海外FXでもトラブルのない出金の仕方教えます

海外FXでは様々なトラブルに見舞われますが、特にやっかいなのが出金拒否です。何らかの理由で出金できず、慌ててしまう方も少なくありません。海外FXに不慣れな方には鬼門とも言えますが、なるべくトラブルがめったに起こらない出金方法を選びましょう。

出金拒否などのトラブルは、利用する出金方法により頻度が変わります。トラブルがない出金方法は、カードなど複数の選択肢がありますが、どの手段を利用するかは慎重に決めましょう。

銀行送金(海外送金)で出金する

銀行送金(海外送金)で出金する

一番オーソドックスな方法が海外送金です。自身の名義の口座へと出金する手段で、トラブルもめったに起こらないのが魅力と言えます。

海外送金は、各FX業者の出金ページから銀行(BankTransferなど)を選び、出金先の銀行口座の情報を入力すればすぐ手続きできます。ただし、大半の業者でSWIFTコードが必要になりますので、事前に調べておきましょう。

SWIFTコードは、各銀行に割り当てられている世界共通の銀行識別コードです。日本の場合、各金融機関ごとに独自のSWIFTコードが割り当てられています。しかし、ネットバンクは割り当てられていないため、残念ながら出金先口座に選べません。

また、海外送金は送金手数料が発生します。1回あたり数千円必要ですので、少額出金したい時は別の手段が良いでしょう。一度に数十万円~数百万円出勤しないと、手数料で損をしてしまうおそれがあります。

クレジットカードへ出金する

海外送金と同じく、トラブルが発生しづらい出金方法がクレジットカードです。FX業者の口座へクレジットカードで入金した場合にのみ利用できます。利用方法も非常に簡単で、入金時に利用したクレジットカードの情報を入力するだけです。

注意したいのが、口座へ入金した金額以上に出金ができない点です。海外FX業者のクレジットカード出金は、カードによる入金をキャンセル処理して相殺することで、実質出金処理をしているのです。このように制限されている背景には、ショッピング枠の現金化や、マネーロンダリングを防止する目的があります。

例えばクレジットカードで10万円を入金した場合、出金できる上限額は10万円となります。もし9万円を出金した時は、9万円分の入金がキャンセル処理され、出金できる上限額が残り1万円に変わります。このため、入出金時のカードは同一でなければいけません。

他にも、業者ごとのルールが設けられていますので、カード出金を選ぶ際は確認しておきましょう。

オンラインウォレットへの出金

オンラインウォレットへの出金

海外FXなら、オンラインウォレットも便利な出金先と言えるでしょう。上記2つの方法と同じくトラブルもありません。現在は、「my bit wallet」や「Scrill」など様々なサービスがあります。ただし、対応しているサービスはFX業者ごとに違うため注意が必要です。

オンラインウォレットへ出金する場合、まず出金方法で国際決済サービスやオンラインウォレットを選択し、一覧から登録済みのサービスを選びましょう。そして出金額とメールアドレスなどを入力すると出金手続き完了です。その後はFX業者やオンラインウォレットのサービスから入出金の連絡があります。

オンラインウォレットを経由して日本の銀行へ送金することも可能ですが、一部のサービスは手数料が掛かるので注意しましょう。なお、オンラインウォレットの口座開設時には、パスポートが必要なサービスもあります。口座の開設に時間が掛かりますので、早めに開設しておくことが望ましいでしょう。

海外送金とオンラインウォレットが最適

海外FXでは、海外送金・クレジットカード・オンラインウォレットの3つが確実な出金手段です。しかし、クレジットカードは上限がありますので、際限なく出金したいなら海外送金かオンラインウォレットが最適な手段と言えます。

ただし、海外送金は手数料が高く、オンラインウォレットは口座開設にパスポートが必要です。どちらも一長一短ですので、自分に適した方法を選び、一本化したほうが良いでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ