小さいと利益も小さいので、しっかり稼ぎたい人からすると十分な資金とは言えません。効率的に稼ぐためには、1万通貨以上の取引はしたいものです。1ドル100円のペアで、1万通貨の取引をするためには100万円の資金が必要になります。レバレッジを使えば、10万円の資金でも、十分に1万通貨の取引ができます。

資金効率もいい、ハイレバレッジで取引するならGEMFOREX!

FXを資金10万円ではじめるメリット

取引の幅が広がる

1万円の資金だと、複数の通貨ペアに注文することはリスクを伴うため難しくなります。海外FXはハイレバレッジが魅力であり、1万円の資金だとハイレバレッジの取引は厳しいものがあります。少しの値動きでもロスカットしてしまう可能性があるからです。

しかし、10万円の資金があれば、複数の通貨ペアに注文を入れて利益を狙うことも十分に可能です。10万円があれば、取引量を相対的に減らし、より多くの注文を入れることができるので、取引の幅も広げることができます。海外FXは相場を見ながら最適な通貨ペアを選択して取引するのが理想です。選択肢が増えるほど、それだけ勝てる可能性も高くなります。

トレンドを狙った取引ができる

少ない資金だと、取引量を減らした上でのスキャルピング取引に限られます。高いレバレッジもかけることができないので、一回あたりの利益が小さく短時間で大きな利益を出すことは困難です。

10万円の資金があれば、トレンドを狙ったデイトレードやスワップポイントを狙ったスイングトレードも十分に行うことができます。これは、10万円あればある程度の含み損の許容ができるからです。運用が長期になるほど、ポジションの保有期間も長くなるため、ロスカットを回避するためにも資金が必要になります。

自動売買取引で十分な利益が狙える

海外FXはプラットフォームのMT4を使った自動売買取引が人気です。自動売買取引は売買プログラムのEAを使って機械的に取引できる方法になります。感情が入らない取引なので、海外FX初心者からも高い支持を得ている取引です。

プログラムに任せて取引をするので、含み損も前提になります。少ない資金だとすぐにロスカットしてしまうことがリスクです。10万円の資金があれば、含み損も踏まえて十分に自動売買取引で利益が狙えます。安定した自動売買取引をするために、最低でも10万円の資金は用意しておきたいものです。

FXを資金10万円ではじめる時の注意点

FXを資金10万円ではじめる時の注意点

最初は取引量を少なくして運用する

10万円の資金を投じて海外FXをする場合、気を付けないといけないのが最初から大胆な取引をしないことです。1万円の資金でも、10万円の資金でも、100万円の資金でも、資金の大きさに合わせて取引量を増やすとリスクは同じになります。急激にレートが動くとロスカットのリスクがあります。

そのため、資金10万円で始めるときは最初から大きな取引量でトレードしないことをおすすめします。特に、海外FX初心者は取引に慣れる方が大事です。リスクコントロールを覚えるためにも、取引量を減らして利益を出せるようにしましょう。

一つの通貨ペアに集中投資をしない

資金が少ないと複数の通貨ペアに注文を入れて運用することは困難です。しかし、10万円の資金があれば取引量を調整していくつかのポジションを持つことができます。ポジションをいくつか持つことは、リスク分散の観点からもメリットです。一つのポジションが急激な為替変動で損失を増やしても、他のポジションでカバーできることもあります。

自分の得意な通貨ペアがあると、そこに集中投資したくなる気持ちは理解できます。しかし、どれだけ相性がいい通貨ペアでも、ロスカットするような為替変動が起こると、その時点で再起不能に陥ってしまいます。たった1度の大損失ですべてを失ってしまう怖さがあるのも海外FXの特徴です。10万円の資金があるなら、一つの通貨ペアに集中投資するのではなく、複数のポジションを持ってリスク分散しましょう。

裁量取引だけに頼らない

FX取引と言えば、レートが表示されているチャートを見ながら、ベストなタイミングで注文を入れるスタイルが一般的です。このような取引方法を裁量取引と言います。裁量取引はスタンダードな取引方法です。しかし、投資家の感情がそのまま入った取引になって損失を出してしまうリスクは高くなっています。

少ない資金だと自動売買取引や指値などを利用した取引で十分な利益は狙えません。しかし、10万円の資金があれば、相場に応じて多彩な注文や取引を選択することが可能です。裁量取引だけに頼らず、自動売買取引や裁量取引以外の注文を行っていくと利益を出せる可能性を増やせます。

資金10万円で稼ぐためのポイント・手順

資金10万円で稼ぐためのポイント・手順

資金10万円で取引するときの心得

資金10万円で取引を始める場合、その資金が全財産か貯金の一部かによって取引へのプレッシャーは大きく異なります。100万円の貯金がある人にとって、10万円の資金なら、損失が出てもやり直しができる金額です。しかし、10万円の貯金しかない人にとって10万円の資金をかけるのは大きなリスクになります。

同じ10万円でも、他に使えるお金があるかどうかで心の余裕は異なります。取引するときは全資金の10分の1を使えるお金として用意することがおすすめです。100万円の資金があるなら、10万円は失っても許せる範囲のお金になります。10万円の貯金から10万円の資金をかけるときは、投資額を1万円程度に引き下げて運用し、利益を少しずつ増やすことをおすすめします。負けたときに再起できることは、FX取引をする上で重要なポイントです。

デモトレードで10万円取引の感覚を掴もう

資金10万円で狙える利益は、実際に運用してみないとイメージがつかみづらいです。イメージを掴む方法としておすすめするのがデモトレードになります。デモトレードは、デモ口座を開設して実際の取引環境を使って取引の練習ができるトレードです。

デモトレードをしておくと、レバレッジの適正値や運用のコツなども掴むことができます。デモトレードで負けが続くことは、10万円の資金を上手に使えてないことの表れです。デモトレードで勝てるようになってから、リアルトレードに転向するのでも遅くはありません。まずは、10万円の取引に慣れることから始めましょう。

最初は少額の利益を狙う

10万円の資金を投じ、その中で5万円の損失が出るとします。最初の状態に戻すためには、5万円の利益を出さなければなりません。普通に考えて、海外FXで5万円の利益を取り戻すのは大変です。資金が5万円まで減ってしまうと、レバレッジの引き下げも必要になってくるので、損失分を取り戻すことはさらに困難になります。

逆に、少額でも利益を出しておくと心に余裕は出てきます。1万円でも利益を出すことができれば、11万円の資金がある計算です。このうち、1万円は負けてもいいお金として大胆な運用もできます。まずはレバレッジを引き下げて運用し、小さな利益を積み上げていくことに専念するのがコツです。

最後に

資金10万円あれば、レバレッジに上限がない海外FXで大きな利益を出すことができます。しかし、運用方法を考えないと一気に資金を失うことにもなります。資金10万円でFXを始めるなら、負けてもいい金額の設定やデモトレードで環境に慣れることが大事です。最初のうちは少額でスタートして、慣れてきたら取引額を少しずつ増やしていくとよいでしょう。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ